栃木県立上三川高等学校

 

お知らせ

 R2.4.14


今日から始まりました『晴れ ときどき 制服』のコーナー。

 

YOUのハートにストライク!

本校職員が、あなたの心に突き刺さるメッセージをHPに掲載いたします。

長期の休業が続く中、
保護者の皆様、生徒の皆さんの不安を少しでも解消できれば…

学校の様子や本校職員の考え等を少しでもお伝えできれば…

との思いから企画をスタートしました。

 

リレー形式で、毎日執筆担当者が変わりますので、楽しみにチェックしてみてください。

 

1日目の今日は本校職員の決意を記しておきます↓

 

 こどもたちの未来を

 ろうを いとわず

 なにがあっても

 にげずに

 まもる

 けんしょくいん としての

 ルールとプライドを もって

 なすべきことを なす

 

 本校職員は生徒の未来、教育の未来を本気で考えています。

生徒の皆さんも、上高生であることを忘れず、今何をすべきなのかを本気で考え、
自分の進路実現や資質向上のために時間を使ってください。

 

 外は晴れ。花の舞う桜の枝先でメジロがたわむれていました。春ですね。

たまには、家で制服に袖を通し、机に向かうのも悪くないのでは?

 

「いつも心に上高を…」
               教職員一同

                                               

 

日誌

晴れ ときどき 制服 >> 記事詳細

2020/05/01

私のきっかけ(清水厚宏先生)

| by 管理者
 みなさん、こんにちは。4月に上三川高校に着任した清水厚宏です。初めてですので簡単に自己紹介を…
 教科は地歴公民です。今年度は2年生の日本史を担当します。高校のときは吹奏楽、大学ではオーケストラでコントラバスという楽器を弾いていました。

 私が地歴公民の先生になろうと思ったのは、歴史に関わる仕事をしたいと考えたからです。小学生の頃、テレビのチャンネルを無理矢理回され、「功名が辻」という大河ドラマを見ました。最初は、つまらない、と思っていたのですが話が進むにつれて、なんだかおもしろい…。それをきっかけに歴史に興味を持ち、歴史に関わる仕事がしたい、と思い地歴公民の先生になりました。

 みなさんは今、興味を持っていることはありますか?教科に関すること、部活動、趣味などでしょうか。しかし、今はなくても構いません。高校生の間に、あるいは今後、きっと見つかるでしょう。そのなかの、どのような「きっかけ」が自分の未来に影響するかは、あとにならないとわかりません。ぜひ、好きなものに夢中で取り組んでみてください。きっといいことがあると思います。楽しい高校生活を!




                地歴公民科 清水厚宏

11:00 | 投票する | 投票数(14)