↑ 申込みは1月21日まで
   

 
 栃農生がつくった食材を
 大平地区の小中学生の給食へ提供しました!
 
 
  

 
  さまざまな進路情報が掲載されています。

  
  学校案内パンフレットはこちら  ↑

 
     今年度は終了しました ↑
 
※全国農業クラブマスコット
《のうくっく》は本校卒業生が制作



栃工 栃商 栃農の発表を掲載しています


 
Site Visitors266429
(2021/4/1~)

  全国農業高校・農業大学校
  ホームページコンテスト
  第4回 審査員特別賞受賞!
    <受賞の詳細はこちら>
 

    栃高教研農業部会へのリンク
 

     下野農業協同組合へのリンク
 

   

 



 

環境デザイン科の販売物(生産品)

 本学科で販売される野菜等の生産履歴を掲載予定です。

 
ミニハクサイ.pdf
 
ハクサイ(農業と環境).pdf New!!
 ダイコン (農業と環境).pdf  New!!

 購入された際には、ぜひご確認ください。
 



 

環境デザイン科の活動

環境デザイン科日誌
12345
2021/12/19

環境デザイン科から季節のお便り

| by 環境デザイン科
12月に入り、2021年も残りあとわずかとなりました。2学期は緊急事態宣言からスタートし、日誌の更新が遅れがちでしたが、自然はそれに関係なく様々な姿を見せてくれました。環境デザイン科の周りで見せてくれた自然環境の変化をまとめてお伝えします。
  
 9月にはため池周辺にきれいなヒガンバナが咲いていました。自生しているアケビも結実し始めていました。どちらも鮮やかな色合いですね。

        
 10月上旬は気持ちよい秋晴れと少しずつ色づき始めた木々の様子がありました。10月中下旬につれて、紅葉も段々と進んできた様子がわかります。朝には鳥の声もよく聴こえました。

    
11月に入る一気に紅葉が進み、栃農祭の頃には鮮やかな紅葉を見ることができました。校内のイチョウもきれいな黄色に染まっていました。
    
そして12月山の木々の葉も落葉してすっかり冷え込むようになりました。課題研究で製作してきたビオトープ池にも氷が張っています。
四季の変化で楽しませてくれる自然を守る大切さとそれを学ぶことの重要性を改めて認識しますね。
13:51 | 投票する | 投票数(7)
2021/12/07

栃木市役所庭園リニューアル【環境デザイン科】

| by 情報4
11月27日・28日の2日間にわたって、栃木市役所4階にある屋上庭園のリニューアルを行いました。
この庭園は、農業土木科の頃から関わっている庭園で、環境デザイン科の1期生である3年生がこの4月からデザインを考えてきました。市役所に合ったデザインにするべく、栃木市の魅力が伝わる庭園づくりを試行錯誤しながら完成させることができました。



これから寒くなる季節のため、植物は本校の温室で育てています。来年の春に庭園の見頃を迎える予定ですので、栃木市役所に訪れた際は、ぜひご覧ください。


09:49 | 投票する | 投票数(4)
2021/11/09

ミニハクサイの収穫 [農業と環境]

| by 環境デザイン科

1年4組「農業と環境」の実習の様子です。

今回の実習は、栃農祭で販売するミニハクサイの収穫を行いました。

 

この前の実習で持ち帰る用として収穫を経験していますが、

今回は販売用ということもあり、以下の点をより注意しながら実習を行いました。

・アブラムシ等の害虫がいないかをしっかり見る。

・外葉を取る際、根元に残ってしまった葉もきれいに落とすこと。

自分たちで種まきから定植、管理と行ってきたので責任をもって収穫・調整してくれました。

みんなが育てたものが多くの方に買っていただけるように販売も頑張りましょう。

10:36 | 投票する | 投票数(0)
2021/10/11

ミニハクサイの観察 [農業と環境]

| by 環境デザイン科

1年4組「農業と環境」の実習の様子です。


この日は、1ヶ月前に定植したミニハクサイの観察を行いました。

1ヶ月経ってハクサイがどこまで成長しているかに加え、

授業で20枚くらい葉が出ると葉が立ってくるということを学習したので葉の枚数を数えたり、実際に結球が始まっているか、どのように結球しているかの観察をしました。



多くのハクサイで結球が始まっており、生徒からは、「1ヶ月でこんなに大きくなるんだ」、「もう食べられるのかな」といった声も聞こえてきました。

収穫まではまだ日数は必要ですが引き続き管理していきましょう。


16:58 | 投票する | 投票数(7)
2021/09/10

「農業と環境」の実習

| by 植物科学科

1年4組「農業と環境」の実習の様子です。

2学期最初の実習はミニハクサイの定植を行いました。

 

2学期使用するマルチには穴が空いていないため、生徒たちで株間、条間を測り穴を空ける作業からスタートしました。

1学期は穴ありマルチを使用したため初めての作業になりましたが、集中して行ってくれました。

 

ハクサイを植え付ける前に植え穴に殺虫剤を散布しました。

 

その後、夏休み中(8月12日)に播種し葉が3,4枚まで育ったハクサイの苗を定植しました。

一人5苗を定植し管理していく予定です。

立派なハクサイが育つよう管理していきます。


09:14 | 投票する | 投票数(2)
2021/07/29

夏休み!測量士補講習

| by 環境デザイン科
 暑い日と激しい雷雨が交互にやってくるような気候の中、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 環境デザイン科ではそんな暑さに負けず夏休み中も頑張る生徒の様子を紹介します。
 今回は「測量士補勉強会」です。測量について学習していますが、その成果の一つとして国家資格である測量士補の合格に向けて、夏休み中に勉強会に励んでいます。
 3年生、2年生の希望者が参加しています。部活動の他、3年生は進路、2年生はフォークリフトなどの資格講習といった夏休み中も色々なスケジュールを上手くやりくりしながら合格に向けて頑張っています。

     
      

 試験本番が夏休み明けてすぐの9月12日(日)です。合格目指して頑張りましょう!
17:12 | 投票する | 投票数(1)
2021/07/16

第3回地域デザイン演習(渡良瀬遊水地での環境学習)

| by 環境デザイン科
7月15日(木)に第3回地域デザイン演習として環境デザイン科2年生が渡良瀬遊水地で校外学習を実施しました。
はじめに、渡良瀬遊水地の歴史や役割・機能、流域の治水や利水などについてご講義頂きました。2年生になりコースに分かれて専門的な学習を深めてきましたが、その学習が実社会にどのように繋がっているか学ぶことができました。

  

その後、フィールドに出て2班に分かれて、渡良瀬遊水地史跡ゾーンで動植物の特徴や渡良瀬遊水地の史跡などについて丁寧にご説明頂きました。

   

短い時間でしたが、実際に現場に出て学ぶことの大切さを感じる時間になりました。もうすぐ夏休みですが、2学期以降にこの学びの経験を活かしましょう!
一般財団法人 渡良瀬遊水地アクリメーション振興財団 専務理事 牛膓様をはじめご指導頂きました皆様、貴重なお時間を頂戴し誠にありがとうございました。
20:04 | 投票する | 投票数(0)
2021/07/13

第2回地域デザイン演習

| by 環境デザイン科
 環境デザイン科の1ヶ月ぶりの更新・・・すっかり遅くなってしまいました。
7月12日(月)に第2回の地域デザイン演習として、森林・林業への理解及び就業促進に関する説明会を実施しました。公益社団法人 とちぎ環境・みどり推進機構 大輪様、栃木県県南環境森林事務所 村田様にご来校頂いて、林業の魅力や栃木県の林業・製材業、森林・環境などの現状などについてご講演頂きました。



 自分たちが専門的に学ぶ環境に関わる職業や地域の自然環境について学びました。面白く、そして分かりやすく興味が湧くような内容でお話頂いたので、今後の進路選択や専門的な学習を深めていく良い機会となりました。
 ありがとうございました。
19:00 | 投票する | 投票数(1)
2021/06/11

ビオトープ・棚田づくり

| by 環境デザイン科
 課題研究で3年生が取り組んでいるビオトープ・棚田づくりの近況報告です。
4月から課題研究がスタートして早2ヶ月が経ちました。2年生の時から作業を体験していましたが、本格的にスタートして現在はさらに2枚の水田を掘り、最後のビオトープ池までの水路づくりに取り組んでいます。
   
途中では、ビオトープや棚田について調べ学習をして、意義を把握し、さらに地域デザイン演習で課題について意見を出し合い、目標を共有しながら、取り組んできました。
この日はビオトープ池の漏水の原因を解決するために新たに防水シートを張る作業をしました。試しに水を溜めたところ、うまくいった様子。いろいろな生き物たちが棲みつくのが楽しみです。
  
14:26 | 投票する | 投票数(1)
2021/06/10

第1回地域デザイン演習(最新の建設現場・測量技術)【環境デザイン科】

| by 環境デザイン科
本年度第1回目の地域デザイン演習として、潮田建設(株)様と(株)TP測量設計様による特別授業を2年生対象に実施しました。事前に学校内でドローンやレーザースキャナを使っての測量を行っていただき、そのデータを基に切土量の計算や点群データによって3次元化した図面をご説明頂くなど、最先端技術を実際の現場で使用している様子を学ぶことができました。

   

また、データに基づいて動く建設機械の様子を実際に操縦する視点の映像として現場とリモートでつないで体験したり、スマートグラスの体験もしました。

   

災害復旧から河川工事についてのお話もあり、地域のインフラ整備をする上での最新の技術を学ぶ貴重な経験となりました。今後の専門的な学習や進路に活かしていきます。潮田建設(株)様、(株)TP測量設計様ありがとうございました。
14:00 | 投票する | 投票数(2)
12345
PAGE TOP