家康が目指した世の中は実現したのだろうか

操作説明(表示する)

概要(表示しない)

本キットは、日光東照宮のいろいろな場所に表された,江戸の思想や,政治に対する考え方,社 会観などについて,日光東照宮の見学や下野新聞の日曜版で連載中である資料も活用し,家光は江 戸の世をどんなふうにしたいと考えていたかという願いを考える活動を入れることで,よりよい社 会のあり方について,自分なりの考えをもち深め合い,社会に働きかける力を育てていきたいと考 える。そこで、家光の言葉と,家光が祖父家康のために改修を行った日光東照宮から,家光の願い に迫っていきたい。

また、3代将軍家光が確立した江戸幕

単元計画(表示しない)

・家光の言葉や東照宮見学等を生かして学習の見通しをもつ。(1時間)

・徳川家光が行った政策について調べる。(5時間)

・家光がめざした世の中について考える。(2時間)

目標(表示しない)

1.身分制度の確立,貿易の取り締まり,町人文化の発達などから,家光がどんな世の中を目指していたのか考え,その世の中が実現したか,学習したことを活用して話し合い,江戸時代についてまとめる。(思考・判断)

具体の評価規準(表示しない)

番号 おおむね満足 十分満足 支援の具体策 評価方法
1

身分制度が確立したことや,町人文化が栄えたことなどについて学習を振り返り,家光が目指した世の中について考えをまとめている。

大名の統制,身分制度による支配,鎖国等の政策が,長く安定した時代をつくる基盤となったことを関連づけて,家光がめざした世の中について考えて書いている。

資料の参考部分を具体的に示し、考えさせる。

ワークシートの記述分析

展開(表示しない)

学習内容 時間 学習活動 指導上の留意点
・本時の学習課題を把握する。  5

1 学習のめあてを確認する。

2 本時のめあてを確認する。

調べたことをもとに、江戸時代はどんな世の中だったか、家光はどんな世の中を願っていたのか考えよう。

・ 学習計画表を使って終末の学習であることを確認する。

○学習計画表

T 家光は264年続く江戸時代をどのような世の中にしようと考えていたのか話し合おう。

・今まで学習したことを確認する。

○ワークシート

T 家光は、何のために、このようなことをしたのだろう。

o大名に対してしたこと

o農民などに対してしたこと

o外国に対してしたこと

3 家光の政策にこめた願いについて考える。 10

3 家光は、どんな願いをもっていたか書く。

・徳川に逆らわないように

・徳川の世の中が長く続くように

・くらしがよくなるように

・日本がまとまるように

◇ 家光がめざした世の中について自分なりの考えを書く。

(ワークシートの記述分析)

○栃木ふるさと学習資料集「日光東照宮」

4 家光の願いを考え、江戸幕府の支 配体制の確立について考える。
5 話し合ったことをもとに、家光が めざしていた世の中が実現したかまとめる。
25

4 家光の願いについて話し合う。

(グループ)

(一 斉)

5 グループで話し合ったことを発表し合い、家光の願いについて考えをまとめ、願いが実現したか考える。

T 家光は、どんな願いがあって、大名や農民などにきまりを作ったり、鎖国をしたりしたのか考えたことを発表しよう。

◇ 家光がめざした世の中について自分の考えとそう考えたわけについて話したり、ワークシートにまとめたりしている。(発言・ワークシートの記述分析)

※ワークシート

・厳しいきまりや取り締まりだったけど、それがあったから、平和な世の中が長く続いたのかもしれない。

・本時の学習を振り返る。 5

5 ワークシートに本時のまとめを記入する。

・ 本時のまとめと自己評価を記入させ、次時への意欲付けをする。

※ワークシート

関連ファイル(表示しない)

分類 資料名 種類 概要
指導案指導案
ワークシートワークシート
研究の報告研究報告
Total:007638 Today:002 Yesterday:001