バナーいちご
 
 
 
 
 
Web栃農来校者1286108
今月の来校者(11/7~)39809

pdfファイルの閲覧について

pdf形式のファイルをご覧に
なれない時はこちらのバナー
をクリックしてリーダーをイン
ストールしてください。
get_adobe_reader

Android版スマートフォン
iOS版スマートフォンの場合、
Googleストア・Appstoreから
「adobe Acrobat  Reader」を
インストールしてください。
 

オンライン状況

オンラインユーザー14人
ログインユーザー0人

生物工学科日誌

生物工学科日誌
12345
2019/06/08

「野菜とお花の花壇作り」ボランティア[生物工学科]

| by 谷口
6/8(土)生物工学科の草花専攻生で栃木市いまいずみ児童館に「野菜とお花の花壇作り」ボランティアへ行ってきました。
野菜の苗植えや花の種植えの際に、高校生が児童館の利用者へ指導を行いました。
児童達も自分が植えた種や苗に目印をつけるなど楽しそうにしていました。
一方、高校生は「どうすればわかりやすく説明できるか」を試行錯誤しながら児童たちの援助を行っていました。
このボランティアを通して、高校生達は「人に話を聞いてもらうことの大変さ」を痛感できたことで、今回の交流回は大成功です。
このようなボランティアの機会を与えていただけたことに、いまいずみ児童館の方々に感謝申し上げます。


12:00 | 投票する | 投票数(3)
2019/05/14

心を込めてお迎えします。[生物工学科]

| by 情報3
生工草花課題研究班では、玄関の草花装飾を担当させていただいています。
本校に来ていただいたお客様をお迎えするために、私たちが栽培した草花を用いて、
またデザインを考えて装飾しています。

21:03 | 投票する | 投票数(2)
2019/05/10

5月8日からメロンの交配を開始しました[生物工学科]

| by 和久井

5月8日からメロンの交配を開始しました!!
朝早くから暑いハウスの中で生徒達はメロンの
人工受粉作業
に取り組んでいます。
生物工学科3年生の野菜班を中心に農業科3年生、植物科学科1年生達も手伝ってくれています。
開花している雌花に、
他の株から雄花を摘み受粉させる他家受粉を行っています。
メロンは受粉後45~55日で収穫ができます!生徒達の丹精込めたメロンが待ち遠しいですね~!!


10:07 | 投票する | 投票数(4)
2019/04/12

3年総合実習【生物工学科(野菜)】

| by 和久井
4月11日(金) 3年生「総合実習」の時間に、ロックウール温室にメロンの定植を行いました
ロックウール温室とは、土を一切使用せず、岩を原料として作られる人工の鉱物繊維ロックウールに
液体の肥料である液肥を流し栽培していく温室です。そこに今年もメロンを栽培していきます。

この後は敵葉、摘果、誘引、受粉等の実習を行っていき7月上旬に収穫を行う予定です!!!

様々な実験や実習を通して知識や技能を身につけてもらいたいと思います



16:09 | 投票する | 投票数(3)
2019/03/19

つくばサイエンスツアー【生物工学科】

| by 和久井

318日(月)に生物工学科の1年生がつくばサイエンスツアーで「食と農の科学館」へ行ってきました。

農産物・食品の遺伝子組換え技術、新しい育種技術のゲノム編集、トラクターの自動運転技術や
バイオテクノロジーに関する施設など最先端な農業技術、施設、機械についての説明、見学、体験をさせて頂き有意義な時間を過ごしました。
また進路意識も高まり、進路決定の上でも参考になったと思います。

世界最先端・世界唯一の研究の成果をじかに学ぶことができ、刺激のある一日になったのではないでしょうか。

食と農の科学館様ありがとうございました。

 


11:23 | 投票する | 投票数(15) | 報告事項
2019/01/24

プロジェクト発表会を終えて【生物工学科】

| by 谷口

1月23日に行われた校内プロジェクト発表会で
「キノコ栽培においてのコストダウンへの取り組み」という題で、
キノコを栽培する菌床を竹やもみ殻で代用したり、一度使用した菌床は通常であれば捨ててしまうところを再利用するなどの
取り組んできた日々の授業や実習・実験の成果を発表することができました。


発表者からは「とても緊張しましたが、やりきることができました。
また、発表練習をして本番に臨む中で、準備の重要性を痛感しました」と感想をもらいました。


彼らには、今後も課題を見つけて解決する力を身につけていってほしいと思います。


17:29 | 投票する | 投票数(4)
2018/12/20

課題研究発表【生物工学科】

| by 谷口
12月20日(木)3・4時間目に生物工学科の3年生による課題研究発表会が行われました。
草花部門が司会を行い、草花・野菜・微生物部門の順で生物工学科3年全員が発表しました。
どの研究もその部門に関わる授業や普段の生活の中で疑問に思ったことを解決するために研究を行い、発表のためのスライドや原稿の作成を放課後遅くまで残って取り組んでいました。その成果を各グループが発表し、2年生は来年度へ向けて3年生の発表を真剣に聞いていました。




19:00 | 投票する | 投票数(8) | 今日の出来事
2018/12/13

課題研究発表へ向けて【生物工学科】

| by 谷口

12月20日(木)の3・4時限に行う、生物工学科3年生の課題研究発表会へ向けて練習を行っています。

課題研究では、生徒自身が課題を設定し、その課題の解決を図る学習を通して、専門的な知識や技術の向上、問題解決能力やコミュニケーション能力を育む授業です。

また、今回の課題研究発表会は2年生が聴講します。その発表を聞いて来年度の専攻を考える機会にもなります。


07:30 | 投票する | 投票数(7)
2018/12/04

キャリア形成支援事業【生物工学科】

| by HP係
生物工学科でキャリア形成支援事業を行いました。
講師の先生は、那須塩原市でフラワーデザイナーとして活躍している手塚洋子先生(公益財団法人NFD講師)と渡邊友子先生です。渡邊先生は、装飾士の免許をお持ちですが、トルコギキョウやユリなど栽培する花農家としても活躍されています。

今回は季節に合わせたアレンジメントを作製しました。

赤色が美しい「サンゴミズキ」を使ってタワーをつくり立体感のあるデザインに挑戦絵文字:一人
校内の樹木も使ってリースをつくります。

カーネーションやストック、スターチスはクリスマス感の高い赤や白色を使いました絵文字:二人

サンタや星のオーナメントでさらにクリスマス感がアップ絵文字:三人ステキなクリスマスアレンジメントが完成しました絵文字:良くできました OK

講師の先生のデモンストレーションを見てフラワーデザインへの興味関心が高まり、フラワーデザイナーという職業についての理解も深まったようでした絵文字:四人花は生活必需品ではありませんが、生活に潤いや癒やしを与えてくれます。花を身近に感じて、QOLを向上しましょう絵文字:晴れ

★フラワーデザインは、植物科学科でも授業等で取り扱って行きます。
18:30 | 投票する | 投票数(42) | 報告事項
2018/11/16

栃農祭展示始まりました【生物工学科】

| by 谷口
栃農祭が始まりました。
本日、11月16日は生徒公開日でした。
生物工学科では栃農祭学科展示の部で3連覇を穫れるように精一杯準備を行ってきました。


明日11月17日の一般公開での来場をお待ちしてます。

15:37 | 投票する | 投票数(10)
12345

生物工学科の紹介

生物工学科の目標
 生物工学(バイオテクノロジー)や施設園芸に関する基礎的な知識と技術を習得させ、これらの業務に従事する者に必要な態度と能力を育成するとともに学習を通して豊かな人間性を養う。

主な専門科目
植物バイオテクノロジー ・ 動物・微生物バイオテクノロジー ・ 草花 ・ 野菜 ・ 生工実験基礎 ・ 課題研究 ・ 総合実習 ・ 他選択科目

    水耕野菜の収穫(野菜)     シンビジウムの仕立て(草花)


   きのこの収穫(微生物利用)      無菌操作(微生物利用)      中和滴定(生工実験基礎Ⅰ)






 

不審者情報【栃木県】


 

アクセス

栃木県立栃木農業高等学校
〒328-0054
   栃木県栃木市平井町911

TEL:0282-22-0326
FAX:0282-22-0375
 

気象情報

雨量・雲量予報
 
 

下野農業協同組合リンク
 
 

   栃高教研農業部会へのリンク
 
PAGE TOP