地域連携 令和2年度活動事業

  〇市民活動推進事業“とちぎ夢ファーレ”
   
[グリーンバンクとちぎ](Aコース)
    [新しい時代の道普請~市民参加型のインフラ整備~](Bコース)
                「広報とちぎ6月号」において活動が紹介されています
 

地域連携に関する活動

日誌
2020/05/25

「グリーンバンクとちぎ」の活動③

| by 職員
 今回、吹上小学校のシンボルツリーである「イトヒバ」の木の調査・挿し木用の枝の採取を行いました。
この「イトヒバ」の木は、約130年前に校庭に植えられた木だそうです。2本植えられている「イトヒバ」の
木の様子を校長先生、教頭先生からお話を伺い、挿し木用の枝を採取させていただきました。
 採取した枝を本校温室へ持ち帰り、挿し木を行いました。今後もお伺いして、吹上小学校のシンボルを受け継ぐことが
できるよう「イトヒバ」の木を殖やしていきたいと思います。ご協力ありがとうございました。
  
19:49 | 投票する | 投票数(0)
2020/05/15

「グリーンバンクとちぎ」の活動②【とちぎ夢ファーレ】

| by 学科職員
 今回の「グリーンバンクとちぎ」の活動は栃木市福祉協議会大平支所と栃木市立大平南小学校に訪問して調査を行いました。
それぞれの施設にある「サクラ」を挿し木で残してほしいとのことでした。今回、樹木の様子と挿し木用の枝を採取してまいりました。
今回採取した枝を試験的に本校の温室で栽培し、様子を見ながら枝が発根するように管理して参りたいと思います。
また、1回限りではなく定期的に訪問し、確実に樹木を殖やすことができるように活動していきたいと考えています。
この「グリーンバンクとちぎ」の活動に協力して下さった関係者の皆様大変お世話になりました。

  
19:18 | 投票する | 投票数(0)
2020/04/14

「グリーンバンクとちぎ」の活動①【とちぎ夢ファーレ】

| by 学科職員
 今年度、栃木市の市民活動を応援する補助金助成制度「とちぎ夢ファーレ」に応募し、本校では2事業が補助を受けて活動を行っています。
今回は、伝統的な樹木を「挿し木」の技術を用いて保存する「グリーンバンクとちぎ」の活動を行いました。
栃木市では、旧市役所を活用した整備を現在進めており、敷地内に「タラヨウ」の木があります。この木はハガキの木として知られており
樹木の世代交代の協力を依頼されました。そのため、今日は事前調査を目的に「タラヨウ」の調査と挿し木用の枝を採取しました。
この調査では、残念ながら新型コロナウイルスの影響で生徒は参加することができませんでした。ただし、今後は生徒が参加して「タラヨウ」の
世代交代に挑戦したいと考えています。もし、栃木市内の樹木で「グリーンバンクとちぎ」の活用を希望している際には本校までご連絡ください。
                
19:39 | 投票する | 投票数(0)
PAGE TOP