バナーをクリックすると各学科のページに移動します。
 

栄養食物科

栄養食物科のページへようこそ!
 

栄養食物科教育課程

↑クリックすると表示されます
 

栄養食物科紹介

調理【栄養食物科の特色】
 調理師としての心と技を身につけ、食のスペシャリストを目指します。1年次には基礎的な学習を2年次より専門科目の幅を拡大し、特に、調理実習は和・洋・中のプロの調理師による授業を展開しています。


調理2【チャレンジできる資格】
 調理師免許、全国高等学校家庭科技術検定、情報処理能力検定、日本語ワープロ検定など





<各種料理コンテストへの参加>

調理3 栄食5 栄食6
・きのこ料理コンテスト
・パスタdeチャンピオン
・牛乳・乳製品料理コンクール など

<調理室の様子>
調理室

<調理作品>
作品1 作品2 作品3
 

日誌

栄養食物科日誌 >> 記事詳細

2020/08/07

校内実習 最終日 ~調理師に求められること~

| by HP投稿者

校内実習 最終日  ~ 調理師に求められること ~

 

 いよいよ今日が校内実習の最終日となりました。初めての取り組みに反省、課題は多々ありますが、生徒の充実した顔をみていると実施して良かったと思います。

 

 今日は三友学園 IFC栄養専門学校、IFC製菓専門学校から講師の先生をお招きし講話や実習をして頂きました。

 

 栄養についての講話・演習では、カルシウムの体内における吸収の流れや骨量変化のメカニズムを詳しく教えて頂きました。また、栄養士と調理師の関係や大量調理における注意点を学び、実際の現場の厳しさや社会に出て求められることを実感したようです。

    

 

 製菓では「カップ型シフォンケーキ」「シャルロット・フリュイ」の実習を行いました。

「ものづくりマイスター」でもある柿沼先生から繰り出される繊細な技の数々に生徒達は見とれていました。当初は失敗しないか不安だったようですが、講師の先生方が分かりやすく、ポイントを押さえてご指導くださったお陰で、見事な作品に仕上げることが出来ました。

 ご指導くださいました講師の先生方、本当にありがとうございました。

 

 5日間の長いようで短い校内実習を終え、生徒達は疲れた様子も見えますが満足げな表情をしています。この経験が生徒達にとって、何かをつかむきっかけとなってくれることを願っています。生徒の皆さん、ご苦労様でした。
17:16