校章栃木高校トップページ

 

お願い
校門前や周辺道路での駐停車は大変危険ですのでおやめください。
また、学校行事の際に、周辺商業施設への駐車はご遠慮願います。

 
3186840人目
1999年11月26日開設

栃木県立
栃木高等学校

 〒328-0016
 栃木県栃木市入舟町12-4
  TEL 0282-22-2595
  FAX 0282-22-2534

※ 画像等の無断転載・引用を禁止します

    校舎
 

オンライン状況

オンラインユーザー7人
ログインユーザー0人

栃高SSHの特色

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)とは


 スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業とは、文部科学省が未来を担う科学技術系人材を育てることをねらいとして「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」指定し、理数系教育の充実を図る取り組みです。
                                                                                                                         
 

栃高SSH

 本校がこれまで実践してきた『学問・職業研究つくば・東京』、『キャリア講演会』、『学部学科研究』、『東京宿泊研修』、『出張講義』、『ボストン海外研修』などをもとに、大学や企業、研究機関等と連携・協力しながら、団体レベルから個人レベルへの深化をはかる形で、以下に掲げるような視点から研究を進めます。        

  (1)「科学的なものの見方や考え方の育成」
  (2)「科学的問題解決能力の育成」
  (3)「コミュニケーション能力の育成」
  (4)「論理的、創造的、独創的思考力の育成」   


SSHパンフレット.pdf              
 

SSH研究開発実施報告書

栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 1年次 -1.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 1年次 -2.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 1年次 -3.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 1年次 -4.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 1年次 -5.pdf


栃木高校「SSH研究開発実施報告書 」1期 2年次.pdf



栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 3年次 -1.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 3年次 -2.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 3年次 -3.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 3年次 -4.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 3年次 -5.pdf


栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 4年次.pdf


栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -1.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -2.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -3.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -4.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -5.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -6.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」1期 5年次 -7.pdf


栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 1年次 -1.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 1年次 -2.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 1年次 -3.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 1年次 -4.pdf


栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 2年次 -1.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 2年次 -2.pdf


栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 3年次-1.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 3年次-2.pdf
栃木高校「SSH研究開発実施報告書」2期 3年次-3.pdf
 

お知らせ


2020/11/22

群馬大学 高校生サイエンスインストラクター育成プログラムに参加

| by 職員
 群馬大学 高校生サイエンスインストラクター育成プログラムに本校よりSSHクラブメンバーが物理実験班に3名、化学実験班に3名の合計6名が参加しました。(コロナウィルス感染症に対策のため、本校教員が一緒に受講(見学)できた化学実験班のもののみご報告します)

化学実験班では分光光度計を使った定量分析を行いました。


 分光光度計で定量するための基準となる溶液を6種類、何度も何度も定容を行って作成しました。高校ではここまでの回数の定容が必要となる実験はなかなか実施できません。とても良い経験になったと思います。最終的に作成した基準となる溶液を使用し、分光光度計の値からアルミ箔中の鉄の含有量を求めることができました。


 朝から実験を始めて終わる頃には辺りは真っ暗になっていました。非常に内容の濃い1日でした。今回受講した生徒にはぜひ今後同じSSHクラブメンバーの実験を指導できるようになってもらいたいと思います。
 最後に、群馬大学の教員の皆様、またティーチング・アシスタントをしてくださった学生の皆様、ありがとうございました。
22:56