日誌

校長室より(New!)
12345
2020/01/20

「正剛寛」に送られて ~高3 センター試験に挑戦~

| by 管理者
 1月18日(土)・19日(日)の二日間、本校3年生は、宇都宮大学峰キャンパスを会場とした大学入試センター試験に臨みました。私も、教頭、教務主任、進路指導主任、3学年主任、3学年担任、附属中学の時の担任の各先生方とともに、応援に行って参りました。
 生徒たちは、「正剛寛」の旗に送られ、気力に満ちた表情で、試験会場に入っていきました。皆さんの実力が十分に発揮され、一人一人の志望が実現しますように。


16:19
2020/01/20

個人から集団へ ~高1 総合的な探究の時間Ⅴ クラス内発表会~

| by 管理者
 新しく始まった高1の「総合的な探究の時間」も、今年度については佳境に入ってきました。個人の興味・関心・進路等に応じて調べて考えたことを、グループで共有し、クラスへ、そして学年へと共有される段階に入っています。
 14日(火)と21日(火)は、クラス内での発表会でした。おそらく、こうして練り上げられ共有された探究の成果は、互いにとっての教師であり、教材となるはずです。
 1学年全体での発表会は、1月31日(金)の6~7時間目になります。今からとても楽しみです。

16:11
2019/12/24

究めていく方向 ~高1 総合的な探究の時間Ⅳ グループ別発表会~

| by 管理者
 「総合的な探究の時間」は、今年度の高校1年生から始まった新しい学習の時間です。本校の総合的な探究の時間は、SDGsをテーマとした個人研究を中核としています。
 そのグループ別発表会が、24日の7限目にありました。自分の興味のありかと、その進むべき方向性を、お互いに懸命に伝えようとしていました。

13:02
2019/12/24

静かな静かなビブリオバトル ~高1国語~

| by 管理者


 高1の国語の授業で、「BibIi王」決定戦が行われました。
 2クラス合同の授業に組み直し、生徒80人がお互いの書いてきた「本の紹介文」を評価し合う学習です。ただ、通常のような、グループ内のビブリオバトルをの勝者がクラス全体の前で競うといった、賑やかなものではありませんでした。2クラスの生たち全員の紹介文が並べられた机の間を、静かに移動しながら、紹介されている本を読みたくなったものに「いいね!」シールを張っていく、というものです。
 その静かな空間に、音声言語はありません。生徒たちの紡ぎ出した上質の言葉たちが静かに交流していました。 
 レビューや帯に相当する紹介分は「実用文」です。今回の授業は、魅力的な実用文を「書く」学習指導と、読書指導とを融合させたものと言えるでしょう。
 しかも、課題の対象となる本は、生徒たちがいつも読んでいるような「小説」や「物語」ではありあません。新書などの評論や学術書が対象です。こうした学びがやがて、自分の興味・関心や進路に応じた読書習慣を作り、深くて広い学びに発展していくでしょう。
 こうした意図こそ、国語学習の枠を超えて各教科の学びや「総合的な探究の時間」、さらには進路学習にもつながるカリキュラム・マネッジメントなのです。
授業の実際
12:38
2019/12/23

打ち出づる調べ ~県アンサンブルコンテスト~

| by 管理者
 宇東高吹奏楽部の打楽器四重奏団が、県央地区の代表として、芳賀町民会館で開催された県のアンサンブルコンテストに臨みました。曲目は、フレック作曲の「メトリック リップス」です。
 結果は銅賞でしたが、4人の演奏者の打ち出す音のハーモニーは、県央地区の代表に相応しい演奏だったと思います。その音からはそれだけの練習の厚みが感じられました。
 
16:04
2019/12/20

それぞれの感性を ~栃木県高等学校美術展・デザイン展~

| by 管理者
 13日~16日の4日間にわたり、栃木県総合文化センターを会場として、栃木県高校美術展・高校デザイン展が開催されました。本校からも、絵画4作品、彫工1作品、デザイン4作品の参加がありました。
 残念ながら入賞はかないませんでしたが、それぞれの感性や思いを形にしようとしてきた軌跡が感じ取れる作品ばかりでした。

(手前の少女の彫塑は本校生の作品)
13:11
2019/12/20

学びの杜にて ~高校理科部ボランティア~

| by 管理者
 14日〔土)に栃木県総合教育センターにて、「学びの杜の冬休み」が開催されました。本校の高校理科部の生徒が、ボランティアとして、指導主事の先生方の実験助手を務めました。宇都宮大学との連携講座などを通して手練れた液体窒素を使った実験です。小学生たちが不思議な化学の世界を体験するための力になれたと思います。


09:17
2019/12/20

和の調べに惹かれて ~ふれあい文化教室~

| by 管理者
 13日、和久先生、前川先生、福田先生をお招きして、中学1年生を対象とした「ふれあい文化教室」が開催されました。講師の先生方の演奏を聴き、箏と尺八の演奏を体験しました。最後の質問コーナーでは、生徒たちの質問が引きも切らず、この体験によってかき立てられた生徒の好奇心が、いかに強いものであったかを伺うことができます。

詳しくはこちらのぺージへ
09:13
2019/12/17

家族の思いを知る ~いのちの授業~

| by 管理者
「被害者支援センターとちぎ」から 講師をお招きして、中学2年生を対象に「命の授業」を行いました。交通事故や犯罪の被害者のパネルが展示される中で、家族の痛切な思いを伺いました。
 「被害者にも加害者にもならないこと」の大切さを、一人一人が改めて実感することができたと思います。

17:29
2019/12/17

パート毎にハーモニー ~アンサンブルコンテスト~

| by 管理者
 中・高の吹奏楽部が、パート毎のチームに分かれて、アンサンブルコンテストの地区予選に挑みました。いつもパート練習をしている仲間たちと組むチームです。
 その中で、高校の打楽器四重奏が金賞を獲得し、12月22日(日)に芳賀町民会館大ホールで開かれる県のアンサンブルコンテストに出場します。日頃の練習の成果を発揮して息の合った演奏を期待します。

 (写真は、12月8日(日)県教育会館での予選の演奏を終えた中学パーカッションチームです。) 
17:23
12345

お知らせ

  令和元(2019)年度 重点目標

 「一人ひとりの生徒を中心に据えた品格と魅力のある学校文化の創造」

  1 「正剛寛」の実践指導による、大志を抱いて未来を創造できる生徒の育成
   ←校訓のさらなる浸透と実践を図り、高い志を持った未来志向の人材育成に努める。

  2 「授業第一主義」による学力の向上と読書指導の推進
   ←学力向上に直結する授業力の強化を目指すとともに、良書や新聞に親しむ指導に努める。

  3 安全性の確保の上に立った基本的生活習慣の確立と学校行事・部活動等の活性化
   ←生徒指導と健康指導の充実及び特別活動等の活性化を、危機管理の徹底の上に実現する。

  4 リーダーシップ・フォロアーシップ及び寛容性・対話力の育成
   ←グローバル化、価値観の多様化が進行する時代の流れを踏まえ、集団・組織を導くリーダーの育成に努めるとともに、個々の人権意識・協調性・寛容性の向上及び対話力の育成を目指す。

  5 教育改革の流れをふまえた、知的好奇心を喚起し探究力を養うための学習指導及び進路指導の充実
   ←学習指導要領の改訂・高大接続改革の方向性を見据え、主体的な学習姿勢や思考力の向上を自己実現につなげるような学習指導・進路指導の充実に取り組む。

  6 中高一貫教育校としての体制の充実
   ←中高一貫教育校であることが本校の最大の特色であることを再認識し、中高の円滑な接続と、職員の協働に努める。