日誌

サッカー部の活動
2015/01/13

蔵の街カップ

| by 佐藤七
12月26から28日に行われた蔵の街カップに参加しました。県内の高校だけでなく、県外の強豪高校とも試合を行いました。
1日目:千葉県の流山高校に惜しくも敗戦。2日目は浦和西高校と県内の高校と試合を行い、2連勝。最終日は、県内の高校と2試合行い、2敗という結果でした。
1日2試合というハードなスケジュールの中、選手たちは最後までよく戦い抜いたと思います。ここで出た成果と課題をチームで共有し、次につなげていこうと思います。






19:10
2014/12/23

初ゲーム

| by 佐藤七

本校で初めて練習試合を行うことができました。
縦が短く、正規のコートは作れませんが、測量を使って、自分たちで作ったコートで試合を行ったことはチームにとって大きな成果だと思っています。今後も本校での試合を数多く行っていこうと思います。



14:16
2014/09/03

ユースリーグ参戦

| by 佐藤七
平成26年度後期より、栃木農業高校サッカー部は、高円宮ユースリーグに参戦しています。
毎週試合というタフな日程ではありますが、大きな経験値になると思います。
 サッカー部では、ユースリーグを戦い抜く、そして勝つために夏休みのトレーニングで2部練習や練習試合などを積極的に行ってきました。
 「準備なき者には偶然すらほほえまない。」 この言葉を胸に、部員とともに最大限の準備をしてきました。
 
 8/31に行われた、第1節では3-2で勝利することができました。課題が多くありますが、勝てたことは選手達にとって自信になったと思います。
 「1勝することを夢にしない。事実にする。」
そのためにも、トレーニングで課題を克服し、次のゲームも必ず勝つ。これを繰り返していきたいと思います。


08:17
2014/02/25

目的のために。

| by 佐藤七
試合残り10分で足が止まってしまう。
ゴールを奪うためには、ボール保持者を追い越し、ペナルティーエリア内に人数を増やさなければいけない。わかってはいても走れない。悔しい。

走れるようになるためではなく、ゴールを奪うために走れるようになる。選手達は試合の中でそこに気づいたようです。

選手達は、今トレーニングの中で9キロ走やクーパー走、坂ダッシュなどを行っています。

「練習で走るなら部活は絶対にやらない。」
4月にそう言っていた選手達がゴールを奪うために自ら走っている。
目的のための手段が明確になることで人は大きく変わる。

そう感じさせられるとともに、選手と毎日一緒に走っている日々です。
10:08
2013/11/22

ゲームの中で

| by 佐藤七

 ゲームは最高のトレーニングといわれるように、選手たちはゲームの中で大きく成長しています。

 サッカー部では、週末のゲームだけではなく、平日にも私立とのトレーニングマッチを行っています。全てが格上ではありますが、その中で選手達は大きく変化し、成長を続けています。

 また、トレーニングの質にも変化があり、プレースピードが速くなったり、声が出たりなどゲームで出た課題に積極的に取り組んでいるようにみえます。

 最近では、課題に合わせて、選手だけでトレーニングを組ませる時間も30~45分設けており、良い着眼点でトレーニングを行っています。
 指導者主導でやる方が栃農サッカー部には良いのかもしれませんが、自主性と考える力を持たせるためにも、そのような取り組みを行っています。忍耐強くみていこうと思っています。

 年末の大会にも参加することが決まったので、そこに向けて1つ1つ成長していこうと思います。


10:49
2013/09/06

バランスとは?

| by 佐藤七
 サッカーにおいて、選手間の距離やバランスは非常に大事なものである。
良い距離感・バランスはチームにとって必ずプラスになると考えられる。

 しかし、「良い」の基準はどこにあるのでしょうか。パスの成功本数が上がったら?こぼれ球を相手チームよりも拾えたら?奪われたボールをすぐに奪え返せたら?数的有利を素早くつくれたら?などなど。チームによって様々な基準があると思います。
 そこで、我がサッカー部では、夏休み中の練習を写真のようにグランドを分割して行いました。縦・横ともに4分割の計16分割でコートを区切っています。各コートの縦・横の長さは様々な研究や理論をもとにつくっています。
 このコート分割によって、選手間の幅や深さ、コンパクトさ、距離感などを具体的な基準をもって意識できたのではないかと思います。今後、トレーニング中のビデオを分析し、データを出していこうと思います。
 あまり取り組まれていない練習だと思いますが、非常識がいつかは常識になるかもしれませんね。頑張ります!!







【接近】


【全体】

11:14
2013/07/22

良い習慣化を目指す

| by 佐藤七
「ボールの価値はいくらですか?」

私が部員によく尋ねる言葉です。

練習を見ていると、ボールの価値が低い選手が多いように思えます。

簡単にボールを失ってしまう、失ったボールを奪い返しにいかない、チャレンジではなく無謀なロングボールを蹴ってしまう、簡単にクリアをしてしまう、数的に不利な状況でもドリブルで仕掛けてしまうなど。

サッカーは得点を奪い合うスポーツであり、ボールを保持している間は得点を奪う確率は上がりますが、失点する確率はほぼありません。

それをわかっていながら、なぜボールの価値を低くするプレーを選択してしまうのでしょうか。
そこには、日頃の習慣が関係していると思います。

サッカーは練習をすればするほど上手くなると思いますが、悪い習慣のまま練習してしまえば、それがそのまま身についてしまいます。

そこで栃農サッカー部では、まず「止めて、蹴る」質を徹底的に追求しています。
ボールを止める位置は何でもできる位置、パスはつながることが目的ではなく次に何をさせたいかを伝える、パススピードと止めてから蹴るまでのスピードなど。
100回中100回同じ事を繰り返せることが技術。

良い習慣をしっかりと積み重ねていきたいと思います。
14:37
2013/06/20

| by 佐藤七
6月に行われたインターハイ予選では、伝統校相手に0-4で負けてしまいました。

彼らにとって、初の公式戦ということもあり、公式戦独特の雰囲気にのまれたまま試合が終わってしまったように思えます。
もちろん、得点チャンスもあり、よく闘えていたとも思えますが、多くの課題が残る一戦になりました。

負けた時にしか得られないものをよくチームで考え、チームとしても個人としても1つ1つの課題に対してしっかりとチャレンジしていきたいと思います。

「変わろうとするということは意志があるということ。意志があるところに必ず道はひらける。」

頑張ります!!
19:02
2013/05/25

初勝利!

| by 佐藤七
練習試合第二戦目にして初勝利をあげました!

彼らにとっては大きな自信になったと思います。

まだまだ課題はありますが、勝つことで得られるものも多いと思います。




「勝つことと育てることは矛盾しそうで矛盾しない。指導者はその中で生きている。」


常に勝ちを目指してトレーニングしていきたいと思います!
19:00
2013/05/14

サッカー部 活動再開

| by 佐藤七
平成25年度より男子サッカー部活動を再開しました!

週4回の練習に加え、土曜日にはトレーニングマッチを行っていきます。

現在の部員はプレーヤー12名、マネージャー3名の計15名ですが、選手権ベスト8を目標に本気でサッカーに取り組んでいます。

先日行った初のトレーニングマッチでは、サッカーを初めて1ヶ月くらいの選手たちが、格上相手に対して1-1の引き分け。全員足をつりながらも、必死にプレーする姿が印象的でした。
 
          必ずこのチームは強くなる!そう確信しました。



「いい人間が、いいサッカーをする」 私はそう思います。
サッカーの能力だけでなく、人間性もしっかりと育てていきたいと思います。
18:40

緊急のお知らせ

11月16日(金)17:00~18日(日)15:00
県庁のインターネット工事のため、期間中の
ホームページ更新ができません。
(閲覧はできます)
毎年、案内等で活用させていただいておりましたが、
今年度はそれができません。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご容赦いただきたく思います。
 

お知らせ

20日:栃農祭閉会式
    学校間連携
27~30日:期末試験

11月予定.pdf
 

同窓会より

同窓会より7月25日8:50現在
現在、電話番号を非通知にして
栃木農業高校同窓会事務局(事務室)を名乗り
「同窓会名簿を送付したい」
「就職先、連絡先を教えてほしい」
等の問い合わせが増えております。

本校同窓会としてそのような問い合わせは
個人に対して行っておりません。
そのような連絡があった場合には
不用意に対応しないようにお願いいたします。
 

 

栃農の四季

アクセス

栃木県立栃木農業高等学校
〒328-0054
   栃木県栃木市平井町911

TEL:0282-22-0326
FAX:0282-22-0375
 

天気予報


     天気予報コム
 

気象情報

雨量・雲量予報
 
 
 
 
 

   栃高教研農業部会へのリンク
 
PAGE TOP