日誌

進路関係行事
2015/10/27

H27 大学出張講義

| by 管理者Y

学ぶことの大切さと楽しさを知る
―平成
27年度大学出張講義―

 去る1022日(木)に、「大学出張講義」を開催しました。この学校行事は、高校2年生を対象に、学問に対する興味・関心を高めることで、進路希望の決定や自己実現に向けた意欲の高揚を図ることを目的に毎年実施しています。今年度は、大学で教鞭を執る9名の先生方に来校していただき、先生方が専門とする分野を題材に70分の講義を行っていただきました。今年度講師として御協力をいただいた先生方は以下のとおりです。

 

先生名

大学名

講座名

尾谷昌則先生

法政大学

外国人から見た日本語の特徴

坪井明彦先生

高崎経済大学

地域活性化とマーケティング

清水奈名子先生

宇都宮大学

大学で国際関係を学ぶ

―日本と戦争の関係は?―

筒井潤子先生

都留文科大学

子どものこころの不思議

―その繊細さとたくましさ―

山田洋一先生

宇都宮大学

楽しくわかる化学実験

植松光夫先生

東京大学

碧い海、蒼い空、白い雲

―地球を冷やすには―

尾崎功一先生

宇都宮大学

ロボティクス入門

横井浩史先生

電気通信大学

サイボーグ技術と医用福祉機械の展開

松村芳幸先生

新潟大学

病気の原因と成り立ち

 

 


13:17
2014/09/26

高校1年生が、宇都宮大学を見学しました。

| by 管理者Y

高校1年生が、宇都宮大学を見学しました。

 

9月25日()、高校1年生を対象に、大学の研究に直接触れて学問に対する興味・関心を高めるための 「宇都宮大学見学会」 を実施しました。

今年度は、峰キャンパスを会場に、模擬授業と施設見学、そして学生食堂での昼食を体験しました。

午前中は、国際学部、教育学部のいずれか、午後は農学部、工学部のいずれかを選択し、模擬授業を受講しました。大学の先生から、それぞれの学部の特色や研究内容を熱心に説明していただきました。また、施設見学は3つのコースから選択し、施設内での実験内容なども合わせて見学させていただきました。

この体験が大学について知るきっかけとなり、文理選択や科目選択を含め進路選択の参考にさせたいと考えています。

 

 

《日程》

   9:50~10:10 開会式・概要説明(大学会館2階多目的ホール)

  10:20~11:20 模擬授業(国際学部・教育学部、60分)

学部名

講   座   名

講師名

会 場

国際学部

「身近な地域社会を見つめ直そう」

中村祐司先生

5号館1121教室

教育学部

 「教育学部の魅力(文系)」

髙山慶子先生

5号館1122教室

  11:30~13:30 グループに分かれて昼食・施設見学(各60分)

                見学コース①雑草と里山の科学教育センター(説明と温室見学)

                         ②ロケ地ツアー、バイオサイエンス教育研究センター

(ツアーは峰が丘講堂、庭園、UUプラザ)

                          ③附属図書館、EPUU(基盤教育英語プログラム)

               昼食は、学生食堂を利用

  13:40~14:40 模擬授業(農学部・工学部、60分)

学部名

講   座   名

講師名

会 場

「バイオテクノロジーが切り開く、生命科学研究の最先端」

松田 勝先生

5号館1121教室

 「工学とは何か」

佐藤正秀先生

5号館1122教室

  14:50~15:00 閉会式(多目的ホール)
17:09
2013/11/13

平成25年度 大学出張講義

| by 管理者Y

10月24日、8大学から11人の先生をお招きし、2年生を対象にして本校で講義をしていただきました。

この大学出張講義では、午後の授業の時間帯を利用し生徒が自分で選んだ2つの講義を受講します。講義の内容は文学、心理学、経済学、法学、国際学、教育学、理学、農学、工学、医学と多岐に渡り、いずれの講義もとても興味深いテーマを用意していただきました。生徒たちは迷いに迷いながら2つの講義を決めていました。

実際の講義では、音楽が流れてきたり、化学実験をしたり…と、高度な内容ながらも生徒たちは楽しそうに講義に聴き入っていました。また、大学の紹介やキャンパスライフについて話してくださった先生もいらっしゃり、こういった機会でしか聞けないお話をいただくことができました。

 大学での学問に触れ、大学や将来のことについて、より具体的に考える良いきっかけになったのではと思います。

 講義をしてくださった先生と講義内容は、以下のとおりです。

 

法政大学      尾谷 昌則先生    外国人から見た日本語の特徴

跡見学園女子大学  松嵜 くみ子先生   「わかっちゃいるけどできない」を「できる」にする工夫

白鴎大学      藤井 健先生     ディズニーランドに学ぶ経営学

新潟大学      須川 賢洋先生    サイバー犯罪関連法入門

宇都宮大学     渡邉 直樹先生    Globalization時代のCommunicationに対応する!

宇都宮大学     丸山 剛史先生    日本の学校教育・教育課程を考えるときのポイント

東京大学      鍵 裕之先生     地球の内部は何でできているか

山形大学      佐藤 英世先生    体にいい食べものは、どんな働きをするのか?

-活性酸素と病気・老化-

山形大学      東山 禎夫先生    技術者になること、工学部で学ぶこと

埼玉大学      松岡 浩司先生    インフルエンザウィルスに感染しないための薬剤の開発

新潟大学      村松 芳幸先生    病気の原因と成り立ち


 

 
13:02
2012/10/31

H24年大学出張講義

| by 管理者Su

大学の先生が矢東にやって来た! ~大学出張講義~

1025日に、宇都宮大学をはじめとする7大学から講師の先生をお招きして、講義をしていただきました。

午前中の通常授業の後、心理学、機械工学など全部で12種類の講義を70分、それを前・後半の2回行いました。いつもの授業よりも20分長い講義でしたが、生徒たちは集中力を切らすことなく最後まで聞いていました。講義の内容は高校生にも分かる内容から最先端の研究内容まで非常に幅が広く、中には実験やグループワークを交えるなど、生徒たちの興味をそそる内容でした。また、勉強の中身だけでなく、大学のこと、特に学生生活について楽しそうに語ってくださった先生もおられ、オープンキャンパスでは聞けないようなキャンパスライフについて想像を膨らませた生徒もいました。この出張講義を通して、大学でどのようなことを学ぶのかを知り、将来について考えるいい機会になりました。なお、保護者の受講を募ったところ、9名の方が参加されました。

以下に、今回の出張講義に参加された大学の先生方と講義内容を紹介します。

法政大学              尾谷 昌則先生                  「外国人から見た日本語の特徴」

新潟大学              栗原   隆先生                  「日本昔話に見る人間の気持ちの落とし穴」

                              内田 千秋先生                  「企業不祥事と法」

                              高橋 由明先生                  「遺伝子が教えてくれる病気と健康」

白鷗大学              藤井   健先生                  「東京ディズニーランドから経営学を学ぶ」

宇都宮大学          スエヨシ・アナ先生              「遠くて近いラテンアメリカ」

                              小原 一馬先生                  「遊びの面白さ」

                              尾崎 功一先生                  「自立移動体~車輪型移動ロボットのナビゲーション」

                              里   周二先生                  「大きな雷、小さな雷」

筑波大学              林   久喜先生                  21世紀を生き抜く持続可能な作物生産技術」

電気通信大学      横井 浩史先生                  「サイボーグ技術と医用福祉機械の展開」

埼玉大学              根本 直人先生                  「ナノテクノロジーとは何?」

      

   講師の先生の話に真剣に耳を傾けています         スライドショーを用いての説明です
       

 グループに分かれて何かをまとめているようです     灯台…ではなく、蛍光灯を光らせる実験

 


19:19