平成19年4月に宇都宮東高等学校附属中学校が開校し、中高一貫教育校としてスタートしました。中高一貫教育校に伴い、男女共学となりました。生徒たちは、勉強と部活動を両立させながら、それぞれの夢の実現を目指して、充実した学校生活を送っています。校内合唱コンクールや宇東高祭、体育祭などの行事は中高合同で行われます。一人ひとりの生徒が主役となって、お互いに協力し合いながら楽しく参加しています。また、生徒のほとんどが大学への進学を希望。そのため、生徒一人ひとりの個性・適性を考慮した個人面談や進路指導を定期的に行っています。さらに自ら学ぼうとする意欲を大切にしながら、その夢や希望を実現させるために、様々な角度から援助をしています。


 

新着情報

 

パブリックスペース

中1 ふれあい文化教室12/13 11:30
News >> 記事詳細

2018/06/29

高3 中学校で教育実習体験

Tweet ThisSend to Facebook | by hos
6月29日(金)に将来、教員を目指している高校3年生10名が、期末テスト終了後に附属中学校で教育実習体験をしました。
第1回目の今回は、中学1年生の授業(理科、社会、道徳)を参観しました。
中学生がワークシートに記入しているところを巡回したり、グループに入って一緒に考えたりと、有意義な活動になりました。
10月に行う第2回目には、教科担当の先生の補助をするという立場で、中学生に授業を行います。
大学への受験勉強と合わせて授業の準備は大変ですが、きっと将来に役立つ体験となるはずです。
中学生にとっても、よい刺激になっています。
高校3年生の皆さん、次回の取り組みもがんばってください。
  
17:55 | 投票する | 投票数(9)