新着情報
 機械科3年1組、2組において、技術コンクールを実施しました。  実施種目は、「旋盤」「シーケンス制御」「溶接」「製図」の4種目です。  旋盤は60分で段付き丸棒の製作を行い、シーケンス制御は60分で与えられた 課題の回路を作成し、動作確認とタイムチャートの作成を行いました。  溶接は2年生の時に実施した突合せ溶接、製図は3年生の1学期に実施した機械 製図検定2次試験になります。  3年間の総まとめとして、安全作業を意識し各種目に取り組んでいました。  卒業後も、足工で学んだ知識や技術を生かして、頑張ってください!  
 1月26日(木)、足利中央特別支援学校にて、缶つぶし機の贈呈をおこないました。   この缶つぶし機は、課題研究の授業の一環で、支援学校からの要望をお伺いしながら製作を進めました。その為、要望を1つずつ解決しながら設計・製作しましたが、強度不足が判明したり、缶が潰せなかったりと、試行錯誤の連続でした。しかし、グループで協力し改善することで、本日の贈呈式を無事迎えることができました。  贈呈式では、支援学校の皆さんから、心温まるお礼の言葉等を頂きました。また、缶つぶし体験時には、とても素敵な笑顔を見せて下さり、課題研究の達成感を深く感じることができました。このような交流が今後も続くことに期待したいと思います。  
◆主催の愛知県のHPで全国に公開募集が始まりました。 「第2回 高校生ロボットシステムインテグレーション 競技会の参加チーム校を募集します」  詳しくはこちらへ → https://www.pref.aichi.jp/press-release/robot-si-league/2023kokobosyu.html ◆前回の最優秀賞を受賞した本校チームが大村知事と一緒に募集チラシの表紙を飾っています。  (残念ながら学校名の記載はありません。)  募集チラシはこちらへ → https://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/444893.pdf
 12月13日(火)に、産業デザイン科3年生の課題研究発表会を実施しました。発表テーマ10件のどれもが地域課題の解決に向けたデザインで、発想、試作、評価、改善を図ってきたものです。  パワーポイントでの提示も工夫され、わかりやすく、堂々とした発表態度でした。別会場にてオンライン見学となった2年生は、来年の自分を想像して今から楽しみにしている様子でした。 <発表テーマ> ①(二段目左)作品製作 足利市の魅力を発信!    ~パンフレット「着物で足利巡り」作成~ ②(二段目右)作品製作 足利中央特別支援学校との協働による製品開発 ③(三段目左)作品製作 文化財庭園御朱印 「御庭守之印」の制作 ④(三段目右)作品製作 「足利浪漫の会」のデザイン支援 ⑤職場実習 丸信金属工業株式会社 ⑥高大連携 栃木県内の蔵に関する研究 ⑦作品製作 デザインの面白さを伝える出前授業の計画 ⑧作品製作 足工フェアのポスター及び東日本高校デザイン教育研究会のロゴマーク作成 ⑨作品製作 染色と捺染による製品づくり    ~チャレンジショップでの販売を目指して~ ⑩作品製作 古い型紙のデータ化と活用方法の研究         ...
 電気システム科2年の電子機械コースでは3DCADソフトウェアであるSolidWorksの使い方の習得と、3Dプリンタによる造形の実習を行っています。  はじめに、3DCADにおけるモデル造形の原理やSolidWorksの使い方を学んでいきます。その後、SolidWorksの扱いに慣れてきた段階で、3Dプリンタ用のモデル製作を行います。  「ペン立て」を課題とし、台座の幅や高さなどのレギュレーションに収まるように作っていきます。  また、本校に導入されている3Dプリンタは「熱溶解積層方式」というもので、下から積み上げるようにプリントしていくため、突出した部分やアーチ状の造形は苦手です。        ☝☝形不良で下の部分が垂れてしまっている  このような造形不良が起きないようにモデルを考えていきます。                 生徒作品     ※令和3年度電気システム科2年電子機械コース(現3年生)の作品です。