弁論大会への参加


2020/11/06

第57回栃木県高等学校国際理解弁論大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 絶対管理者

2年 前田 菜月 さん 

57回栃木県高等学校国際理解弁論大会 優秀賞

栃木県教育委員会教育長賞

R3全国高等学校総合文化祭弁論部門(和歌山県開催)へ

 

令和21030日に第57回栃木県高等学校国際理解弁論大会が開かれました。本校2年 前田 菜月さんが優秀賞、栃木県教育委員会教育長賞を受賞し、来年7、8月和歌山県で開かれる「紀の国わかやま総文2021」に進むこととなりました。

 

弁論の内容は以下のようなものです。

 

 

私の母

栃木翔南高校 2年 前田 菜月

(要約)

 私の母はフィリピン出身です。そのおかげで、異文化出身の方と交流を持ち、外国の文化を知ることの素晴らしさを経験してきましたが、同時に、不慣れな日本での生活に苦労する母の姿も見てきました。しかしそんな中でも、いつも前向きに周囲の人を思いやる母の姿を見て、真の国際人としての姿勢や態度を学ぶことができ、私も母を見習って行動していきたいと考えるようになりました。たくさんの学びをくれた母に、感謝を伝えたいです。

 
  

   (今年度は全体の表彰式が行われませんでしたので、賞状は本校校長より伝達されました。)
12:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)