中学生のみなさんは、こちらをクリック!


 

HP内検索はこちら


  

  

  

  

  

  

  

  

   
 
    
 
Site Visitors (7/1~)90991
オンラインユーザー5人
ログインユーザー0人

  全国農業高校・農業大学校
  ホームページコンテスト
  第4回 審査員特別賞受賞!
    <受賞の詳細はこちら>
 

    栃高教研農業部会へのリンク
 

     下野農業協同組合へのリンク
 

農業環境部の活動紹介

 農業環境部の活動紹介です。
 ①:環境活動班
 ②:ユネスコスクール班
 ③:食品科学班
 ④:地域デザイン班.pdf  の4つのグループに分かれて活動しています

 また、①:環境活動班は〇市民活動推進事業“とちぎ夢ファーレ”に参加しています。
    ・[グリーンバンクとちぎ](Aコース)
   ・ 
[新しい時代の道普請~市民参加型のインフラ整備~](Bコース)
                「広報とちぎ6月号」において活動が紹介されています
          ④:地域デザイン班は第4回全国高校生毎日アクション大賞 認定校(15校)に選出されました。
     蔵の街の先人が伝える不変の伝統工芸品~幸作箒地が創る新たなビジネスプロジェクト~  
       プロジェクトの活動(映像) :ぜひご覧ください

                          
 

日誌

農業環境部の活動
12
2020/10/03

渡良瀬遊水地外来植物等除去活動【農業環境部】

| by 顧問
 農業環境部 環境活動班で9月に行われた活動に引き続き、渡良瀬遊水地外来植物等除去活動に参加しました。
今回、外来植物であるセイタカアワダチソウと在来植物のヤナギを抜き取る作業を行いました。
参加した生徒は、セイタカアワダチソウを根まで抜き取れるように気をつけていました。
約1時間程度の作業でしたが、汗をかきながら一生懸命作業を行う様子が見られました。
作業終了時には栃木市長にお声をかけていただき、生徒にとって大変有意義な時間となりました。
今回の活動について、多くの方々の協力によって参加することができました。
今後も保全活動に継続して参加して参りたいと思います。大変ありがとうございました。
  
  
19:50 | 投票する | 投票数(7)
2020/09/19

渡良瀬遊水地希少植物保全活動【農業環境部】

| by 顧問
 谷中村史跡保全ゾーンで実施された「渡良瀬遊水地 希少植物保全活動」に参加しました。
 この活動では、最初に栃木市長の挨拶や担当の方から今回の作業の説明等を聞き、保全活動の意義を再確認致しました。また、作業が開始してからはセイタカアワダチソウなどの外来植物を根まできれいに抜き取れるようにしました。作業中には、多くの方から声をかけて頂き、参加した生徒は嬉しそうに受け答えをする姿が印象的でした。約1時間の短い時間での作業になりましたが、高校生らしく元気いっぱい活動することができました。今回の活動は、渡良瀬遊水地課の方から声をかけていただいたことがきっかけです。大変ありがとうございました。

   

18:49 | 投票する | 投票数(14)
2020/09/19

第2回ホウキモロコシの収穫~高校生蔵部編【地域デザイン班】

| by 農業科職員
本日、A班:寺尾圃場班とB班本校圃場班に分かれ活動しました。
A班
栃木市寺尾にある有機栽培生産者ぬい農園にてホウキモロコシの収穫を行いました。
参加メンバーは、とちぎ高校生蔵部OBOGのみなさんと本校生徒です。
次回は、10月中旬を予定。
箒になるまでの道のりは長いです。

 

11時から本校へ移動!!共同作業
寺尾のホウキモロコシと本校のホウキモロコシの
葉むき→脱穀→湯入れ→天日干し

B班 
本校圃場にてホウキモロコシの収穫作業をしました。
とちぎ高校生蔵部・OBOGのみなさん大変お世話になりました。


11:29 | 投票する | 投票数(9)
2020/08/11

イトヒバ・タラヨウの鉢上げ【農業環境部】

| by 顧問
 農業環境部で吹上小学校から採取したイトヒバ、市役所別館で採取したタラヨウ、学校内で採取したサツキの鉢上げを行いました。イトヒバ、サツキは、挿し木を行って初めて発根しました。発根したものを丁寧に鉢上げを行い、さらに大きくなるように作業を行いました。これらの樹木が大きく成長するように日々管理していきます。

      

19:33 | 投票する | 投票数(2)
2020/08/08

全国高校生自然環境サミット【農業環境部】

| by 顧問
 オンラインで開催された第21回全国高校生環境サミットに参加しました。
zoomを使用して、今回オンラインで環境サミットが実施されました。屋久島高校の皆さんが中心となって進められ、環境学習発表会やオンラインを通じて山や海の様子をライブ配信したり、写真による屋久島の紹介といった自然体験、植物の葉を使ったビンゴゲーム等、インターネットを通じて自然との触れ合いを通じて全国の高校生と学び、交流することができました。生徒にとってオンラインを通じてではありますが、全国の高校生と関わりながら自然について学ぶ貴重な機会となりました。ありがとうございました。

 

18:54 | 投票する | 投票数(5)
2020/07/23

「タラヨウ」の採枝・挿し木(環境活動班)【農環部】

| by 学科職員
 今回、農業環境部員5人と共に工事中の旧市役所別館で「タラヨウ」の世代交代のため採枝と挿し木を行いました。前回採枝した「タラヨウ」は挿し木した後、数本発根している状況を確認することができました。そこで、「はがきの木」を後世に残すため再度タラヨウの枝を採枝することに決めました。天候が不安定のため、雨の中での作業となりましたが無事に採枝し本校温室で鹿沼土と赤玉土をいれた育苗箱に挿しました。今回、挿し木した「タラヨウ」が発根するように管理していきたいと思います。
 今回、工事中にもかかわらず関係者の方々には大変お世話になりました。ありがとうございました。

  

17:46 | 投票する | 投票数(5)
2020/07/20

挿し木(環境活動班)【農環部】

| by 学科職員
 先日、栃木市大平地域福祉センターと大平南小学校で採枝した桜を挿し木しました。
 以前、挿し木を行ったサクラはそれぞれ発根し、鉢に移し替える作業をすることができました。ただ、移し替えたせいか数本は枯れてしまったこともあり、再チャレンジしました。前回の反省を踏まえて、挿し木した枝が発根した後は枯れないようにするための対策を考えたいと思います。

  

18:28 | 投票する | 投票数(3)
2020/05/25

「グリーンバンクとちぎ」の活動③(環境活動班)【農環部】

| by 学科職員
 今回、吹上小学校のシンボルツリーである「イトヒバ」の木の調査・挿し木用の枝の採取を行いました。
 この「イトヒバ」の木は、約130年前に校庭に植えられた木だそうです。2本植えられている「イトヒバ」の木の様子を校長先生、教頭先生からお話を伺い、挿し木用の枝を採取させていただきました。採取した枝を本校温室へ持ち帰り、挿し木を行いました。今後もお伺いして、吹上小学校のシンボルを受け継ぐことができるよう「イトヒバ」の木を殖やしていきたいと思います。ご協力ありがとうございました。

  

17:22 | 投票する | 投票数(2)
2020/05/15

「グリーンバンクとちぎ」の活動②(環境活動班)【農環部】

| by 学科職員
 今回の「グリーンバンクとちぎ」の活動は栃木市福祉協議会大平支所と栃木市立大平南小学校に訪問して調査を行いました。
それぞれの施設にある「サクラ」を挿し木で残してほしいとのことでした。今回、樹木の様子と挿し木用の枝を採取してまいりました。
今回採取した枝を試験的に本校の温室で栽培し、様子を見ながら枝が発根するように管理して参りたいと思います。
また、1回限りではなく定期的に訪問し、確実に樹木を殖やすことができるように活動していきたいと考えています。
この「グリーンバンクとちぎ」の活動に協力して下さった関係者の皆様大変お世話になりました。

  

17:24 | 投票する | 投票数(2)
2020/04/14

「グリーンバンクとちぎ」の活動①(環境活動班)【農環部】

| by 学科職員
 今年度、栃木市の市民活動を応援する補助金助成制度「とちぎ夢ファーレ」に応募し、本校では2事業が補助を受けて活動を行っています。
 今回は、伝統的な樹木を「挿し木」の技術を用いて保存する「グリーンバンクとちぎ」の活動を行いました。栃木市では、旧市役所を活用した整備を現在進めており、敷地内に「タラヨウ」の木があります。この木はハガキの木として知られており、樹木の世代交代の協力を依頼されました。そのため、今日は事前調査を目的に「タラヨウ」の調査と挿し木用の枝を採取しました。この調査では、残念ながら新型コロナウイルスの影響で生徒は参加することができませんでした。ただし、今後は生徒が参加して「タラヨウ」の世代交代に挑戦したいと考えています。もし、栃木市内の樹木で「グリーンバンクとちぎ」の活用を希望している際には本校までご連絡ください。

      

17:25 | 投票する | 投票数(1)
12
PAGE TOP