校章栃木高校トップページ

 

お願い
校門前や周辺道路での駐停車は大変危険ですのでおやめください。
また、学校行事の際に、周辺商業施設への駐車はご遠慮願います。


 

 
2861079人目
1999年11月26日開設

栃木県立
栃木高等学校

 〒328-0016
 栃木県栃木市入舟町12-4
  TEL 0282-22-2595
  FAX 0282-22-2534

※ 画像等の無断転載・引用を禁止します

    校舎
 

オンライン状況

オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人

令和元年度 一日体験学習


日 時   令和元年 8月21日(水)  8:30~12:20
対 象   中学3年生男子・保護者・引率者 

詳しくは,こちらのPDFファイルをご覧ください ( 令和元年度 一日体験学習のご案内.pdf ) 
         
申し込み様式は,こちらのエクセルファイルをご利用ください ( 令和元年度 参加申込様式.xlsx )


 

お知らせ


2013/09/05

平成25年度一日体験学習実施報告

| by 職員

平成25年度一日体験学習が以下の通り実施されました。

期日: 平成25年8月22日(木)

日程:  8:30 ~  8:50   受付   
      ※7:30頃から中学生が集まり始め,8:50にはほぼ全員が集合しました。
      
      8:50 ~ 10:10  全体会
       ○ 校長挨拶
       ○ 生徒による栃高紹介
          ・新生徒会長挨拶 
            【要旨】
              
「自分が一番強く栃高を感じるのは校訓の”独立自尊”。
               栃高生の自主的,かつ積極的な活動の様子をこの後の
               経験豊富な先輩達(3年生)の話から感じ取ってください。」
          ・学習について
            【要旨】
              「大切なのは自ら学びを求める姿勢。生徒の十分な準備と
               質の高い授業で皆がどんどん力をつけてゆく。壁にぶつかった
               時が勝負。同じ目標を共有する仲間達との切磋琢磨でさらに
               飛躍するのが栃高生。学びの先にある専門的な研究や
               より深い思考を求めて日々努力しています。」
          ・部活動について
            【要旨】
              「目標の設定から,活動時間や活動内容の計画まで,基本的には
               生徒の手によってすすめられる。教師は生徒のアイディアに
               必要に応じてアドバイスを施し,その実行について全面的に
               バックアップする。結果についても生徒が自己分析し,
               次に生かす。」
              「勉強との両立は十分可能である。そのために栃高生は様々な
               工夫をしている。むしろ両立のための努力によって自分の
               キャパシティーが広がる。部活動で広げたキャパシティーを
               もとに,部活動引退後各自が飛躍的に力を伸ばす。」
          ・学校行事について
            【要旨】
              「栃高生は全ての行事に全力で取り組む。その中で,普段は
               見られない独特の個性が表れる。この個性に刺激されて
               さらに栃高生の潜在能力が引き出される。スポーツ祭や
               学校祭で自分たちの個性を開花させよう。」
               
          ・まとめ
            【要旨】
              「これまでの話に共通するキーワードは”生徒の自主性”。
               教師との信頼関係の上に成り立つ生徒達の自主的な活動に
               より,栃高生は3年間で大きく伸びる。今日の一日体験学習を
               すべて私たち生徒にまかせる懐の深さ。これが栃高です。」
            ○ 応援団演舞
      ○ 栃高紹介ビデオ上映
      ※参加者全員が栃高生の熱い語りに耳を傾け,応援団の演舞に熱い視線を送りました。
    
    10:30 ~ 11:30  在校生との懇談会 各教室
      ※冷房の効いた教室に移動して活発な話し合いが行われました。
                   保護者・引率者対象の懇談会 講堂
      ※学校側からの説明の後,質疑応答がなされました。
                         <質問例>
                          ・ 土曜講座・夏期講習の実施の様子?
                          ・ 他県・他学区からの受検による不利な点はあるのか? 
                          ・ 次年度から実施される特色選抜について     など
    
    11:30 ~ 12:20 部活動・施設見学
      ※多数の中学生達が時間ぎりぎりまで部活動を見学しました。

参加者数:
    中学生 558名     保護者 374名       計 932名
    ( 86 中学校)

生徒アンケートの集計結果はこちら                  H25アンケート集計結果HP.jtd

09:13

一日体験学習の概要


◎今までに、本校生との話し合いで出された中学生の主な質問

Q1 中学校と高校の違い
 A 中学校の時とはまた違った真剣な授業になります。給食がなくなるのも大きな違いです。生徒の自主性を尊重す
  る校風の中で、自覚と誇りをもって常識を越えない範囲で生活しています。

Q2 登下校について   
 A JR両毛線、東武線の利用者が多いです。両毛線は混みあって大変。でも、1本早い電車できて、学校で勉強し
  ている人もいます。

Q3 宇都宮方面からの東武線の場合、新栃木駅と栃木駅のどちらが通うのに便利か。   
 A 時間的にはほぼ同じ。クラスや部活動などの友人と行動をともにする場合には、栃木駅がよいでしょう。乗降数は
  新栃木が少ないです。

Q4 授業の進み具合   
 A 非常にはやいので、予習が大変。

Q5 毎日の家での勉強時間   
 A 人によって違うでしょうが、私(1年)は3時間前後です。

Q6 テストの頻度は?   
 A 定期テストが年5回、校内実力テストが年4回、校外模試は年3~4回(3年はそれ以上)、確認テスト・小テストは
  随時行われます。

Q7 文理分けについて   
 A 将来の職業や教科の興味関心、適性などで決まります。教科の得意・不得意だけで選ばないことが大切です。
  (内容については「教育課程」参照。)

Q8 中3夏休みの勉強は?   
 A 1・2年時に学習したことをまとめてやるとよいでしょう。でも、入試には3年時の内容も多く出題されるので、予習を
  するのも効果があると思います。

Q9 校則について  
 A それほどきびしくはありませんが、自分できちんと責任のとれる姿勢を持たなければなりません。

Q10 女性の先生はいるか   
 A 12人います。

Q11 スポーツ祭の内容について   
 A 5月下旬に、栃木市運動公園を会場に実施します。種目はバレーボール、バスケットボール、テニス、ソフトボー
  ル、リレーで、全学年トーナメント方式のクラス対抗で行います。(くわしくは「年間行事」参照)

Q12 耐久レースについて   
  A 2ヶ月も前から準備が始まる、大きな行事です。保護者や町の方々にも協力していただいておこなわれていま
  す。きついけれど、何か所かの給水所では飲み物やお菓子などがいただけます。31km走破した後の達成感は何
  とも言えません。(内容については「年間行事」参照)

Q13 女子との接点は?   
 A 生徒会の行事で栃木女子高校との交歓会があります。また、学校祭にはいろいろな学校の女子がきます。そこで
  知り合いになることもあります。

Q14 部活動の様子   
 A それぞれの部でいろいろですが、短時間集中型で実施しています。

Q15 部活動と勉強の両立について   
  A 運動部は大変そうですが、大切なことは集中力です。時間を有効に使えば両立は可能です。

Q16 応援団は部活か?   
 A いちおう生徒会の下部組織ということになっています。でも、部活のように簡単に入れます。ゴーカイな演舞は見物
  です。

Q17 応援団はつらいのか   
 A 団員である友人の話だと、演舞などの発表予定のあるときを中心に練習。楽しいそうです。 

◎中学生の主な感想・・・栃高一日体験学習で最も強く感じたこと
・ぜひ栃高に入学したくなった。(97)
・明るく、自由な雰囲気を感じた。(87)
・勉強だけのイメージが変わった。(69)
・在校生が面白く親切だった。(63)
・応援団がよかった。(57)
・本校のことがよくわかった。(39)

体育館1 体育館2 応援団
               体育館で、全体説明を聞く                  栃高応援団の迫力ある演舞

生徒会長 VTR 在校生と懇談
      生徒会長の話              栃高紹介VTR上映           在校生との質疑応答