HP内検索はこちら


  

  

  

  

  

  

  

  

   
 
    
 
Site Visitors (7/1~)6501
オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人

  全国農業高校・農業大学校
  ホームページコンテスト
  第4回 審査員特別賞受賞!
 

    栃高教研農業部会へのリンク
 

     下野農業協同組合へのリンク
 

生産履歴

〇環境デザイン科で販売する野菜等の生産履歴です。
 ご購入された際には、ご確認ください。
 ・
インゲン.pdf
  オクラ.pdf
 

環境デザイン科日誌

環境デザイン科日誌
1234
2020/06/30

トウモロコシの収穫【環境デザイン科】

| by 学科職員
 今回、「農業と環境」の授業でトウモロコシの収穫を行いました。
今年度は臨時休業のため、トウモロコシの播種はできませんでしたが追肥や土寄せなどの管理作業を
行った結果、大きなトウモロコシを収穫することができました。害虫の食痕を見つけて残念そうな
顔を覗かせる生徒もいましたが、インゲンやオクラ以外の野菜の収穫に生徒は楽しそうな様子でした。
収穫後は、インゲンやオクラなどの野菜の収穫・袋詰めならびに除草などの管理作業を行いました。
定期試験前最後の実習となりました。天候が安定していない中での実習ではありましたが、
試験前に全員で収穫を行うことができました。試験後も収穫や管理作業を取り組んでいきましょう。
   
19:28 | 投票する | 投票数(7)
2020/06/17

測量(実習)【環境デザイン科】

| by 職員
 1年生の「測量」の授業で、ポールと巻き尺、下げ振りを使って運動場の傾斜地を使って距離測量を行いました。
道具を使って測量を行うことが初めてだったので、1年生は道具の使用方法を学びながら測量を行いました。
班の中で役割分担を決めて行いましたが、班のメンバーで協力して測量を行うことができました。
測量は班のメンバーでコミュニケーションを取りながら行うことが重要です。今後、測量の精度を高めながら
取り組んでほしいと思います。
             
18:53 | 投票する | 投票数(4)
2020/06/16

農業と環境【環境デザイン科】

| by 職員
 今回の「農業と環境」の授業では、トウモロコシの土寄せ、インゲン・オクラの収穫を行いました。
トウモロコシの土寄せを行うことによって、土の通気性や排水性を高め、根の発達を促すことができます。
大雨が来ても倒れないトウモロコシに育てるために、通路側の草を取りながら一生懸命作業ができていました。
 また、収穫では見栄えがよいインゲンやオクラをみんなで力を合わせて丁寧に収穫することができました。
収穫された野菜は、袋詰めを行って販売を行いました。来週も体調管理を万全に実習に臨みましょう。
         
18:50 | 投票する | 投票数(3)
2020/06/09

農業と環境【環境デザイン科】

| by 職員
 今日は、圃場の管理作業と収穫を行いました。
 トウモロコシの雄穂が出てきましたので、トウモロコシ専用殺虫剤デナポンを散布しました。
 また、大きく育つようにトウモロコシやオクラに追肥を行いました。
 今回、生徒にとって初めてとなるインゲンなどの野菜の収穫作業を行いました。
 播種や定植を行っていませんが、日々大きく成長している野菜の様子に気づいている生徒も多くいました。
 また、収穫の喜びを実感している生徒もいました。
 これから、段々と暑さを感じてくる時期に入ります。熱中症に注意しながら取り組みましょう。
  
20:06 | 投票する | 投票数(8)
2020/06/05

総合実習(2年)【環境デザイン科】

| by 職員
 2年生の「総合実習」では、土質実験、測量、造園技術の3班に分かれて各分野について学んでいます。
今回、そのうちの1つ‘造園技術‘の班での学びを紹介します。造園技術の授業では、庭園や公園、広場などあらゆる場所で
見られる「芝」について学びました。芝の種類や張り方、特徴を学んだあと、実際に育苗箱を使って芝の種まきを行いました。
使用した芝の品種は「ティフブレア」です。生徒たちは、均等にまくことができるように丁寧に作業を行っていました。
播いた芝は、定期的に管理を行い今後の授業で活用する予定です。
        
18:57 | 投票する | 投票数(3)
2020/06/02

農業と環境(実習)【環境デザイン科】

| by HP係2
 今回は、本格的に学校が再開し初めての「農業と環境」の授業となりました。
1年生にとって「農業と環境」で学ぶ圃場を知らない状況でしたので、まず作付品目や様子を知ることから
始めました。今、圃場にはトウモロコシやジャガイモ、オクラ、インゲンなど多品目の野菜の成長が旺盛な時期です。
植物の葉の形や色、様子などを知るために「観察・スケッチ」を行いました。
 たねまきから植物が育つ様子を見られないことは残念ですが、今後は管理作業や収穫が目前に控えています。
これから1年間、環境デザイン科1年生の力を合わせて「農業」を学んでいきましょう。
             
17:56 | 投票する | 投票数(8)
2020/05/22

農業と環境(様子)【環境デザイン科】

| by 学科職員
 今回、「農業と環境」の授業で学ぶ圃場の様子を紹介します。
現在、インゲン、オクラ、トウモロコシ、ジャガイモなど数種類の野菜を栽培・管理しています。
気温が不安定な天候が続いていましたが、インゲンはつるを長く伸ばし、寒さが苦手なオクラは
少しずつ成長している様子が見られています。環境デザイン科の生徒の皆さんがいつでも
作業できるように日々管理作業を行っています。
   
18:28 | 投票する | 投票数(9)
2020/04/30

農業と環境(様子)【環境デザイン科】

| by 環境デザイン科1
 環境デザイン科の農業と環境(圃場)の様子を紹介します。
 現在、播種したトウモロコシやインゲン、エダマメ、オクラや植え付けたジャガイモが
 大きく成長している様子が見られています。
 ジャガイモは、「芽かき」、「土寄せ」。トウモロコシは「間引き」など
 植物の成長に合わせて様々な作業を進めていきます。「農業と環境」で学習する作業の
 様子を今後も紹介します。よろしくお願いいたします。
   
     ジャガイモ        インゲン         トウモロコシ
19:53 | 投票する | 投票数(5)
2020/04/24

農業と環境(様子)【環境デザイン科】

| by 環境デザイン科1
  今回は、農業と環境のトウモロコシの種まきを紹介します。
 授業でまくトウモロコシの種子は赤色です。本来の色ではなく薬剤処理されているため
 着色しています。まく前に発芽しやすいように水に浸しています。(①)トウモロコシ
 はエダマメと同じように2粒まきます。穴の深さは人差し指の第一関節を目安にして
 ください。(②)2粒まいて成長した苗です。どちらがいい苗だと思いますか?(③)
 丈夫で太い方を選び、1本だけ残します。この作業を「間引き」といいます。(④)
 これから暑い日が来ると思いますが、トウモロコシは高温と強い日照下でよく育ちます。
 楽しみにしてください。
              
                      ①:トウモロコシの種         ②:種をまく準備
   
     ③:どちらを選びますか?      ④:1本だけ残しました
18:54 | 投票する | 投票数(4)
2020/04/22

農業と環境(様子)【環境デザイン科】

| by 環境デザイン科1

  今回、「農業と環境」で行うエダマメの種まきの様子を紹介します。
 これはエダマメの種です。今回はマルチの1つの穴に2粒ずつまいています。(①)
 種をまく前に、まずは指で種をまく穴をつくります。油性ペンのキャップやペットボトル
 のキャップで作る方法もあります。(②)小さくて見えませんが、事前にポットにまいた
 エダマメの苗です。これは、発芽しなかったり鳥に種を食べられた際の保険です。芽が出な
 かったところに別に準備しておいた苗を植えることを「捕植」といいます。(③)
 皆さん。たねまき後に最初に最初に出る葉の名称は分かりますか?調べてみましょう。
   
   ①:エダマメ        ②:種をまく前      ③:捕植用の苗
18:51 | 投票する | 投票数(3)
1234
PAGE TOP