お知らせ

特にありません。

 

合格状況(過去3か年)※既卒生を含む

 

4年制大学

短期
大学

専修
学校等

就職

卒業年度

国公立

私立

30年

25

251

15

18

0

29年度

42

347

15

27

0

28年度

41

397

8

31

0

 

おもな合格大学(過去3か年)

 

合格を果たした卒業生の声(平成30年度卒業生)

梁島 夏意さん(栃木市立栃木東中出身)
 東北大学文学部 進学
 合格とは必然的なものだと思う。奇跡的な合格が一あれば、百の必然的な合格があり、万の不合格がある。奇跡なんて当てにならないので、追い求めるべきは百の必然である。「継続は力なり」・・・僕がしてきたのは「継続的な行動」、つまり習慣である。この意味で勉強の習慣をつけることは大切だ。僕は1年生の1学期から勉強をしてきた。だから東北大学合格という結果は必然的であり、なんら奇跡的ではない。長い長い階段を一歩一歩昇っていた果てにあった結果である。
佐藤 妙佳さん(下野市立国分寺中出身)
 筑波大学社会国際学群国際総合学類 進学
 翔南高校で過ごした3年間で「努力は必ず報われる」ということを学びました。たとえ辛くてもコツコツ勉強を続けることが志望校合格に繋がります。また、今回私は推薦入試で筑波大学に合格することができましたが、それは翔南高校の先生方の熱心なご指導のおかげです。本当にありがとうございました。
若林 正輝さん(栃木市立西方中出身)
 宇都宮大教育学部学校教育教員養成学科教科文系 進学
 受験勉強するなかで大切なことは、明確な目標を定め、自分に自信をもち、自分に合った勉強法を見つけて、実践することです。どの大学に行くかとういうことではなく、何を学びたいかという意欲が1番大切なのではないかと思います。
新保 実由さん(壬生町立南犬飼中出身)
 宇都宮大学農学部森林科学科 進学
 ある先生の言葉をお借りして言うなら、受験は体力勝負です。私がこの大学に合格できたのは、二次試験が得意の生物一科目で、挽回することに成功したからです。大切なことは簡単に諦めないことです。最後に、自分の可能性を信じて頑張って下さい。
遠藤 寿紀さん(栃木市立栃木西中出身)
 茨城大学理学部理学科 進学
 入試対策の勉強をするときは、先生に分からない所を質問するのはもちろんですが、答えが合っていた問題でも、自分の解釈が合っているかを聞きに行くのも良いと思います。受験の緊張感、大変さを乗り越えてそれぞれが自分の志望校に合格できるよう、頑張って下さい。
上野 誉斗さん(栃木市立大平南中出身)
 高崎経済大学地域政策学部 進学
 高崎経済大学は、3教科でも受験できるので自分にとても合っている大学でした。受験までの日々はとても辛いものでしたが、どんなに辛くても諦めてしまっては、全て終わってしまいます。また、友達と支え合うこともとても重要です。友達は同じ方向を目指す仲間でもあります。何か困ったら友達や先生に相談してみることもいいと思います。
山口 明晏さん(栃木市立東陽中出身)
 中央大学経済学部国際経済学科 進学
 最も力を入れて取り組んだのは、学校での学習です。毎日の授業を基本とし、小テストや定期テストに取り組みました。私にとって勉強するのに最適な場所は「学校の教室」でした。毎日最終下校の時間になるまで学校に残り、休日も学校に来て勉強しました。日々コツコツと努力をすることが何よりも大切であると思います。
奈良部 紗羅さん(栃木市立西方中出身)
 明治学院大学国際学部国際学科 進学

 翔南では先生方が教材をたくさん選んで配布してくださっているので、それを活用し勉強していました。苦手な分野の問題や、使えるまとめページなどをピックアップしてやってみたら、すごく点数が上がった教科がたくさんありました。努力が実を結んだ嬉しさと、支えてくださった方々への感謝の気持ち。苦しい戦いでしたが、得たもののほうが多い、大切な経験になりました。