栃農生がつくった食材で
 大平地区の小中学生の給食をつくります!

    
  販売期間は 10/12~11/19 です!
 
 
 
  
     今年度は終了しました ↑
  
  NEW!! 学校案内が完成しました ↑
 
Site Visitors194012
(2021/4/1~)

  全国農業高校・農業大学校
  ホームページコンテスト
  第4回 審査員特別賞受賞!
    <受賞の詳細はこちら>
 

    栃高教研農業部会へのリンク
 

     下野農業協同組合へのリンク
 

   

 

さまざまな分野で活躍しています!(R3年度)

農業クラブ全国大会 農業鑑定競技 優秀賞 環境デザイン科2年生
関東大会出場!! 県総体 男子800m第5位 陸上部
エシカル甲子園2020 徳島県教育委員会教育長賞【農業環境部
高校生模擬企業グランプリ 銅賞         【  〃  】
ダルメイン世界マーマレードアワード&フェスティバル日本大会 アマチュアの部 金賞【  〃  】
・県総体 女子個人第1位、団体第5位 、男子個人第3位、第5位 柔道部 
・県ジュニア 女子個人第5位                          【 〃 】
・インターハイ県予選会 女子個人第3位
、男子個人第5位     【 〃 】
・県南部支部選手権大会 第5位【ソフトテニス部
・栃木県農業クラブ連盟主催
  家畜審査協議会(肉牛の部)優秀賞【動物科学科】
  プロジェクト発表 
   分野Ⅰ類 優秀賞【農業環境部】
「とちぎ蔵の街 先人が伝える不変の伝統工芸品を次世代へ ~幸作箒地が創る新たなビジネスプロジェクト~」
   分野Ⅱ類 優秀賞【環境デザイン科】「
セルフビルドによる地域づくり」
  意見発表  
   分野Ⅰ類 優秀賞【植物科学科】「
私らしい農業を目指して
   分野Ⅱ類 優秀賞【食品科学科】「
食品加工技術に魅せられて ~安心安全の食品開発~ など多数
*その他の実績はこちら
 
緊急一斉メール 配信内容
HOTニュース
栃農ニュース >> 記事詳細

2021/10/22

共生社会に関する講話を行いました

| by 情報2
10/14(木)に、宇都宮大学大学院准教授の司城先生を講師に迎え、「『多様性』を生かす社会へ ~相手を知ること・自分を知ること~」というテーマで講話をしていただきました。
「障害とは個人と社会の間の相互作用によって生じるもの」であり、社会の中にある障壁を取り除くことが重要であることや、「誰かが違うのではなく誰もが違う」という考え方で多様性を認める社会にしていくことが重要であることなどを話していただき、共生社会についてどう捉えていけばいいのか、講話を通して自分事として考えることができました。

生徒の感想では、
「『自分の当たり前』は相手にとっての『当たり前』ではなかったのかと気づけた。」
「人それぞれの感じ方があっていいと思った。普通とは何だろうと考えることができた。」
など、新たな気づきがあったようです。今回の話を心に刻み、まずは身近な学校や家庭から、自分も他者も過ごしやすい環境にしていきたいと思います。

 

09:52 | 投票する | 投票数(3)
PAGE TOP