日誌

校長室より
123
2018/09/19new

蒼穹のその頂点へと秋津飛ぶ ~宇河地区新人大会観戦記~

| by 管理者


  14日から開かれた宇河地区新人大会では、教頭先生と手分けをして各会場を回りました。弓道男子団体、女子団体、女子個人、競泳男子個人、剣道男子団体、男子個人、女子個人において県大会への出場権を得ました。
 以下、私が観戦した試合における生徒たちの活躍をリポートします。


宇東高附属中野球部10人の奮闘



   わずか10名の本校野球部。全員が「戦力」です。
 初戦は立ち上がりから守備に堅さも見られ、計6点を失いましたが、中盤以降は引き締まった展開になったと思います。最後まで結束して食らいついたその姿勢は、今後の成長につながるはずです。


白き道着の剣士たち 
     
      剣道男子個人はベスト8での県大会出場です。
  

     白い道着を身につけて臨んだ女子団体は、残念ながら2回戦で敗退しましたが、強豪校を相手に臆せず攻めていった敢闘精神に、惜しみない拍手を送りたいと思います。

決して笑顔を忘れずに(バレーボール

 女子バレーボールは雀の宮中学校体育館を会場に開催されました。リーグ戦で勝利を得ることはできませんでしたが、どんなピンチでも笑顔を忘れずに互いを励まし合う姿勢は、このチームの成長の基盤として育てていって欲しいと思います。

 

連合チームだからこそ(サッカー)

  

 宇東高附属中サッカー部の新チームは、部員不足により、宇都宮大学附属中学校と連合を組むことになりました。1回戦は9-2で勝利。2回戦は、シード校相手に0-0の白熱した試合を展開しましたが、最後PK戦で涙を飲みました。
 連合チームだからこそ、一人一人が成長するとともに、チームとしての連携を意識して一層の組織力の向上を図って欲しいと思います。


白球を追って(ソフトテニス)
    
  ソフトテニスは、雨で順延した関係で、女子個人戦だけの観戦となりました。
 選手たちはそれぞれにペアの選手との意思疎通を図り、必死に白球を追っていました。その白球の先に、一つ上のステージが見えてくるはずです。


18:52
2018/09/19new

PTA交通安全指導実施

| by 管理者
   13日・14日の2日間、PTA安全育成部、高校の生徒会役員、高校・附属中学の風紀委員、交通係職員が協力して、登校する生徒たちに交通安全を呼びかけました。4月にも同様の立哨を行いましたので今回が2回目となります。
 生徒は手作りの看板を掲げるなどして、特に自転車登校の生徒の安全意識高揚を図りました。


18:50
2018/09/04

百花繚乱の宴の後で

| by 管理者

 8月31日(金)のオープニングイベント、そして9月1日(土)の一般公開。二日間の「宇東祭」を体験して、「多様性」つまり、まじめな研究発表から少々はっちゃけた企画までの振幅の大きさこそ、宇東祭の特徴なのだと感じました。
 さて、一般公開の入場者数ですが、3年前が約1800人、一昨年が2000人強、昨年度が2300人強、そして今年度は、PTA・同窓会のスタッフ・来賓の方を除いても、2824人という、たくさんのお客様がご来校くださいました。
 中学・高校それぞれ多種多様な企画を成功させた皆さん一人一人の頑張りの成果だと思います。特に、実行委員、生徒会役員の皆さんお疲れ様でした。そのほか、ご指導くださった先生方、PTA、同窓会の関係者の皆様、そして宇東祭を支えてくださったすべての皆様に感謝申し上げます。
 4日(火)からは、また褻(ケ)の時間、日常の時間が戻ってきます。ただ、カーニバルにせよ、フェスティバルにせよ、フェアにせよ、ハレの時間(非日常)の最大の機能は、「褻の時間(日常)の活性化」ということであります。
 学校祭という夢のようなハレの時間を通り過ぎたことで、生徒の皆さんの日常の学校生活は、宇東祭の前とほんの少し違った表情を見せ、ほんの少しだけ過ごしやすい空間になっているはずです。




17:27
2018/08/21

宇東高一日体験学習

| by 管理者
  8月21日(火)の午前中、宇東高を志望する中学生・保護者の皆様を対象に、一日体験学習が実施されました。はじめに体育館で、学校からの挨拶、入試についての説明、進路状況の説明がありました。その後、生徒会役員の先導によって、学校施設・夏季課外の見学があり、再び体育館に戻って、音楽部(吹奏楽)による歓迎演奏、応援団による受検生へのエール、生徒会役員による生徒会活動・行事・部活動の説明がありました。
 施設・課外の見学以降のプログラムは、すべて生徒の手によって進められましたが、生徒たちの運営の様子自体もまた、とても良い本校の紹介になっていたのではないかと思います。生徒会役員、音楽部、応援団の皆さん、お疲れ様でした。皆さんのお陰で、本校志望の中学生・保護者の皆様にとって、有意義な時間になったと思います。



13:44
2018/08/15

ものを作る手 ~附属中学生、ロボコンへ始動~

| by 管理者
  創造アイデアロボットコンテスト(通称 中学生ロボコン)全国大会常連校である宇東高附中生たちの挑戦が、猛暑の中、今年も始まりました。
 形無きものから形有るものを生み出す手、協働して価値あるものを生み出す手、洗練に洗練を加える手・・・。
 そうした生徒たちの「手」を追ってみました。
 




16:25
2018/08/15

フルートが横笛に聞こえたとき・・   ~宇東高吹奏楽部の挑戦~

| by 管理者
     
    宇都宮市文化会館で、県吹奏楽コンクールの演奏を聴きました。宇東高吹奏楽部は、この演奏会に、果敢に「和」の調べで挑みました。
 結果は銀賞でしたが、演奏後の、涙の中に垣間見える笑顔を見ると、生徒たちにとっては満足のいく演奏だったのではないかと思います。
 木管や金管の音色が横笛や尺八に、打楽器の音が和太鼓に聞こえたのは、私だけではなかったはずです。
   
16:10
2018/08/15

宇東高サッカー部選手権一次予選観戦記

| by 管理者
  本年度の選手権への出場を目指し、一次予選、青嵐泰斗高校戦に臨んだ宇東高サッカー部の試合を観戦しました。ボールポゼッションでは上回っていましたが、後半に逆転を喫し、惜しくも2-3で敗退しました。若いチームの今後に期待します。



16:04
2018/08/03

グローバルサイエンスキャンパス開講式出席

| by 管理者

  宇都宮大学峰ヶ丘講堂にて開催された、グローバルサイエンスキャンパス(iP-U)開講式に、本校生とともに参列しました。このプロジェクトは、宇都宮大学の研究機能を活用して、グローバル社会で活躍できる科学研究の人材を育成しようとするものです。
 本校からは、中学生1名を含む6名が選出され、科学研究、論文執筆、英語によるプレゼンなどに挑戦します。
 一人一人の知的好奇心の芽を、思うままに伸ばしてほしいと思います。
 
大正13年建築の有形登録文化財「峰ヶ丘講堂」にて


16:00
2018/07/31

県中学総体観戦記

| by 管理者

 宇東校附属中学校から、県大会には、バドミントン、剣道、弓道、水泳の各選手が出場しました。
 その中で、見事、水泳部の男子2選手が、平泳ぎと自由形で関東大会への出場を決めました。本年の関東大会は山梨県での開催となります。山梨での力泳も期待します。

 
射貫く!                 心は平常心 

  祈るように

関東へ一直線           関東へのスパート

 横一線の競り合い
 
赤 見事二本目               必死のしのぎ合い


16:28
2018/07/31

熱闘の残したもの ~宇東附中サッカー部の5日間~

| by 管理者
  県中学総体宇河地区大会において、本校サッカー部は、7月21日(土)~25日(水)の5日間、1回戦、2回戦、3回戦、敗者戦1回戦、敗者戦2回戦の5試合を戦い抜きました。35度℃に迫る猛暑の中の5連戦は、本当に過酷なものだったと思います。最後の試合のホイッスルが鳴った瞬間、精魂尽き果ててピッチに倒れ伏す選手たちの姿を忘れることができません。
 結局、県への切符を手にすることはできず、それだけに悔しさも一入だったと思いますが、チャレンジし続けたこと自体にそれだけの価値があるはずです。チームとして胸を張るとともに、その意味を一人一人の中で確かめてほしいと思います。








16:17
123

お知らせ

  平成30年度重点目標

 「一人ひとりの生徒を中心に据えた品格と魅力のある学校文化の創造」

  1 「正剛寛」の実践指導による、大志を抱いて未来を創造できる生徒の育成
   ←校訓のさらなる浸透と実践を図り、高い志を持った未来志向の人材育成に努める。

  2 「授業第一主義」による学力の向上と読書指導の推進
   ←学力向上に直結する授業力の強化を目指すとともに、良書や新聞に親しむ指導に努める。

  3 安全性の確保の上に立った基本的生活習慣の確立と学校行事・部活動等の活性化
   ←生徒指導と健康指導の充実及び特別活動等の活性化を、危機管理の徹底の上に実現する。

  4 リーダーシップ・フォロアーシップ及び寛容性・対話力の育成
   ←グローバル化、価値観の多様化が進行する時代の流れを踏まえ、集団・組織を導くリーダーの育成に努めるとともに、個々の人権意識・協調性・寛容性の向上及び対話力の育成を目指す。

  5 教育改革の流れをふまえた、知的好奇心を喚起し探究力を養うための学習指導及び進路指導の充実
   ←学習指導要領の改訂・高大接続改革の方向性を見据え、主体的な学習姿勢や思考力の向上を自己実現につなげるような学習指導・進路指導の充実に取り組む。

  6 中高一貫教育校としての体制の充実
   ←中高一貫教育校であることが本校の最大の特色であることを再認識し、中高の円滑な接続と、職員の協働に努める。