弁論大会への参加


2020/06/05

第40回国際理解英語弁論大会(栃木県)結果

Tweet ThisSend to Facebook | by 絶対管理者

2年 石川 裕大君 

国際理解英語弁論大会 関東甲信越静地区大会へ

 

令和262日に第40回国際理解英語弁論大会(栃木県)が開かれました。

本校2年の石川裕大君が最優秀賞を受賞し、7月に開かれる関東甲信越静地区高校生英語弁論大会に進むこととなりました。


弁論の内容は以下のようなものです。

 


My Hungers and My Dreams

 

栃木翔南高校 2年 石川裕大

 (和文要約)

 ゆでたジャガイモが大好きだ。小さい頃に、ジャガイモの食べすぎでお腹が痛くなって医者に診てもらったくらいに。そして今はジャガイモと同じくらい、いやそれ以上に、英語が好きだ。元々英語が好きな気持ちはあったが、中学校の英語の先生に影響されて、英語の教師になることを決めた。それからは、小さい頃にジャガイモで空腹を満たしたように、友人に英語を教え、教え方が上手いと褒められるようになり、英語に対する自分の飢えを満たしていった。教師になるには、やるべきことはたくさんあるだろう。言語は文化の一部でもあるため、海外に行って実際の文化に触れることは大切であるし、高校生活の中でたくさんの経験をし、生徒を支えられる先生になることも必要だろう。最終的には、私にとってのジャガイモや英語がそうだったように、生徒の学びに対する飢えを満たせるような教師になることが、私の夢だ。

 

    関東甲信越静地区大会を控えていますので、英文原稿は7月中旬以降掲載します。



09:01 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)