中学校日誌
12345
2020/01/07

【附属中】第3学期始業式を行いました。

| by AH
新年 明けまして、おめでとうございます。
本日(1/7)、第3学期始業式を行いました。当初、体育館での実施を予定していましたが、インフルエンザの流行等も心配されることから、各教室で放送による始業式に変更しました。
生徒の皆さんは、17日間の冬季休業をどのように過ごしましたか。そして、元日をどのように迎えたのでしょうか。
新学期を迎えるにあたり、稲葉校長から「式辞」がありましたので、中学生の内容を抜粋し、お伝えいたします。
「中学3年生」・・・いよいよ中学卒業し、高校に進学する年となります。中学校と高校は違います。学年が上がる、学校が上がる、ということは、自分自身の負う責任が増えるということでもあります。知ってのとおり、2年後の2022(令和4年)の4月から、成人年齢が18歳に引き下げられます。皆さんの学年からは、高校3年在学中に成人となるわけです。そのことをしっかりと自覚し、高校入学への準備も怠りなく、この3学期を過ごしてほしいと思います。
「中学2年生」・・・もう4月からは3年生です。中学校の最高学年であり、中高一貫教育校としての充実期に入ります。学習や生活の基盤がしっかりとできているでしょうか。中学3年に向けて、足りないところはないか、これでいいのか、他にやることはないのかなど、自分自身を見つめ、しっかりと基礎期のまとめができることを期待しています。
「中学1年生」・・・きちんとした生活習慣と学習習慣を身に付けていますか?何といっても、このことが基本です。この1年間のまとめを通して、6年間の基礎となるしっかりとした気持ちや姿勢と、学習の基礎・基本を身に付けるよう過ごしてください。また、この学校に入学して初めての冬を迎え、特に遠くから通学している人には寒さがこたえるのではないかと思います。登下校の安全にも十分注意してください。
以上、各学年に対して希望を伝え、「無限の可能性を持つ生徒の皆さんが、大いに成長し、活躍してくれることを期待しています。」とまとめました。
最後になりますが、生徒や保護者、教職員にとって、健康で実りの多い1年になりますよう、お祈りしたいと思います。

<追伸>
気象情報によると、7日は気圧の谷や湿った空気の影響により曇りで、午後は前線の影響により雨や雪が降る見込みです。8日は、低気圧や前線の影響により雨や曇りになる見込みのようです。
 状況によっては、メールやHPで授業開始時刻の変更がありますので、決定次第、ご連絡いたします。
09:49
2019/12/20

【附属中】第2学期終業式が行われました。

| by AH
本日(12/20)、第2学期終業式が、本校東雲ホールで行われました。
インフルエンザの流行により、生徒への蔓延防止のため、高校1年生のみが東雲ホールに入り、他の高校生と全中学生は、自教室で画像配信により終業式を行いました。
終業式前には、表彰式(地区大会優勝以上)が行われました。地区大会、県大会、国際大会での活躍により、多くの生徒が表彰されました。
他校に比べると、若干早い冬休みに、生徒たちには笑顔が見られました。
明日から17日間の長期休業になりますが、今年1年間を振り返り、新年には「志」を新たにして、夢や希望が叶うことを祈っています。
【表彰式の様子】
    
【終業式の様子】
   
13:17
2019/12/09

【附属中】伝統文化教室(琴・尺八)が行われました。

| by AH
12/9(月)から3日間、音楽の授業において伝統文化教室として、専門家の指導者から「琴」と「尺八」の指導を各クラス3時間ずつ受講します。
「琴」は福田智世先生が、「尺八」は福田智先生が、演奏と実技指導を行ってくださいました。1年生はどちらも初めての経験の生徒がほとんどで、四苦八苦しながら、楽しんでいました。
    
20:21
2019/12/05

【附属中】第3学年保護者会を行いました。

| by AH
12/5(木)午後、本校東雲ホールにおいて、第3学年保護者会を実施したところ、多くの保護者の方に参加いただきました。
・前半は、マロニエ医療福祉専門学校の作業療法学科長である渡邉厚司先生を講師に招いて、心の健康教室『こころのサインに気づいたら ~思春期・青年期の子どもへ親のできること~』を行いました。思春期・青年期は「自分自身になっていくための通り道」であり、その通り道の隠されたテーマの一つは「親離れ・子放し(離れ)」であるので、親としてできることとして、コミュニケーションの「道具」を、実演を交えて、紹介していただきました。
・後半は「保護者会」に入り、学年部長と校長からのあいさつの後、各担当から「2学期の学習の様子と冬休みの学習について」、「2学期の生活の様子と冬休みの生活について」、「その他(健康指導、卒業式関係、進路関係)」などを行いました。
    
13:11
2019/12/05

【附属中】2年生が「性に関する指導教室」を行いました。

| by AH
12/5(木)午後、2学年生徒を対象に、2クラス合同の学級活動で「性に関する指導教室」を行いました。
講師は、思春期応援隊・助産師の森屋佳代先生で、「自他の命の大切さを知ろう」をテーマに、生命誕生の内容で実施しました。森屋先生はパワーポイントの画像を使い、分かりやすく優しい口調で話しをしてくださいました。また、江連養護教諭が赤ちゃん人形と妊婦体験エプロンを用意し、生徒たちは妊婦の体験や赤ちゃんを抱っこする体験を行うことで、優しい表情になっていました。
     
13:09
2019/12/03

【附属中】第2学年保護者会を行いました。

| by AH
12/3(火)の午後、「授業参観」と「保護者会」を本校の東雲ホールで開催したところ、多くの保護者の方に参加していただきました。
・まず、「授業参観」ですが、2クラス合同の「学級活動」で、2名の外部講師を招いて人権教育を行いました。なお、例年でありますが、12/4から12/10まで人権週週間が展開されます。
 ①人権擁護委員協議会の藤田一夫様から「人権に関する講話」を行いました。「考えよう相手の気持ち」「未来につなげよう 違いを認め合う心」を大切にしてほしいとのメッセージがありました。
 ②NTTドコモの松野真弓様から「スマホ・ケータイを正しく使うために」をテーマにパワーポイントや動画を用いて、分かりやすく講話を行いました。
・次に、「保護者会」ですが、学年部長と校長からのあいさつの後、各担当から「2学期の学習の様子と冬休みの学習について」、「2学期の生活の様子と冬休みの生活について」、「その他(健康指導、立志の集い)」などを行いました。
【授業参観の様子】
     
【保護者会の様子】
  
13:00
2019/12/02

【附属中】第1学年保護者会を行いました。

| by AH
12/2(月)の午後、「授業参観」と「保護者会」を開催したところ、多くの保護者に参加していただきました。
「授業参観」は、1年1組が『理科』の授業「オルゴールの音を大きくする装置をつくる」という内容で行い、生徒は実験を交え、主体的に考えていました。1年2組は「英語」の授業を少人数で2つの教室に分けて、「矢板東高校付属中学校の魅力を発信しよう」という内容を、グルーブの代表が英文で原稿を見ずに身振りを加えて発表しました。
「保護者会」は、学年部長さんと教頭のあいさつの後、資料を用いて、「2学期の学習の様子と冬休みの学習について」、「2学期の生活の様子と冬休みの生活について」、「その他(今後の学校行事、感染症の予防関係等)」などを説明しました。
まもなく2019年が終わりますが、8か月を振り返り、「令和2年」という新年に向けて決意を持てるといいなと思います。
【授業参観の様子】
      
【保護者会の様子】
 
17:45
2019/11/29

【附属中】「税に関する作文」の授賞式を行いました。

| by AH
11/29(金)、本校の応接室で氏家税務署管内および矢板県税事務所管内における「税に関する作文」の授賞式を行いました。
本校では42名が作文を応募し、様々な視点から「税」について考え、作文で表現しました。
そして、本校からは以下の4名の生徒が受賞しました。おめでとうございます。
《受賞者》
・安間 薫さん(3年)「氏家税務署長賞」
・大和田莉央さん(3年)「矢板県税事務所長賞」
・須藤夢叶さん(3年)「栃木県納税貯蓄組合連合会長賞」
・平山陽菜さん(3年)「氏家税務署管内納税貯蓄組合連合会長賞」
  

13:54
2019/11/27

【附属中】3年生を対象に、心の健康教室を行いました。

| by AH
11月27日の午後、マロニエ医療福祉専門学校の作業療法学科長である渡邉厚司先生を講師に招いて、心の健康教室『こんな時どうする? ~自分自身をもっと大切にしよう~』を行いました。「自分の気持ちを大切にしながら、他の人とコミュニケーションをとれるようにすること」などを目的として、約1時間40分、生徒たちは、一生懸命に話を聞き、演習を行っていました。
渡邊先生には、12月5日(木)の3学年保護者会でも御講演をしていただきます。

14:40
12345