国指定 てつとうば
工 芸 品 鉄 塔 婆
クリックすると拡大 指定年月日 昭25・8・29
所在地 宇都宮市大通
管理者 清巌寺
制作時期 鎌倉時代
アクセス方法 JR宇都宮駅より徒歩10分
公開状況 公開可(要事前連絡)
高さ332.7cm、幅32.0cm、厚さ5.2cm。一般的に塔婆は木製のものや石製のもの(板碑・板石塔婆)は数多く見受けられるが、鉄製のものは現在までのところ清巌寺のものしかない。またこれだけ大型の鋳鉄製の塔婆を制作できることは、当時の鋳造技術の優秀さを物語るものとなっている。表面には、上部に梵字2字と来迎の阿弥陀三尊を半肉彫りに陽鋳し、その下に四句の偈文(げぶん)があり、中部には願文がやはり陽鋳によって鋳出されている。その願文には「母は四恩の先なり、孝は百行の源なり・・・」で始まる文があり、このことから、正和元年(1312)に当時の宇都宮城主であった貞綱が、母親の一三回忌にあたって、供養のために建立したものと考えられている。当初は宇都宮氏の菩提寺で田川の東側にあった東勝寺に奉納されたが、東勝寺が廃寺になったため、清巌寺に納められた。清巌寺では、本堂の正面東側に露天で置かれていたが、嘉永2年(1849)8月に、暴風のため倒壊し三つに折れてしまったため、明治44年(1911)鉄の枠をもって修復した。また第二次世界大戦後には、境内の南側に覆屋を設けてその中に移転したが、近年本体に錆が目立ってきたため、本体自体に錆止めの保存処理を施すとともに、温湿度を一定に保てる収蔵庫を建築し、その中に再移転した。

国指定一覧へ戻る 県指定一覧へ戻る 市町村別一覧へ戻る