栃農生がつくった食材で
 大平地区の小中学生の給食をつくります!

 
 
   
 
  
     今年度は終了しました ↑
  
 
  NEW!! 学校案内が完成しました ↑
 
Site Visitors132410
(2021/4/1~)

  全国農業高校・農業大学校
  ホームページコンテスト
  第4回 審査員特別賞受賞!
    <受賞の詳細はこちら>
 

    栃高教研農業部会へのリンク
 

     下野農業協同組合へのリンク
 

農業クラブの紹介



農業クラブの三大目標
農ク活動を通じて<科学性><社会性><指導性>を身につけよう!

農ク=FFJとは?

  Future Farmers of Japan(日本の未来を担う農業者)

「農業クラブ」(略して農ク)とは、農業を学んでいる高校生が科学性・社会性・指導性を高めるために活動している組織です。
 皆さんは栃農入学と同時に全員が農業クラブ員となりました。全国には皆さんの仲間が約10万人います。


「クラブ」といっても部活ではなく、農業高校で学んだ知識や技術を確実に自分のものにするための生徒の自主的な活動が、農業クラブ活動です先生や上級生のアドバイスを受けながら、さまざまな研究をおこなってみんなの前で発表したり、技術を習得して競技会に出場したり、それらの行事を計画・運営したりして、充実した3年間を過ごすための活動、これが農業クラブの役割です。農ク活動には次のようなものがあります。

①意見発表会

 学校での身近な出来事や将来についての抱負や意見をまとめ、全校生徒の前で発表し、その内容や発表の仕方を審査する競技です。
 意見発表をする事により、自分の考え方や表現に自信をつけることができます。

②プロジェクト発表会

 部活動や3年生になって行う課題研究などで行った研究をパソコンとプロジェクターを使って発表し、その内容や発表の仕方を審査する競技です。
 校内・県・関東、そして全国大会へと進む事が出来ます。

③農業鑑定競技会

 各学科で学んだ専門知識をクイズ形式で出題し、得点を競い合う競技です。
 例えば「この作物の名前は何ですか?」という問題が出ると、これを20秒以内に答えなければなりません。

④県大会・関東大会・全国大会

 校内プロジェクト発表会・校内意見発表会で代表になると、県大会(6月)・関東大会(8月)・全国大会(10月)へと進むことができます。
 そこでは競技会のほかに大会式典や他校の農業クラブ員との交流会などに参加することできます。


⑤新役員研修会・役員会

 農業クラブ役員になると、県内7校の農業高校で毎年数回集まって、会議や研修会を開いたり、交流会を行ったりしています。
 他校の農ク役員ともたくさん友達になることができ、とても楽しい行事です。


<関連リンク>
 日本学校農業クラブ連盟HP
 マスコットキャラクター決定までの経緯.pdf
 

農業クラブ活動

農業クラブ活動日誌 >> 記事詳細

2021/02/10

定例会の実施(2月1回目)【農業クラブ】

| by 農業担当
前回の定例会は、1月26日に実施しました。この時の定例会は、12月の役員選挙が終わって、初めて1・2年生の新役員として臨んだ会議でした。

しかし、『私たちが話し合いの場を運営するんだ』という意識が足りなかったり準備不足であったりと、顧問の先生から「わからないこと・想像できないことへの取り組み方」「会長や副会長、役員としての自覚」「競技会の運営や、その実施にあたって数ヶ月前からの準備」など、様々なことについて指導や説明を受けました。

そして、『次の定例会では、もっと有意義な会議にしよう絵文字:重要』という意識を強く持ち、今回の定例会を実施する前に顧問の先生と確認をしてから、本日放課後に実施しました。
 

クラブ員からの意見を集めるための意見箱の設置や、その方法。
5月の校内意見発表会の運営や、そのための3月(春休み)に原稿用紙の準備。
などについて話し合いました。

この後、話し合ったことをさらに検討し、今月25日の2回目の定例会でさらに具体的に決定して、実際に活動していきます。
18:28 | 投票する | 投票数(7)
PAGE TOP