日誌

学習合宿 >> 記事詳細

2014/09/19

平成26年度 筑波大学オープンキャンパス

| by 管理者Y

筑波大学オープンキャンパス

平成26年8月23日(土)国立筑波大学に男子48人女子35人の計83人でオープンキャンパスに参加してきました。

生徒は人文学類、日本語・日本文化学類、国際総合学類、生物学類・数学類、物理学類、化学類、工学システム学類、情報メディア創成学類、医学類に分かれて、各学類の教授や学生から説明を受けました。説明はわかりやすく、丁寧だったと好評でした。午後は模擬授業に参加したり、大学内の施設等を思い思いに見学しました。校内は広く、歩いて見て回るには大変でした。オープンキャンパスの運営は、筑波大の学生が仕切っていましたが、高校生の参加者にも親切かつ熱心だったので、とても好感が持てました。

生徒たちも、短い時間でしたが、充実した時間を過ごしていたようでした。



筑波大学正門 伝統と格式を感じます。東京教育大学から改名してちょうど40周年に当たる年だそうです。


校内をみんなと歩き回ったり、筑波大の学生に案内してもらったりしました。


実際の説明会の一部。この中に入れなかった人は外のホールで音声が聞けました。
工学システム学類の説明会にOBで知り合いの学生がいました。親切に対応してくれました。

学校敷地内の様々な施設も素晴らしいものでした。


とても広くてきれいな中庭です。あまりの広さに学生は校内を自転車で移動。


総合研究棟、施設内にいくつもありました。         企業と連携して研究する施設。ベンチャービジネスラボラトリ。


筑波大学学生専用、陸上競技場。              人工芝のサッカー場。女子サッカー部が練習中。


中央図書館。1Fにはスターバックスもありました。     図書館のロビー。レポートの作成などにパソコンが自由に使えるそうです。かなりの台数ありました。


図書館奥にある学生の自習スペース。ものすごく落ち着いた雰囲気でした。
自由閲覧用に英字新聞などが多数置いてありました。


日本講道館柔道の創始者である嘉納治五郎氏の像。  この日の学食のランチ。アジアンテイスト風。メニューも豊富で630円でした。

とにかく広大な敷地に充実した施設、なにより自発的に活動する学生が多く見受けられた筑波大学に、本校の生徒たちも大いに刺激を受けたようで、素晴らしい体験になったと思います。


12:11