バナーをクリックすると各学科のページに移動します。
 

校長あいさつ

ごあいさつ


 矢板高等学校のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。

 

1 地域に愛され、地域とともに成長する伝統校

 本校は、明治431910)年に塩谷郡立農林学校として創立され、以来、農業教育を母体とする学校として歴史を刻んできました。平成5年に工業系の2学科を含む総合選択制専門高校として学科再編が成され、平成24年度には、社会福祉科が3学年すべて揃い、矢板高校の新たな5学科体制が整いました。現在、農工家福の5学科を擁する総合選択制専門高校として、地域農業の担い手、地域産業におけるものづくりのエキスパート、調理師免許を取得(県立高校唯一の調理師養成施設校)した食の人材を排出しています。さらに、社会福祉科は、高齢化社会の現代において、県内で3校しかない介護福祉士国家試験受験資格を得ることができる学科としてその存在価値が高まっており、介護福祉士国家試験では高い合格率を残しています。

2 矢板高校の校訓

 本校の精神的基盤として、かつ、教育活動全般の拠り所として、本校は、「真理(しんり)」を校訓としています。

 昭和20年第二次世界大戦に敗れた後、本校は新たな世界観、教育観のもと、校歌の制定、校舎の移転新築などとともに、農業問題の解決・指導や、教養面の向上を図るべく、生徒や一般成人を対象とした教養講座や講演会を数多く開催しています。昭和31年に、「日本及び日本人」と題し、元東京大学総長であられた南原繁先生による講演会が矢板高校で開催されました。その際、南原先生が記念に揮毫されたのがこの扁額です。以来、60年間、校長室に掲げられてきました。この真理には「永遠にして真実なるもの」という意味が込められており、本校のような専門高校において、専門性を追求する各学科の目標にふさわしいものと考えております。「真理」が本校生にとっての指針となり、矢板高校の伝統ある校風をさらに引き継いでくれる意識の高揚になってくれるものと考えております。

      

校訓  『真 理(しんり)』


3 教育方針

 生徒個人を尊重し、特色ある学校、学科づくりをめざし、以下の3点を教育方針としています。

(1)生徒一人ひとりを伸ばす教育の工夫と実践

   学習、資格取得、部活動、学校行事等を通し、生徒の持つ各種能力の発見と向上。

(2)特色ある学校づくり

   学校の特色、学科の特色、生徒の特色の明確化を推進。

(3)地域に開かれ、地域と連携する学校

   各科の特色を生かした地域連携活動、小・中学校との連携推進、積極的な情報の発信。

 

 新入生189名を迎え、新年度がスタートいたしました。今後とも本校の教育へのご支援、ご協力をお願いし、校長あいさつといたします。

 

平成31年4月                                        

栃木県立矢板高等学校長 菅野 光広 


 

緊急のお知らせ

現在、緊急のお知らせはありません。
 

本校へのアクセス

栃木県立矢板高等学校
〒329-2155
栃木県矢板市片俣618-2
TEL:0287-43-1231
FAX:0287-43-4533

JR矢板駅下車、しおや交通バスで
矢板高校(経由)行きで11分

アクセス

アクセス MAP (pdf)
 

気象予報

雨量・雲量予報
 

学校の風景

福祉のこころ推進校

栃高教研農業部会へのリンク

 

栃高教研工業部会へのリンク

 

QRコード


携帯・スマートフォン用
サイトは こちら