UTSUNOMIYA HAKUYO HIGH SCHOOL                                                            
栃木県立宇都宮白楊高等学校   
 

メニュー

校長あいさつ学校案内学科紹介・活動特色ある教育課程学校行事学年だより生徒活動部活動紹介・活動報告部活動報告進路指導研究・交流活動一日体験学習各部屋から保健室から図書室から購買部から保護者の方へ卒業生の方へ受検生の皆様へアカデミアとちぎ高校生未来の職業人育成事業学校評価いじめ防止基本方針創立120周年記念事業入札について緊急一斉メール配信緊急時の対応について
白楊Web訪問者数
1429681

リンク

栃高教研工業部会
 

オンライン状況

オンラインユーザー5人
ログインユーザー0人

研究・交流活動

交流活動
2020/01/21new

南米県人会短期研修生受入 最終日

Tweet ThisSend to Facebook | by 行事担当
 ~ 最高の4日間をありがとう ~
  Gracias! Obrigado(a)!


 最終日の今日は、白楊ならではの農業体験をしました。
 1時限目は本校農場のハウスで行われました。
  その1 イチゴ(とちおとめ)収穫体験 「おいしい!」 
    
   
  その2 果樹(ナシ・ブドウ)草花(温室)の説明と「にっこり」試食。
    
 2時限目 野菜の授業 研修生の国のおいしい食べ物を教えてもらいました。
   
   
 3時限目 生活活用 
  その1 フラワーアレンジメント
   
   
  その2「とんとんカレー」試食 お米は大嘗祭で使用されたもの。
   
   
 4限目 送別会
   
 研修生を代表し、ダニエルさんが日本語で挨拶をしました。
 「素晴らしい体験でした。白楊生は親切でおもしろいです。一緒に勉強できて
  うれしかったです。体育のサッカーが楽しかったです。ブラジルにはクラブ
  活動がないので、馬術がおもしろかったです。また、白楊に来たいです。」
 本校生を代表し、生徒会副会長の野中さんが送別の挨拶をしました。
 「白楊での体験はいかがでしたか。交流を楽んでいただけたらうれしく思います。
  私たちは同年代です。人種や宗教、文化は違いますが、新しいことに
  挑戦していきましょう。南米は30時間かかる地球の反対側で遠い所ですが、
  この交流で、私たちの心の距離は近くなりました。また白楊に来てください。」
   
 記念品贈呈
   
 白楊のタオルを、服飾デザイン科の生徒が作った巾着袋の中に入れ贈りました。

 送別会終了後、ペルーとブラジルの素敵な壁掛けをいただきました。
   
 玄関でお見送り  とうとうこの時がきてしまいました。
    
   
 たくさんの思い出をありがとう。また必ず会おう絵文字:うーん 苦笑
17:56 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/01/20

南米県人会短期研修生受入 3日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 行事担当

 ~ 白楊ライフ、今日もエンジョイ ~
 
  今日も朝から放課後まで普通教科、専門教科、部活動をめいっぱい体験しました。
  5人とももすっかりクラスに溶けこんでいました。
    
 1限目 農業情報 パソコン室で養豚の収支決算を計算し農業経営を学ぶ。
    
 2限目 数学「コーディネイト、レイディアス」英語を使っての授業。 2限目 体育 やっぱりサッカー楽しいな。
    
 3,4時限目 農業と環境 一粒一粒数え、イネの収量調査。根気のいる作業だな。
    
 4限目 数学 集中して問題演習。      4限目 農業機械 カントリエレベータ。 くまのお弁当。
    
 5,6限目 化学 人口風味料や芳香料の勉強とエステル合成の実験。おもしろい。  
    
             5限目 家庭基礎 人はなぜ服を着るのか? 
    
 6限目 音楽 ギターに挑戦♪          放課後 馬術部訪問   馬術競技を見学。
    
 ヘルメットを装着し、いよいよ馬乗り体験。気持ちいいね。
  日が暮れる頃終了。最後にみんなで記念撮影。ではまた明日。 
17:38 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/01/17

南米県人会短期研修生受入 2日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 行事担当

 ~ いろいろな体験をしました ~

 5人の研修生は、寒い中自転車、電車あるいはバスで登校しました。
 今日は朝のSHRから放課後まで、授業、お弁当、部活動など高校生活を体験しました。
 
  今日の白楊ライフです。盛りだくさんの一日を過ごしました。
     
   SHR前の様子。  選択英語 みんな英語で自己紹介。   
     
  選択現代文で書道体験。自分の名前をうちわに書きました。       体育でサッカー。
     
 畜産で和牛の勉強。   しめ縄作り。  
    
 測量で造園体験。                ランチタイム。初めてのお弁当。
    
 ホストファミリーが作ってくれたお弁当。     作ったしめ縄で輪投げをしました。
    
 体育でバドミントン。  
    
 服飾デザインでレザーブレス制作。       放課後は茶道とお琴体験。
    
 着物も着付けてもらいました。
 
 あっという間の一日でした。ホストファミリーと過ごす週末も楽しみですね。では、また来週絵文字:笑顔
13:12 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/01/16

南米県人会短期研修生受入

Tweet ThisSend to Facebook | by 行事担当
~ 南米から研修生がやってきた ~
         "Bienvenido"     "Bem-vindo"

 この受入事業は栃木県から委託を受け、公益財団法人栃木県交流協会(TIA)が実施するもので、今回本校が受け入れ校になりました。
 5人の研修生と引率先生1名が1月14日に来日し、2週間日本に滞在します。そのうちの1月16日から21日の4日間、本校で体験通学する予定です。その間は、土日を含め本校生の家庭にホームステイします。

 12時30分 玄関に研修生が乗ったバスが到着。少し緊張した様子でした。

 13時10分 全校生徒が待つ体育館に入場し、歓迎会開始。
 
   登壇し、全校生徒の視線を浴びました。
   校長先生が学校紹介と研修生紹介をしました。
   「アルゼンチンからウリセスさん。
   ブラジルからヴィトルさんとダニエルさん。
   ペルーから双子のベアトリスさんとクリスティーナさん。
   引率はアルゼンチンのクレリア先生です。」

   新生徒会長が歓迎の挨拶をしました。
  「ビエンヴェニド。白楊へようこそ。」
   研修生代表が日本語であいさつをしました。
  「アメリカのヒューストン空港で合流し、30時間かけて、真夏の国からやって来ました。」
   歓迎会終了後、ホームステイ先の本校生と初対面。
  「〇〇です。よろしく。」その後、各クラスに向かい自己紹介しました。
  明日からは自転車、バス、電車を利用して通学体験と授業や部活動体験です。
  白楊生との交流を思う存分楽しんでください。
16:51 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
交流活動
交流活動


 あづま保育園訪問


 ◇栃木県立のざわ特別支援学校との交流

 

緊急のお知らせ

現在、緊急のお知らせはありません。
 

一斉メール配信RSS

お知らせ

◎生徒・保護者の皆様へ
 緊急一斉メール配信の新規登録・再登録の手続き方法が変更になりました。
   詳しくはこちら

 
フォトアルバム

白楊ゆるキャラ


ポプラン3兄弟
 
所在地
〒321-0954
   栃木県宇都宮市
             元今泉8丁目2番1号
        TEL  028-661-1525
        FAX  028-660-4540