スーパープロフェッショナルハイスクール(SPH)事業
12345
2020/10/19new

【SPH】情報処理・活用能力の育成ー企業情報専門職による講演会ー

| by uHP
SPH教育プログラム『情報化社会の進展に対応できる「情報処理・活用能力」の育成』
の一環として,
 ー企業における情報系エンジニアによる講演会ー を実施いたしました。
  日時:令和2年10月15日(木)13:20~15:10
  講師:藤井産業株式会社 荒井健二様(情報処理安全確保支援士)
  場所:本校視聴覚室
  対象:情報処理科1年生80名(全員),商業科3年生3名(希望者)

<講師紹介:情報処理科主任> <講演の様子・内容等>
    
    
<質疑応答>

 「情報系エンジニアとしての今までとこれから」と題して,経歴や仕事内容,資格試験への挑戦,未来へのステップアップなど,多岐に渡り経験談を踏まえながら分かりやすくご講話いただきました。また,質疑にもお答えいただき,普段は職業を意識することが少ない生徒達が真剣に聞いていた様子がとても印象的でした。
 生徒たちは高校の授業を通して基礎的・発展的知識を身に付けた後に進むべき道を考えるなど,今回の講話を通して職業を意識する機会が持てたことは,進路選択のためにとても役立ったことと思います。
 お忙しいなか本講演会をお引き受けいただいた藤井産業株式会社の荒井様に感謝申し上げます。ありがとうございました。
次代を担うエンジニア等など,卒業生が将来,地域のビジネスリーダーとなり社会に貢献できる人材を育成していきたいと思います。
08:00 | 今日の出来事
2020/10/16new

自分の意思を的確に伝える「英語によるコミュニケーション能力」の育成

| by uHP
 今回は3年生の授業の様子を紹介します。今回の活動は、10個のグループ別にALTから与えられたテーマ(例えば、「勤務態度の悪い従業員」等) について解決法を考え、それに関してスキットを作成し、寸劇を行うというものです。前の週までに、グループでスキットを作成し、授業の最初に20分程度練習を行い発表を行いました。以下の画像は、商業科3年5組の授業の様子です。

   
  ALTの助言の元、台詞や動きを確認して発表前の練習を行います。   教室の中央を舞台にしました。
17:05
2020/10/14

自分の意思を的確に伝える「英語によるコミュニケーション能力」の育成

| by uHP
 今回は2年生での授業実践の様子を報告します。2年生は、3人から4人のグループで、フリーテーマで英語でのプレゼンテーションを行っています。事前調査やパワーポイントなどを用いたスライド(5枚程度)を作成し、2~3分でプレゼンテーションを行いました。発表後は、 audience に対して内容に関する質問をし、聞き手の理解を確認しました。以下に示す写真は、商業科2年4組の授業の様子です。

       
   視線や話のスピードや明瞭さに気を遣いながら、バナナ、ハンバーグ、コアラ等、
   多種多様なトピックについて、原稿を見ずにプレゼンテーションに挑戦します。

18:04
2020/10/08

金融教育を通した「金融リテラシー能力」の育成

| by uHP


 -金融(ファイナンシャルプランナー)に関する講演会ー を実施いたしました。
 日時:令和2年10月7日(水)14:20~15:15
 講師:株式会社 栃木銀行 金融サービス部 副調査役 大栗 敬史 様
 場所:本校第1体育館
 対象:2年生全員、金融関係に就職希望の3年生

 内容 ①ファイナンシャルプランナーとは
     ②日本を取り巻く環境について(社会構造と金融情勢の変化)
     ③資産運用について
     ④まとめ

 
   

 なぜ「FP」の知識が必要なのか、今の日本の社会構造の変化および金融情勢の変化を踏まえ説明をしていただきました。
 参加生徒は、お金に対する正しい知識と自分たちを取り巻く環境についての理解が、今後も変化を続けていくだろう未来を生き抜く力になるということを学ぶことができました。
 今の中学生は、2人に1人が107歳まで生きると言われているそうです。
 変化していく社会構造に対応していく力として、金融の知識を身に付けていかなければならないと改めて感じました。
 大栗先生、お忙しい中ご講演をいただき、本当にありがとうございました。


16:30 | 報告事項
2020/10/07

自分の意思を的確に伝える「英語によるコミュニケーション能力」の育成

| by uHP
 今回は、1年生の授業について報告します。2学期の前半は、ALT との Team-teaching では、基本的な文法の定着と活用を視野に授業実践を行っています。未来表現・完了形・助動詞に関して、中間試験前にペアやグループワークを中心に行いました。この記事では、「受動態(受け身表現)」を扱った授業を紹介します。基本的な授業の流れは、「ペアでの small talk ⇒ Listening Task ⇒ ALT による簡単な Grammar の説明 ⇒ ワークシートに基づいたペア・グループワーク」です。以下の写真は、情報処理科1年6組の授業風景です。

 
  

  ALTが与えたテーマで small talk      ペアでリスニングタスクの確認  ALTによる受動態についての
                                    簡単な説明

11:11
2020/10/06

国際交流を通した「グローバルな視野」の育成

| by uHP
 10月6日(火)に1学年を対象に行われました。
 
 演題:「グローバルな視野」の育成に向けて
 講師:仙波糖化工業株式会社 取締役 総務部長  市川 剛久 様

 国際理解を図る企業の方を講師とし、講話を通して国際交流・ビジネスについての基礎・基本を理解するとともに、実際の業務に携わる講師の方からのお話を聞くことで、国際社会でのビジネスの展開についての理解も深めることが出来る貴重な時間となりました。

   
19:24
2020/09/29

会計人としての「会計情報の分析・活用能力」の育成

| by uHP
9月28日(月)、ネットスクール株式会社の藤本拓也先生をお迎えして、
財務諸表や有価証券報告書から身近な企業の本当の姿を知ろうをテーマに、
講義をしていただきました。

授業で学んだ財務諸表分析の指標が、
企業がどのような状況にあるのかを知り、
なぜこんなに違いがあるのか、
どうすればもっと経営状況がよくなるのかなどを考えることに繋がり、
今学んでいることが、社会でどのように役立つのかを実感しました。

【3年生進学コース】

【2年生アドバンスコース・進学コース】


また、3年生の講義では、英語の財務諸表を使って日本の企業と比較をしたり、
2年生の講義では、商業高校からの大学進学についてお話いただきました。
簿記だけを勉強するのではなく、
幅広く学び、知識やスキルを身に付けて、
組み合わせて活かすことが大切だということを教えていただきました。
将来につながる学びを意識して、
これからの学習に励んでいきたいと思います。

藤本先生、お忙しい中本当にありがとうございました。
07:33 | 報告事項
2020/09/18

会計人としての「会計情報の分析・活用能力」の育成

| by uHP
9月18日(金) 講師:東京CPA会計学院 山内 樹先生
内容:勘定分析を通して複式簿記の全体像を解明する
   ~会計知識を実務に関連づけることで、実務での活用法を再確認~
 
 山内先生をお迎えして「貸借平均の原理」を主題として、複式簿記の正しい学び方について、
3年5組を対象に講座を行いました。実際に行われている企業の買収の話や勘定分析から逆進法
による解法を行うことで、理論的な裏付けや取引の流れを意識し、実務での活用法を再確認する
ことができました。また、複式簿記の本質をとらえることができ、損益計算書・貸借対照表の
意味と目的を理解し、学んだ知識を財務諸表の数値から原因と結果を探ることに生かしてこそ
意味があることについても丁寧にお話いただきました。
 大変お忙しい中、山内先生、本当にありがとうございました。

 
18:37
2020/09/18

小・中・高・企業との連携による「リーダーシップ」の育成

| by uHP
 9月18日(金)に行われました。
 演題:メンタル スキルズ トレーニング
 講師:作新学院大学経営学部スポーツマネジメント学科教授
    栃木県メンタルトレーニング研究会代表   笠原 彰 様

 スポーツマネジメントの視点からリーダーシップとメンタルトレーニングに関する講演会を聞くことにより、昨年度のリーダーシップ講演会との相乗効果を得ることで、今後の高校生活におけるさまざまな活動の一助としてもらいたいと思います。

    
17:06
2020/09/17

会計人としての「会計情報の分析・活用能力」の育成

| by uHP
9月16日(水)、公認会計士の小島一富士先生を講師でお迎えして、
『なぜ簿記を学ぶのか、学んだ知識を将来どのように活かすのか』をテーマに、
1年生対象に講演いただきました。

簿記を学び始めたばかりの1年生に、
分かり易い事例と生徒たちが知っている諸企業の経営成績を参考に、
簿記会計は、社会でとても大切な役割を担っている企業言語であることや、
簿記会計で企業を救えること、人を救えること、社会貢献できることをお話いただきました。

そのような素晴らしい勉強ができることに感謝する気持ちと、
簿記の学びのその先は、社会貢献に繋がっていることを胸に、
授業を大切にしっかりと勉強に励んでいきます。



小島先生、大変お忙しい中、本当にありがとうございました。
07:35 | 報告事項
12345