栃木県立上三川高等学校

 
社会福祉部
  社会福祉部は、ボランティア活動を通して、周囲の人と触れ合うことでコミュニケーション力を身につけることができ、さらに他と協力することの大切さを知ることのできる部活です。
 部員たちは、校内でのペットボトルキャップの回収、月に一度の上三川町立図書館での工作会、ドナルド・マクドナルドハウスでの補助活動を中心にたくさんのボランティア活動に参加しています。
 ペットボトルキャップは回収後、特別支援学校の児童生徒たちの実習に使用されます。図書館での工作会は、参加してくれる子どもたちのため、身の回りの物でも簡単に楽しく工作ができるよう、部員皆で毎月テーマを考え、工作会を実施しています。マクドナルドハウスは、お子様が長期入院しているご家族のための滞在施設で、部員たちは月に数回、ハウスの運営補助のお手伝いをしています。
 その他、上三川町のさまざまな団体主催によるサマースクール、ケアサポートセンタービスケットでの利用者支援、社会福祉法人先心会の納涼祭、とちぎユースボランティア、第77回国民体育大会広報ボランティア、特別支援学校主催の「学校支援ボランティア養成講座」、ふれあい福祉祭りなど、多数のボランティア活動に積極的に参加していま

《おしらせ》
新型コロナウイルス感染予防のため、しばらく上三川図書館での工作会は実施しません。工作会を楽しみにしているお子様のため、部員が「家庭でもできる工作動画」絵文字:映画を作成しました。ぜひ時間のあるときに親子でご覧頂き、工作してみてください。R3.1.22

https://youtu.be/PMViOv4jm1A

↑リンクはこちらから


 
社会福祉部 活動記録 >> 記事詳細

2017/11/20

上三川町ふれあい健康福祉まつり

| by 管理者
 11月11日(土)、上三川いきいきプラザにてふれあい健康福祉まつりが開催されました。
 このイベントには上三川町社会福祉協議会から依頼があり、社会福祉部の生徒9名、放送部の生徒1名が参加しました。
 様々な団体による出店やパフォーマンスが行われる中で生徒達はスタンプラリー、車いす体験の受付やきぐるみを着てのパフォーマンス、その補助、アナウンスなどの活動を行いました。
 強風で終了が1時間早まるなどのトラブルもありましたが、それぞれが自分の力を発揮して精力的に活動していました。




16:16 | 投票する | 投票数(8)