バナーをクリックすると各学科のページに移動します。
 

社会福祉科

社会福祉科のページへようこそ!
平成31年度より「介護福祉科」になりました
 

社会福祉科教育課程

社会福祉科教育課程
↑クリックすると表示されます
 

特色

【社会福祉科の特色】
 介護福祉士国家試験受験資格が得られます。教室での勉強の他に、施設見学・施設実習・福祉専門家の講話、実技指導等があり、福祉マインドを育てます。介護の基礎及び専門技術の学習をするので、福祉関係の進学・就職に有利です。
【チャレンジできる資格】
 介護福祉士国家試験受験資格、福祉住環境コーディネーター(希望者)、日本語ワープロ検定など


<校内実習の様子>
 校内実習2 校内実習1
      シーツ交換の様子            安楽な体位づくり

<ボランティア活動の様子>
 施設ボラ 施設ボラ2 植え 
                             施設でのボランティア

 クリーンアップ 花植え
      クリーンアップ作戦           特別支援学校との交流


 
 

日誌

社会福祉科日誌
12345
2020/03/25

介護福祉士国家試験結果報告

| by HP投稿者
介護福祉士国家試験合格発表
 本日の14:00に介護福祉士国家試験の結果が発表されました。
 今年も合格率93%と、おかげさまで90%を越えることができました。

 
介護実習でお世話になった利用者様や職員の皆様、地域の方々に支えていただきながら本日を迎える事ができました。謹んで感謝申し上げます。
 今後も一層、福祉教育に励んで参りますので、よろしくお願いします。

15:21
2020/01/27

普通救命講習Ⅰ

| by 社会福祉科
2年生が普通救命講習を受講しました!

 本日、矢板消防署の職員さんに来ていただき、社会福祉科2年生が普通救命講習を受講しました。
 
 
  

 胸骨圧迫
  
   

 人工呼吸
  

 胸骨圧迫&人工呼吸
 一人でやろうとせず、助け(協力者)を求めましょう。
    

 AEDの使用方法について
   
  

 応急処置
  
   

 救命法は”実践することがない”ことが一番いいのですが、万が一、、、という場面に居合わせる可能性はゼロではありません。それが、いつ、どのような状況で、ということはわかりませんが、大切な「人の命」を守るためにも、いつでも実践できる技術を身につけておくことが重要です。
 生徒たちは、楽しく、また真剣に参加することができました。
 矢板消防暑の職員のみなさん、ありがとうございました。

16:00
2020/01/14

栃木県介護福祉士会主催介護技術コンテスト

| by 社会福祉科
 介護技術コンテストで優秀賞!

 1月12日(日)、栃木県介護福祉士会主催の介護技術コンテストに参加しました。
                             
 社会福祉科2年 人見 佳子 さん
         谷口 和花奈 さん
         芳澤 杏音 さん

 出場チームは全部で8チーム。介護施設や事業所で働いている職員さんがコンテストに出場するなか、高校生チームが3チーム出場しました。
   

 課題(認知症ケア)
 ・川口 ミキさん(96歳、女性、認知症)
 ・移動、更衣は見守りが必要だが、自立している
 ・水分の介助を行う

  上記の課題について、利用者様の幸せのためにどのように支援するのかを考えて発表していました。
   
 支援の事前説明

   
 「何かお困りですか?」 「寒いですね」


「お飲み物どうぞ」


  
 支援後の説明(アピール) 
  
 利用者役を務めた、芳澤さんの演技がとても上手であったこと、介助者の人見さん、谷口さんが利用者に親身に寄りそって、声かけなどの対応をしていたことが評価され、優秀賞をいただくことができました。

 おめでとうございます!!
10:26
2019/12/09

ボランティア報告

| by 社会福祉科
矢板市障害者週間のつどいに参加してきました!

 12月8日(日)、障害者週間のつどいに参加してきました。
 
 第一部では立石先生の講話を聞き、第二部では「矢っちゃれ」というグループと一緒にダンスを楽しみました。
 ボランティアで参加した生徒は、真剣な表情で講話聞いたり、障害のある方とコミュニケーションをとったりしていました。


  

  

 ありがとうございました!
09:36
2019/10/09

キャリア形成支援事業

| by 社会福祉科
ライキ園の施設長様の講話を聞きました

 本日、ライキ園の施設長様から知的障害者について講話をいただきました。
 支援をするためには「まずは自分自身を知ることが大切」で、その上で「その人に伝わる言葉で伝えたいことを1つずつ伝えていくことが大切」ことを学びました。
 他にも利用者様と一緒に海外旅行へ行かれた時の話などをされ、とても興味深かったです。
 来年度は、障害者支援施設で実習を行います。今回の話をきき、今後も障害者についての理解を深めていきたいと思います。

   

   
15:49
12345

社会福祉科の活動

お知らせ

矢板高校インターアクトクラブ
社会福祉科では全生徒がインターアクトクラブに所属しています

IACロゴ

 インターアクトは、12歳から18歳までの青少年のための国際ロータリーの奉仕クラブです。