URLが登録されていません。
 

ログイン

白楊Web訪問者数
1597731

オンライン状況

オンラインユーザー5人
ログインユーザー0人

日誌

家庭クラブ活動
2020/10/27new

家庭クラブ活動 TERAS companyとの活動

Tweet ThisSend to Facebook | by 服飾デザイン科
 家庭クラブではこれまでサステナブルな社会に少しでも貢献ができないかと、アップサイクル活動などに取り組んできました。
 活動を通し多くの人と関わり合いたいという想いがありましたが、コロナ禍で交流活動は足踏みをしている状態でした。
 そんな中、市内の障がい者就労支援施設「TERAS company」の存在を知りました。TERAS companyでは障がいを持った方が製作した刺し子製品等を販売しているそうです。
   TERAS companyのホームページはこちらです→https://akari-teras.com/

 利用者さんと直接交流することは今は難しいので、同じ空間では無理でも共に1つのものを作り上げたい考えました。
 そこで私たちが本校で苗から育てた藍で染めた生地と、利用者さんの刺し子でコラボレーションすることができるか提案させていただいたところ、前向きなお返事をいただくことができました!
    

 藍染めの生地をお渡しした数週間後・・・

 私たちが染めた生地でこんなにも素敵な製品を作ってくださいました!
      
    テッシュケース       イヤリング       ヘアバンド

 生地をグラデーションで組み合わせたり、藍染めの生地となじむベンガラ染めの糸を使ってくださったりと、製作していただいた方のお話も伺うことができ勉強になりました。
    

 商品の販売についてはTERAS company、白楊高校のホームページにて今後お知らせしますのでよろしくお願いします!!
13:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/10/09

家庭クラブ活動 保育園との交流活動

Tweet ThisSend to Facebook | by 服飾デザイン科
 泉が丘保育園との交流活動にあたり、コロナウィルス感染症防止対策により交流が制限される中、私たちにできることはないか模索を続けました。

 まずはビデオレターで私たちのことを知ってもらおうと、保育園生にあてたメッセージDVDを送りました。
      

 そして、園児の皆さんが必要としているもの(私たちが作れるもの)を保育園の先生からお伺いしました。いくつかの案の中から家庭クラブ員による話し合いの結果、歯ブラシ・コップが入る巾着袋の製作に決まりました。
 ここで私たちの端布の出番です!これまでの端布や余っている布を集めて巾着袋の製作スタートです。
      

 生地の組み合わせも色合いを見ながら試行錯誤して作りました。
    

 ひもを通したら完成です!歯ブラシとコップが入る巾着袋ができました。
      

 無事に泉が丘保育園の年長さんに巾着袋をお渡しすることができました。
    

 保育園のお友だちの顔を見てお渡しすることができて嬉しかったです。皆さんが喜んで使ってくれるといいなと思います。
10:00 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2020/09/04

家庭クラブ活動 アップサイクル活動

Tweet ThisSend to Facebook | by 服飾デザイン科
 今回私たちは、アップサイクルにスポットを当てた活動に取り組みました。
 
 アップサイクルとは・・・
  不要になったものを捨てず、元々の形や特徴を生かし、新しいアイディアを加えて別のモノに生まれ変わらせることです。

 服飾デザイン科では夏休み中に被服検定を一通り終え、端布(ハギレ)がたくさんある状況にあります。
 そんな端布を活用し、今では生活の必需品であるマスクを作りました。
      
 簡単にできる立体マスク。端布で作ったので愛着もある気がします。

 アップサイクル2つ目は、着なくなったTシャツを活用しコースターなどいろいろなものを作りました。
 まずはTシャツを細長く裁断してTシャツヤーンを作ります。
    
 
 このTシャツヤーンを使って作品を編み上げていきました。
    
 編み物にまだ慣れていない1年生、お互いに教え合いながら作品を完成させました。
09:00 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2020/07/30

家庭クラブ活動「しおり作り」

Tweet ThisSend to Facebook | by 服飾デザイン科
 家庭クラブの活動について紹介します。

 今回は余り布を活用し、しおりを作りました!
 私たち服飾デザイン科で製作をした際に余った布を使用します。
 生地を選んで裁断したらラミネートし、穴を開けてひもを通します。
      

 ビーズなどの装飾品を使用したり、数種類の布を組み合わせたりしてそれぞれが工夫して製作をしました。
 ひもには余り布を細長く裂き、ねじって作った「ファブリックロープ」を使用しました。
      
 
 思い思いのしおりが完成しました!
      
 
 裏には家庭クラブからのメッセージを入れ、多くの人に使っていただけるよう試行錯誤しています。
15:20 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)

一斉メール配信RSS

フォトアルバム

白楊ゆるキャラ


ポプラン3兄弟
 
所在地
〒321-0954
   栃木県宇都宮市
             元今泉8丁目2番1号
        TEL  028-661-1525
        FAX  028-660-4540