↑ 申込みは1月21日まで
   

 
 栃農生がつくった食材を
 大平地区の小中学生の給食へ提供しました!
 
 
  

 
  さまざまな進路情報が掲載されています。

  
  学校案内パンフレットはこちら  ↑

 
     今年度は終了しました ↑
 
※全国農業クラブマスコット
《のうくっく》は本校卒業生が制作



栃工 栃商 栃農の発表を掲載しています


 
Site Visitors266452
(2021/4/1~)

  全国農業高校・農業大学校
  ホームページコンテスト
  第4回 審査員特別賞受賞!
    <受賞の詳細はこちら>
 

    栃高教研農業部会へのリンク
 

     下野農業協同組合へのリンク
 

   

 


 

植物科学科の販売物(生産品)

 本学科で販売される野菜等の生産履歴を掲載しています。
 
 
えだまめ.pdf     ハクサイ(農業と環境).pdf New!!
 
小麦.pdf       ダイコン (農業と環境).pdf  New!!
 コシヒカリ.pdf 
  キウイフルーツ.pdf 
 にっこり.pdf 
 ミニハクサイ.pdf 
 


 購入された際には、ぜひご確認ください。
 

 

植物科学科の活動

植物科学科日誌
12345
2022/01/25new

作物報告⑨(麦踏み)【植物科学科】

| by 植物科学科
岩舟農場では昨年度から「もち麦」栽培を取り入れ、
冬の実習の1つとして管理作業を行っています。
 
麦踏みには、根の張りを良くして、霜柱による根の浮き上がりを防止する効果があり、
他にも分げつの増加や倒伏の防止などの効果もあると言われています。


本来はローラーを転がし機械を使用して踏圧するのですが、
実習では寒い中でしたが昔ながら方法で体を動かし、足で踏みました。

 
また1年生と3年生は水田内にある稲わらの回収を行いました。
機械で梱包された稲わらを運搬車を使い運搬。

 
  載せやすいよう1ヶ所にまとめています!!        運搬車が来るまで休憩中、、、

回収した稲わらは家畜の餌や敷料に使われます。
08:15 | 投票する | 投票数(3)
2022/01/13

JGAP維持審査【植物科学科】

| by 植物科学科

今年もJGAP(農業生産工程管理)の審査の季節がやってまいりました。
JGAPを取得していると維持・更新と隔年審査が行われます。

審査に向け授業や放課後を使って、日頃の管理記録の確認や必要な書類などを作成してきました。

 
 
何項目か不適合が指摘されましたが、審査員から「これほど不適合が少ないのはすばらしい」とお褒めの言葉をいただきました。生徒達の頑張りが実り評価された結果だと思います。
審査後不適合項目を是正し今年度も無事に維持することができました。
16:38 | 投票する | 投票数(4)
2021/12/15

課題研究発表会【植物科学科】

| by 植物科学科
植物科学科3年生による課題研究発表会が行われました。

これは生徒のプレゼン能力の向上を図るとともに、2年生の学科の学習について理解を深めるために行われました。
 
   作物「無農薬栽培を調査して」          果樹「温暖化と果樹」   

 
草花「スマート農業・IoT・MPS認証について」  野菜「コンパニオンプランツについて」

この1年間で自分達で研究テーマを持ち、取り組んできた事を2年生へ向けて発表。

3年生に専攻して良かった所を聞くと
「日頃の管理から文化祭やマルシェでの販売までできたことが良かった。」
「試食できたことが良かった。」
という声もあれば、
「今年見つけた自分達の課題を2年生に取り組んでもらいたい。」
という声もありました。

自分達で行った研究の結果・経過を2年生に伝える事ができました。

3年生は引き続き研究結果のまとめに入ります。
2年生はこの後、各専攻別に別れてより専門的な学習を行います。
15:00 | 投票する | 投票数(15)
2021/12/08

ダイコンの収穫 [農業と環境]

| by 植物科学科

1年1組「農業と環境」の実習の様子です。
この日の実習はダイコンの収穫をしました。


植わっている様子から青首ダイコンと聖護院ダイコンを見極め、収穫することになりました。

折らないように注意しながら、、、、、、

   
立派なダイコンが収穫出来ました!!

 

聖護院ダイコンも立派!!!

 

岐根(きこん:二股、三股に分かれた大根)もそれほど見られず多くのダイコンを収穫することが出来ました。


17:48 | 投票する | 投票数(5)
2021/12/07

作物報告⑧(麦の播種)【植物科学科】

| by 植物科学科
11月中旬

岩舟農場にて麦の播種が行われました。
 

今年は「もち絹香」と言われる大麦(もち麦)品種の栽培を行っています。
もち絹香は大麦の一種であり、食物繊維(βーグルカン)が豊富に含まれるといいます。
ご飯やサラダに混ぜて食べるという、今話題の作物になります。
 
播種後約15日たった様子。
揃って発芽していました。

この後、管理の方法について学習します。

また1年生は土壌診断を行うための土の採取を行いました。
翌年、施肥する量を事前に計算し、作物に適正な肥料分を与えるため行います。
 
水田で1区画5地点を掘り、土を採取。

 
採取した土を乾燥させ、診断にかけます。

翌年に向け、少しずつ準備が始まっています!
11:30 | 投票する | 投票数(10)
2021/12/01

うどん打ち講習会

| by 植物科学科
12月1日選択E「食品製造」にて、都賀の里の農村レストラン桔梗より講師を2名招いて、うどん打ち講習会を行いました。
こね合わせ→ねかし→のばし→切り出し→ゆで上げ→水洗のうち、切り出しまで行いました。
生地をねかせている間に栃木県に縁のある「山本有三」氏の文学「路傍の石」を朗読していただき、その中で「たったひとりしかない自分を たった一度しかない一生を ほんとうに生かさなかったら 人間うまれてきたかいが ないじゃないか」という一節が刻まれた石碑が太平山謙信平にあることなども教えていただきました。
今回の講習で使用した小麦粉は本校の岩舟農場で栽培された「さとのそら」を使用し、地産地消について学ぶ良い機会にもなりました。

今回学んだことを活かして、今後、地域と交流していきます。


16:35 | 投票する | 投票数(5)
2021/10/19

イチゴのマルチ張り【植物科学科】

| by 植物科学科

今週から本格的に寒くなり、イチゴにもマルチを張る季節になりました。
昨年度同様白マルチを採用しました。ただ今までと張り方を変えてみました。
今まではマルチに穴を開けそこから葉やクラウン(株元)を出す方法でやっていましたが、今年は例年より花芽が早く上がったのと葉を折らない方法としてマルチを3つに切り、株を挟んでホチキスで留める方法でチャレンジしました。

 
 

新しいやり方でしたが上手く張ることができました。JGAPの維持審査に向けて記録簿の作成や確認作業を行っています。
適切な農場運営を行っていけるように取り組んでいきましょう!
18:29 | 投票する | 投票数(8)
2021/10/19

グリーン・ツーリズム入門塾【現地視察】

| by 植物科学科
 10/19(火)に栃木市大平町のかかしの里にて、グリーン・ツーリズムを実践している太平山南山麓友の会の皆様より活動内容の説明と現地視察を行いました。
 まず、活動内容の説明を受けました。美化活動や自然・環境の保護活動や農産物の販売支援活動、イベントの実施などを精力的に行い、地域の活性化を目的に活動しているそうです。近年は、ワイン用のブドウの栽培とワインの醸造・販売を開始し、魅力ある地域づくりを進めているそうです。

  

 説明後は、活動場所を視察させて頂きました。オーナー制で農産物を栽培している圃場や収穫体験を行う圃場、ワイン用のブドウを栽培している圃場など広い敷地を活用し、体験ができる環境が整っていました。オーナー制では、地元の大中寺に伝わる「七不思議」になぞらえて『七ふしぎ農業体験』と名付けて地元の黒大豆の栽培を含めた体験活動を行っているそうです。

   

 なかなか授業の中では、実践者の方の話や実施場所を見学する機会がなかったので生徒たちも、興味を持って傾聴し、見学をしていました。今日の経験が、今後の学習活動に活かしていければと思っています。 
17:00 | 投票する | 投票数(4)
2021/10/13

ダイコンの間引き [農業と環境]

| by 植物科学科

1年1組「農業と環境」の実習の様子です。
この日は、4週間前に播種したダイコンの間引きを行いました。



1カ所に2粒まきしたので、2株発芽している所を1株にする作業です。

間引きする基準として、

・虫食いがある

・生育が悪い

・茎葉の色が悪い(病気にかかってる)

このことを実習前に確認しました。

1学期に行ったトウモロコシの間引きの際は、「どっち残せばいいですか」と聞かれることが多かったのですが、今回は自分たちで判断し作業する姿がみられて、成長を感じることが出来ました。

中間テストとの日程の兼ね合いで少し遅れ気味の間引きになってしまいましたが、残した1本が立派に育つよう管理していきましょう。
11:12 | 投票する | 投票数(7)
2021/10/08

作物報告⑦(収穫後流れ)【植物科学科・動物科学科】

| by 植物科学科
岩舟農場では
コシヒカリの収穫を終え、販売に向けて生徒達は収穫後のお米の流れについて学習しています。

収穫→運搬→乾燥→籾すり→選別→計量・袋詰めという流れを実際に体験し確認しました。
 

計量後の袋縛り。
最初は縛り方を考えながら行いましたが、徐々に早くできるようになりました。
 

30キロあるお米を崩れないよう積みました。
 
出荷、販売へ向けて少しずつ進んでいます。

また籾すりを行った際に出た籾殻を家畜の敷料とするため、動物科学科生徒で運搬を行いました。
 

植物科学科と動物科学科
学科をまたいで収穫後の流れについて学習しています。
08:30 | 投票する | 投票数(20)
12345
PAGE TOP