上三川高日誌

上三川高日誌

華道部

 華道部は、現在1年生1名、2年生3名、3年生9名で楽しく活動しています。
 流派は池坊で、講師の先生をお迎えして月2回、月曜日の放課後に家庭経営室で、その季節に合った花を活けています。先生のお手本を参考にして同じ花材を使って活けますが、それぞれ個性が出るので楽しみです。部員はみな初心者から始めた人ばかりです。
 校長室や玄関にも作品を飾らせてもらってます。是非ご覧になってください。

2022春!!(書道部)

 新入生の皆さん、
改めましてご入学おめでとうございます!!

   現在、書道室付近フロアの壁面は、<3月>卒業にちなんだ壁面飾りから今度は新入生をお迎えした<4月>の壁面飾りに様変わりしました。
 4月限定の展示になります。新入生の皆さん、どうぞ書道室付近のフロア壁面にご注目下さい!!  そして、新入生の入部を部員一同、心よりお待ちしています(*^_^*)
 <3月>
                        


     <4月>
                         
  

 令和4年度も
部員一丸となって
真っ黒になりながら、
元気に活動していきます。
今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m


   

 

入学式を挙行しました

161名の新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!


晴れ渡る青空のもと、令和4年度入学式を挙行しました。
桜の花も満開に咲き誇り、新入生の入学を祝うかのようでした。

 

 

今年も感染症対応のため、入場できる人数を制限しての式典となりましたが、式に臨む新入生の皆さんの態度や新入生代表誓いのことばも立派で、規模は小さいながらも厳粛で、あたたかな式典となりました。

上三川高校へ入学された新入生の皆さん、また保護者のみなさま、改めて、ご入学おめでとうございます。
新入生の皆さんには、来賓の同窓会長さま、PTA会長さまからのご祝詞にもあったように、柔軟な発想と行動力やチャレンジ精神を身につけることを期待するとともに、これからの高校生活が実り多きものになるよう、お祈りしています。

上三川高校の桜が満開です



新年度の4月となりました。上三川高校に植えられた桜の木が満開となり、春の訪れを感じさせます。


 ~ 世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし ~
                      在原業平『古今和歌集』より

桜を愛するがゆえに物思いがたえない心を詠んだ歌、として有名な和歌ですが、入学式や始業式で生徒が登校するまえに桜が散らないよう、職員も気をもみながら桜を眺めています。

自然豊かな上三川高校の魅力を一部でも感じてもらえるよう、写真を掲載します。上三川高校の桜をお楽しみください。

   
  

球技大会

 3月23日(水)前日の雪で実施が危ぶまれましたが、無事、球技大会を実施することができました。
  
 
  
 
  
 各種目上位クラスと総合上位クラスの表彰も行いました。
 今年度をしめくくる良い思い出となりました。

卒業式を挙行しました

3月1日、春の訪れを感じさせる陽光のもと、上三川高等学校の体育館にて卒業生、保護者、教職員、来賓の方々による第36回卒業式が挙行されました。

在校生は2年生のみ教室でのオンライン視聴参加となり、次第も一部を省略した簡素な形の式ではありましたが、卒業生達の所作の一つ一つが立派で、在校生・卒業生代表によるによる送辞、答辞も大変素晴らしいものでした。
答辞・送辞にもあったとおり、『苦しい状況を乗り越えてきた』卒業生のみなさんには今後の人生のご活躍を、また、在校生のみなさんには『「愛する」を校訓に掲げる、温かく、優しい、上三川高校の伝統』をこれからも守り、『先輩方の母校として誇れる存在となるよう、努力』していくことを期待しています。


 
 
 
       


155名の卒業生のみなさん、そして保護者のみなさま、ご卒業おめでとうございます!

予餞会を実施しました!

 2月1日 体育館にて3年生を送る会である予餞会が実施されました。
感染防止対策を徹底し、体育館には3年生と新生徒会役員、放送部のみが入場しました。 

 予餞会では1,2年生と教職員による3年生に向けたメッセージ(折り紙アート)が披露されました。
また部活動の後輩からのビデオメッセージや3学年教員による歌と演奏、卒業記念品等の贈呈、
そして放送部による高校生活を振り返るスライドショーなど体育館は盛り上がりをみせました。

新生徒会役員が決定しました!!

去る12月8日(水)に新生徒会役員16名の任命式が行われ、
新役員一人ひとりが校長先生から任命書をいただきました。
新会長から「私たち16名の新生徒会役員は、上三川高校と
上高生のために精一杯活動していきます。
1年間、よろしく
お願いします。」と、力強い抱負が述べられました。



そして、12月23日(木)の第2学期終業式にて、役員紹介を行いまし
た。久しぶりに3学年が一同に体育館に入り、全校生徒の前で役員紹介が
できたことに喜びを感じました。


放課後には、新役員全員で昇降口に立ち、歳末たすけあい募金の募金活動
を行いました。1日限りの募金とはなりましたが、多くの生徒、職員から
協力をしてもらい、その日のうちに送金をすることができました。ありが
とうございました。わずかな時間の活動でも、社会の役に立てたことを実
感することができました。

選挙後

 衆議院議員選挙が終了し、本校でも多くの3年生が投票に行ってきました。
 選挙時だけでなく今後の政治にも興味を持とうとこのような試みがなされています。
 皆様々な思いをもったことがわかりました。
  
 
  各紙面の比較も勉強になりました。

選挙にむけて

 10月31日(日)には衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査が実施されます。本校の3年生も多くが初めての投票に向かうことになります。
 そこで3年生がよく通る通路に、啓発のためこのような試みがなされました。

      

    
 教室にも掲示されています。

   
 11月2日(火)には生徒会役員選挙も実施されます。
 こちらも本校の将来を決める大切な選挙です。しっかり検討して投票して下さい。
 

令和3年度体育祭

 去る10月7日(木)、令和3年度体育祭が行われました。
 緊急事態宣言が解除になり、生徒たちが皆感染対策に努めた結果、開催することが
できました。実施に当たっては、実行委員会および生徒会が中心となり、コロナ感染
対策を徹底させながら企画運営し、クラス対抗で全9種目を戦いました。
 久しぶりの学校行事ということもあり、クラスが一丸となって優勝を目指しまし
た。実行委員会企画の「狩り人狂争」では、お題にあった生徒が次々と狩られる中、
校長先生・教頭先生をはじめ多くの教職員も容赦なく狩られていく光景が印象的でした。
 コロナ禍の中、無事に体育祭が行われたことへの感謝の気持ちを忘れず、普段の
学校生活もさらに充実させていこうという決意を新たにした一日となりました。






<競技結果>
    1位 2年4組 290点
 2位 1年3組 222点
 3位 2年2組 210点

 閉会式では、この体育祭をもって退任となる生徒会役員を代表して、生徒会長から
1年間の生徒会活動への協力に対し、感謝の気持ちを全校生に伝える場面がありまし
た。
1年間、ご苦労様でした。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

二学期が始まりました


8月30日(月)に、令和3年度の二学期が始まりました。

緊急事態宣言下であり、これまで以上に感染防止に努めながらの学校生活となりますが、久しぶりに級友たちと顔を合わせることができました。

今年は、40日間の夏休みであり、後期課外が中止となったあとに始業式を迎えました。
始業式は、放送で行われ、その後実力テストが行われました。

様々な制約がある中ですが、学習の秋、読書の秋、スポーツの秋に、各自ができることを考えて取り組んでいきましょう。

壮行会と終業式が行われました

7月20日(火)令和3年度一学期終業式が行われました。

終業式に先立ち、関東大会に出場する陸上女子円盤投げの選手と、水泳の男子と女子の選手の壮行会が行われました。水泳は今日と明日、陸上は8月にいずれも栃木県で関東大会が開催されます。日頃の練習成果を発揮してください!

続いて、終業式です。密を避けるため、校内放送で行われました。
一学期を振り返り、皆安全に留意して過ごすよう努めたこと、新型コロナウイルス感染症については、夏休み中も引き続き感染予防に努めること、社会とつながる体験活動、地域活動に積極的に参加すること、進路実現に向け、計画的に学習に臨むこと、等の話がありました。

期末テストが行われました

 6月24日(木)~29日(火)まで、一学期の期末テストが行われました。
直前まで部活動の県大会が行われるなど、忙しい日々でしたが、日ごろの学習成果が反映されることと思います。

結果を踏まえて、学習方法や時間を改めて確認していきましょう。

中間テストが行われました


5月18日(火)~21日(金)まで、中間テストが行われました。
問題に真剣に取り組む姿が見られました。
特に一年生は、入学後初めての定期テストです。
緊張の面持ちで、時間いっぱいまで頑張っていました。

最終日の3時間目に、下野警察署の警察官から、
交通安全と薬物乱用防止について、それぞれ御講話をいただきました。
伺ったことを参考に、安全に過ごしてほしいと思います。

始業式が行われました


4月8日(木)、令和3年度の始業式が行われました。

新型コロナウイルス感染症対策のため、生徒は各教室の自席で、放送により行われました。
校長式辞の中で、今年度も新型コロナウイルス感染症対策に努めながら、学業や部活動などに励むこと、一人の高校生として、家族の一員として、上高生として、地域の住民として、各自何ができるかを考え、行動しようとありました。

続く対面式、生徒会入会式も放送で行われ、生徒会長が歓迎の言葉を述べ、ともに高校生活を充実させようと呼びかけました。

次いで、離任式は、新2年生、新3年生が体育館に集合し、離任される先生方をお見送りしました。
おいでいただいた先生方から、それぞれ上高で過ごした思い出や上高生への期待など、熱い言葉をいただきました。ありがとうございました。

入学式が行われました


4月7日(水)に、第38期生の入学式が行われました。
ご来賓として同窓会長、PTA会長のお二方にご出席いただきました。

160名の新入生は、緊張の面持ちでしたが呼名にしっかり応え、入学が許可されました。
新型コロナウイルス感染症対策のため、保護者の方々もマスク着用の上、座席指定等、ご協力いただきました。
厳粛ながら穏やかな入学式となりました。

入学式ののち、オリエンテーションやPTA入会式等も行われました。

桜が満開になりました!


上三川高校の校庭の桜が満開になりました。
3月18日ごろに綻び始まった今年の桜は、温かい日差しを浴びて満開です。
少し風が吹くと花吹雪となり、サッカーコートや野球場を彩ります。
 

  

正門の並びには、椿と桜が競演しています。中庭のヤシオツツジも見頃です。
春爛漫です。
 

上三川高校の授業風景

3月になり、気候もだんだん春めいてきました。
そろそろ今年度も終わりに近づいてきていますが、今日も上三川高校では生徒たちががんばって授業に取り組んでいます。
今日は、日々の授業風景の一コマを集めてみました。上三川高校の雰囲気を感じてもらえれば幸いです。

  
体育 グラウンドでソフトボール。球技大会に向けて熱が入ります。

  
国語総合 漢文「完璧(璧を完うす)」訓読文を書き下し文にしています

  
物理基礎  紙で羽を作り、空気抵抗を調べる実験をしています

撮影協力:1年1組 1年2組

高校生サミットin栃木2021に参加しました

  3月14日(日)開催された「高校生サミットin栃木2021」に、本校生4名がオンライン参加しました。
  「高校生サミット」は、東日本大震災の教訓や学びをこれからも伝え、つないでいくということを目的として栃木県社会福祉協議会、UP(宇大生プロジェクト)、とちぎ福祉教育研究会が主催しているものです。今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止対策ということでオンラインでの開催となりました。
  会では、被災者の方のお話やボランティア団体の方の話を聞き、防災・減災に関するクイズなどに取り組みました。
  会を通して、参加した生徒たちは自分のいのち・大切なものを守るための防災・減災の大切さへの理解を深め、そのために自分たちに何ができるかなどを考えるきっかけになりました。
教室からZoomでオンライン参加しました

同窓会入会式が行われました

2月26日(金)に同窓会入会式が行われました。

同窓会長をお迎えし、穏やかな雰囲気の中行われました。
同窓会長さんからお言葉と記念品をいただきました。

各クラス2名ずつの理事が選任されました。

卒業式が行われました


3月1日(月)、春の訪れを告げる穏やかなお天気のもと、上三川町町長、同窓会会長、PTA会長を来賓としてお迎えし、上三川高等学校第35回卒業証書授与式が、本校体育館を会場に行われました。

当日は快晴となりました   たくさんの祝詞をいただきました
たくさんのご祝詞・祝電をいただきました。会場の内外で祝っていただき、ありがとうございます。

感染症対策のため、全員マスクを着用し、在校生は教室で中継を見守ることとしました。保護者の方は、お子さんの出席番号順に座席指定で座っていただきました。

ビデオカメラを設置し、教室にオンラインで中継できるようにしました 

卒業生は、態度も立派で、成長した姿を見せてくれました。おめでとうございます。今後の活躍を期待しています。

予餞会の写真を掲載します!!

 2月4日(木)に行われた予餞会の写真を掲載します。
 体育館に入場できなかった1・2年生の皆さんに、予餞会の様子が少しでも伝われば
 嬉しいです。            
    
        生徒会長挨拶       1・2年生制作「モザイクアート」 
                     および「桜の花びらメッセージ」
                     
    
     各部活動によるビデオレター       生徒会企画

     
        記念品贈呈         生徒部からの連絡の一幕

      
 放送部制作の3年間の思い出スライドショー

1・2年生に制作していただいたモザイクアート&桜の花びらメッセージは今後、
校舎内
展示します。お楽しみに!!

予餞会が行われました

2月4日(木)、本校体育館において、生徒会主催の予餞会が行われました。

今年は、感染予防のため、3年生と生徒会役員、放送部員が体育館に入りました。
例年は、部活動ごとに舞台の上から直接、餞の言葉やパフォーマンスを、3年生に贈っていました。

今年は、まず1,2年生全員と教職員とで作成した、3年生の活躍を基にしたモザイクアートや、餞の言葉をまとめたものを披露しました。次いで、3年生への感謝の気持ち、旅立ちを祝う気持ちを込めて、各部活動ごとにビデオレターを作成し、それを見てもらう形となりました。
生徒会企画として、3年生各クラス代表へのインタビューや、担任からのメッセージの交歓、記念品贈呈が行われました。
さらに、生徒部長からのお話には、3年生の担任、副担任たちも加わわり、これからの生活の留意点等が、楽しく伝えられました。
結びに、3年間の思い出のスライドショーが行われ、入学時の初々しい姿から、3年生になってのたくましい姿までの変遷が映し出されました。

生徒会の皆さん、放送部の皆さん、制約がある中、企画運営を工夫してくれて、ありがとうございました。

三学期始業式が行われました

1月8日(金)三学期始業式が行われました。
今回も生徒はそれぞれのクラスで着席し、放送により行われました。

校長からは、それぞれの学年のまとめの学期として自覚し、進路実現に向け、知力、体力、気力を養い、学び残しのないよう取り組むこと

新型コロナウイルス感染症が拡大しているさなかであり、引き続き感染防止対策に努めること、また、制約がある中で自分ができることを考え行動すること

交通安全も含め、命を大切に過ごすこと 等の話がありました。

引き続き、生徒部長の話があり、その後、1,2年生は実力テストが行われました。

『高校生中心のまちづくりプロジェクトin上三川』 参加報告

とちぎ高校生地域定着促進モデル事業として実施されている『高校生中心のまちづくりプロジェクトin上三川』に本校生が多数参加しました。

この事業は、「上三川町の歴史や文化、観光資源といった魅力や地域の抱える課題を研究して、『上三川町だから取り組める、高校生たちだから取り組める』視点でのまちづくり活動を同年代の仲間とともに取り組み、上三川町を盛り上げる」という目的で上三川町が事務局となって進めているものです。

詳細は上三川町ホームページから↓
https://www.town.kaminokawa.lg.jp/0044/info-0000002136-0.html


12月19日はその第1回ワークショップということで、【第一部】「上三川町のいいところ、好きなところ探し」をグループワークで研究・発表し、【第二部】「上三川町の中心市街地『まち歩き』に参加してきました。

参加した生徒からは、「こういった機会で実際にまちづくりや魅力発信に関わることができて、とても光栄で貴重な体験ができました」「長年住んでいるまちだけれども、他の人の話を聞くことで新しいことがわかって、とても楽しかった」などの感想が聞かれました。

  

  
 

なお、この模様はCATV(ケーブルテレビ)にて放送される予定です。

(番組名)
 高校生中心のまちづくりワークショップ
  YOU顔マルシェ
(初回放送)
 12月24日(木)12:00~



今後も本校ホームページにおいて情報を発信していく予定(不定期)ですので、本校ホームページの定期的なチェックをお願いいたします。

(地域連携係教員より)

『いちご一会募金活動』の報告


☆社会福祉部より お礼絵文字:ハート
『いちご一会募金』ご協力ありがとうございました絵文字:四人

12月10日(木)放課後 2022年栃木県で開催される『国体』および『障がい者スポーツ大会』への一助として、『いちご一会募金活動』が本校で行われました。多くの生徒、保護者様のご協力により、たくさんの募金が集まりました。袋に入れて家から小銭を持ってきてくれた生徒や、送迎のため車で待っていた保護者の方からも募金をして頂きました。絵文字:晴れ  ありがとうございました。

 


 
送迎のための保護者用の駐車スペースの前で募金活動を行ったため、車が出づらくなってしまい、大変ご迷惑をおかけしました。皆さまのご協力のお陰で、無事に募金活動を終了することができました。募金された金額等につきましては、後ほど生徒を通じてお知らせ致します。また、当日の様子は後日、本校HPの中の「社会福祉部の日誌」においても紹介させて頂きます。・・・『いちご一会募金活動』へのご協力、ありがとうございました。

 
とちまるくんも大喜びでした絵文字:晴れ    上三川高等学校 社会福祉部


期末テストが行われました

12月1日(火)~4日(金)まで、二学期の期末テストが行われました。

これまで学んだことが身についているかどうか、確認するテストです。
来週は、順次返却されます。誤答部分はよく確認し、わからない部分は先生や分かっている友人に質問するなどして、2学期中に手当てしましょう。

❀社会福祉部❀より お知らせ


❀社会福祉部❀ よりお知らせ

  2022年10月に栃木県で実施される「いちご一会とちぎ国体・いちご一会とちぎ大会」に向けて支援金を募るため、『いちご一会募金』を実施します。当日は『とちまるくん』も来校し、募金活動を行う予定です。使わずに残っている一円玉などございましたら、生徒を通じて募金していただけると、とちまるくんも大喜びです。ご協力よろしくお願いいたします。

   
 募金活動について】 
 日時 12月10日(木) 15:40~(放課後)
  場所 本校 自転車置き場前 (雨天時:生徒昇降口)
 
    

新生徒会役員任命式が行われました!!

11月25日(水)に新生徒会役員の任命式が行われました。
17名の役員一人ひとりが校長先生から任命書をいただきました。
新会長から「私たち新生徒会役員17名は、活気のある学校を目指し、
学校と生徒のために精一杯活動していきます。1年間よろしくお願いします。」
と、力強い抱負が述べられました。

  


1年間よろしくお願いします!!


保育園・幼稚園実習に行ってきました!(家庭科)

  「キャリア教育推進事業」を活用して、3年次の「家庭総合」では、下野市内の幼稚園と交流を行っています。園児との触れ合いを通して、子どもとの関わり方について学んでいます
 また、3年選択科目「子どもの発達と保育」では、下野市内の保育園で年間2回実習を行っています。保育士としての視点を持って実習に臨んでいます。

【幼稚園実習】10/20(火)21(水)22(木)23(金)
<朝の活動>最初は緊張していたけれど、すぐに仲良くなりました。
 
<芋ほり>とっても大きなサツマイモを掘りました。みんな泥だらけ。
 
<外遊び>子ども達は元気いっぱい。負けずに全力で遊びました。
 
<室内での活動>絵具で蝶を作りました。鍵盤ハーモニカも上手でしょ。
 


【保育園実習】9/14(月)15(火)・11/4(水)5(木)
 

 

生徒会役員選挙が行われました

10月13日(火)7限に生徒会立会演説会及び役員選挙が行われました。
今年度は密を避けるため、各教室で事前に録画された演説を視聴する形式となりました。
先日届いたばかりのテレビは、映像も音声もたいへん鮮明で、教室の後ろからでもよく分かりました。


                  
               演説視聴中の様子

  


                投票用紙記入



  選挙管理委員による開票作業

 立候補者、応援演説者、録画や機材設定を行ってくれた放送部員、開票作業に携わってくれた選挙管理委員、ありがとうございました。

中間テストが行われました

10月6日(火)~10月9日(金)まで、中間テストが行われました。
受けているときの表情は、真剣そのものです。
期間中は、いつもより早く登校して、教室で学習している人たちの姿も見られました。
3年生の中には、受験と同時進行の人もいました。

随時返却されています。二学期の中間であり、年度の中間でもあります。学習の定着度を確認し、今後に向けて各自対策を立てましょう。

TVが新しくなりました。

 栃木県教育委員会の「高校生学力向上総合支援事業 スタディフロンティア推進事業」の
「アクティブスクールプラン」により、教室内のTVが新しくなりました。




 以前の教室内の様子  


運び出されるブラウン管TV

 
現在の教室内の様子

 現在、全国的な品薄により新しいTV台の納入がもう少し先になりますが、1日でも早く使用出来るようにと、公仕さんが耐震も考慮し、工夫して仮置きをして下さいました。
 最初の使用は、来週の生徒会役員選挙の候補者演説視聴になります。こちらは放送部が録画に協力してくれました。今後は、授業やその他の活動でも活用していきます。

文化部校内ステージ発表


9月4日()に本校体育館で
吹奏楽部、ダンス部、書道部、手芸部によるステージ発表が行われました。

本来ならば全校生徒に対して、また一般公開で多くの方々に活動を発表する予定でした。しかし、今年は
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため実施を検討した結果、体育館には3年生のみが入っての発表となりました。当日は各部それぞれの日頃の活動の成果を発表することができ、体育館は大いに盛り上がりました。


  

  

  

  

文化部校内発表を行っています

8月31日(月)から9月4日(金)まで、文化部の校内発表を行っています。

本来なら、9月の4日、5日に上高祭を行う予定でした。が、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、大勢の方をお迎えする一般公開を中止とするなど、従来とは実施方法を大幅に変えて、実施することとしました。

三密を避けながら、日ごろの活動の成果を発表するにはどうしたらいいか、生徒会と実行委員会とが検討しました。
残念ながら、クラスごとやPTAの皆さんの取組は断念することにしました。

文化部の活動で作品を発表できる書道部、美術部、華道部、手芸部の作品は、5日間、生徒たちの目に触れやすく、通気のいいところに展示しています。
玄関や昇降口に花が飾られ、素敵な空間となっています。

4日(金)に、吹奏楽部、ダンス部、書道部、手芸部のステージ発表が行われ、放送部も音声で登場しました。

  

  

第2学期始業式が行われました

今日から第2学期の始まりです。生徒は冷房の効いた教室にいて、放送による始業式が行われました。
校長からは、二学期を迎えるにあたって、次のような話がありました。
・人生100年時代といわれている中、80年後、90年後を見据えて学びを考え、学習の基盤作りを大切にすること。
・変化の激しい時代に適応できるよう、また困難や課題に直面したときに自分の頭で筋道を立てて判断できるよう教養を高めること。
・学習に加え、自分の心を耕し、体を鍛えることについて、自分自身の成長を意識すること。
・多様な種類の本に接し、読書に親しむことで、コロナ禍の制約を乗り越えようということ。
・暑い日が続き、新型コロナウイルス感染症への対応が続く中、健康留意に改めて気を引き締めようということ。
等の話がありました。

始業式の後、生徒部長から生活上の留意点について講話がありました。

その後、中庭に蝉時雨が響く中、授業が始まりました。

マスク贈呈式行ってきました!(家庭クラブ)

7/31(金)終業式の後、
上三川町のバスにて家庭クラブ代表の10名が手作りマスクを届けに行ってきました。
 

下野市「特別養護老人ホーム ゆうがおの丘」にて。
 

上三川町「特別養護老人ホーム トータスホーム」にて。
 

上三川町「特別養護老人ホーム ふじやまの里」にて。
 

上三川町「特別養護老人ホーム 友愛苑」にて。
 

宇都宮市の施設にも届けてきました。
 
「ケアライフ ゆいの杜」    「トゥルーケアGHハイブリッジ」

「ふくしアクションプログラム」実施の様子(家庭クラブ)

7/22(水)13:10~
上三川町社会福祉協議会より「福祉」について事前授業を受けました。
 

暑い夏、快適に過ごせるよう内側に冷感ガーゼと、外側には高齢者が好みそうな柄をと考え、栃木県の伝統工芸「宮染」の生地を使用してマスクを作りました。
マスク製作の際は、マスク着用と手指消毒をしています。
一つ一つ丁寧に糸の処理や袋詰めをして、約280枚のマスクが出来上がりました。

↓製作の様子↓
  
  
  
  
  

とちぎテレビ21:00~上三川高校家庭クラブ放送予定

本日(7月31日金曜日)21:00~とちぎテレビで放送予定の「ナイトニュース9」おいて、上三川高校家庭クラブの取り組みが放送される予定です。

上三川高校と上三川町社会福祉協議会が協働で実施している「ふくしアクションプログラム」において、家庭クラブ所属の生徒が作成したマスクを社会福祉施設に寄付させていただきました。

その様子が放送される予定ですので、ぜひご覧ください。

令和2年度第1学期終業式


令和2年度第1学期終業式が行われました。
今回は、校長式辞、校歌を校内放送で流す形で行いました。
続いて、進路部長講話、生徒部長講話が行われましたが、生徒はそれぞれの教室で、静かに聴いていました。

その後のLHRでは、各担任から、夏休みの過ごし方等の話があり、通知表、PTA広報誌しらさぎ、コロナウイルス関係のご家庭向けプリント、夏季休業中の生徒心得等が配布されました。

生徒の皆さん、保護者の皆さん、新型コロナウイルス感染症にうつらない、うつさないよう気を付け、熱中症にも気を付けながら、元気に夏休みを過ごしましょう。

期末テストが終わりました


本日14日は、一学期期末テスト4日目、最終日です。
問題と向き合っているときの生徒の皆さんの姿は、写真に撮っておきたいほど真剣な表情でした。

放課後は、さっそく部活動に臨む生徒、テスト後も残って学習する3年生と様々です。

テスト期間からは解放されましたが、梅雨の天気や新型コロナウイルス感染症など、改めて気を引き締めなければいけない状況です。一人一人どうすべきか見直しましょう。

7月になりました

学校が再開されて1か月が経ちました。新型コロナウイルスに対する不安もあるなか、感染予防のために、健康観察、教室の換気・消毒等を徹底しながら、教職員生徒一同安全な学校生活が送れるよう努めています。これまでの学校生活と比べると不便も多く、学校行事の変更等を余儀なくされてはいますが、「学校生活を送ることのできる幸せ」を多くの生徒・教職員が感じているところです。

さて、このところ雨が続いています。湿度・気温ともに高くなることが多く、蒸し暑い毎日です。感染症対応と合わせて厳しい状況が続きますが、紫陽花の花がまだきれいに咲いていました。




書道室の北側、教室棟と体育館を結ぶ通路から見ることができます。厳しい状況が続くなかでも、この季節ならではの花などに目を向け、心に余裕を持っていきたいですね。

 

今週、7月9日からは期末テストが始まります。休校期間が長かった1学期の、大切な定期テストです。生徒の皆さんは悔いのないよう、全力で取り組んでください。がんばれ!上高生!

部活動再開・新入部員歓迎期間

〇部活動再開(限定的)

通常登校と同時に、部活動も限定的ではありますが再開されました。
栃木県から出されている「部活動実施に係る対応マニュアル」にのっとり、活動場所や時間、人数等に配慮した活動をしています。
当面、対外活動等は行えませんが、制限があるとはいえ再開された部活動に、生徒たちも意欲的に参加しています。


〇新入部員歓迎!

1年生の教室がある3階には、各部活動による新入部員歓迎の掲示が貼りだされました。


 

上三川高校には文化部・運動部とも多くの部活動があります。新入生の皆さん、学業との両立を図りながら、ぜひ部活動に参加して仲間とともに充実した高校生活を送りましょう!

生徒総会が行われました


6月9日(火)に生徒総会が行われました。

今回は、生徒が各クラスにおいて校内テレビ放送を視聴する形で実施しました。
朝のうちに資料を配布し、7時限目に生徒会長があいさつと説明を行いました。

今年度は、生徒会行事も延期や実施方法の工夫などが求められています。
生徒の皆さんの提案や意見をもとに、今後の活動を検討していくことになります。

通常登校が始まりました


6月1日(月)からいよいよ通常登校が始まりました。

昇降口では、靴を履き替えると手指の消毒をし、家での検温を忘れた人は非接触型の体温計で熱を測ります。

教職員も生徒も皆マスク姿ですが、笑顔の目元であいさつを交わしています。

1日は、実力テストとLHR。LHRでは年度初めの役員や係を決めたりしました。一年生の半分は、身体計測を行いました。部活動は、まずミーティングを中心に始まりました。

2日から、皆そろっての授業が始まりました。教室は常に窓を開けています。放課後は面談週間として、順番に担任と個人面談をしています。

昼食は、自席で前を向いて食べています。3日と4日は、その時間に教室のテレビでこの春赴任してきた先生の自己紹介が映されました。

休み時間には、再会を喜び合う声が行き交います。衣替えでもあり、半袖シャツ、長袖シャツ、ポロシャツ姿とバラエティに富んでいます。

年度初めに行うことと、初夏に行うことと、限られた時間に工夫しながら進めています。

分散登校を実施しています(5/26~5/29)

5月26日(火)より、分散登校を実施しています。
各クラス、2グループに分かれて交代で登校し、教室で学習に励んだり、課題の提出をしたりしています。

まだまだ通常どおりとはいきませんが、久しぶりの学校生活や友人・先生との再会に、生徒・教職員ともにほっとした表情が見られました。

分散登校実施にあたっては、生徒の健康観察、教室等の換気、手洗い(手指の消毒等)についてなど、安全な学校生活が送れるよう感染予防の取り組みに努めております。
詳しい取り組みについては、トップページお知らせにある「上三川高校生徒・保護者の皆様へ ~授業再開に向けて~」をご覧ください。

授業再開後も当面は感染予防のために気が抜けない日々が続くことになりますが、生徒のみなさん、保護者の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

1学年❀今日の教室の風景❀

こんにちは絵文字:晴れ・・・自宅学習期間が長くなっていますが、皆さんは元気に生活できていますか?絵文字:三人 さて、5月18日(月)~22日(金)に1学年の生徒が分散登校します。そのための教室の準備が整いましたので、写真で紹介します(最後の写真は今日の校庭の様子です・・・生徒がいなくてさみしい風景になっています)。



 それぞれの担任が「5月26日(火)からの班別登校」について、黒板に連絡事項を板書しました 絵文字:鉛筆  以下に全クラスの黒板の様子を紹介します。どのクラスにどの黒板(板書)があるのかは、登校して見てみてください絵文字:一人


 皆さんに会えることを教室も、教員もとてもたのしみにしています絵文字:キラキラ 登下校中は交通安全に気をつけて 絵文字:良くできました OK 余裕をもって行動してください。教室で皆さんの笑顔を待っています 絵文字:メガネ 〈記載者 1学年主任〉

上三川高校の風景 ~4月23日~

全国に緊急事態宣言が出されてから一週間ほどたちました。
学校が再開される予定となっていた今日、23日木曜日は青空が広がり、気持ちの良い天気となりました。

上三川高校の中庭のハナミズキも見ごろを迎えました。また、本校の北隣の多功南原公園のボタンザクラも満開です。本来なら多くの生徒を迎えていたであろうことを思うと残念に思います。

ホームページでその様子を発信しますので、上三川高校の風景に思いをはせてもらえればと思います。

 
 
                 多功南原公園のボタンザクラ

 
ツバキ               図書館入り口

国や県による外出自粛要請がつづいています。
休校期間が延長されましたが、生徒の皆さんも課題に取り組みつつ、適度な運動もとりいれながら健康的な生活習慣を維持して、学校再開に向けてそれぞれにできることに努めてください。

なお、上三川高校ホームページでは今後も課題や先生からのメッセージなどの情報発信をつづけていきます。可能な限り毎日チェックするようお願いします。

上三川高校の風景 ~令和2年4月~

今日は4月半ばの上三川高校の風景を紹介します。

4月はじめまで咲き誇っていた桜の花も散り、今は葉桜となりつつあります。

 

一方、中庭のハナミズキやツツジなどが咲き始め、季節の移り変わりを感じさせます。
 

 

学校が再開され、穏やかな心で花をたのしむことができる日が来るのが待ち遠しいです。
 

上三川高校の風景 ~令和2年3月~

休校期間が続いておりますが、上三川高校ホームページをご覧のみなさま、いかがおすごしでしょうか?
今日はこの春の上三川高校の風景を紹介します。

令和2年3月末、上三川高校の桜はまさに満開を迎えていました。

北門の桜

 

校庭の桜
 

生徒昇降口の桜


また、体育館ちかくの河津桜もきれいに咲いていました。
 
 


また来年も見事な花を咲かせ、上三川高校を訪れるすべての人を出迎えてくれることでしょう。

1学年清掃活動❀

4月13日(月) 1学年担当教員9名で1年生の教室前の廊下と東西にあるトイレを清掃しました。生徒がいつでも登校できるよう、環境美化活動の一環として実施しました(他学年も実施中)。以下にその様子を写真で紹介します。

【廊下清掃の風景】


【トイレ清掃の風景】※最後の1枚はきれいになったトイレです!(^^)!


教員一同、生徒たちが元気に登校できる日を待ち遠しく思っています。生徒たちは、課題に取り組む日々が続いていると思います。体調管理に気を配って、自分のできることに日々努力してください。上三川高校の教員スタッフも生徒たちのために日々できることを考え実行していきます。 〈記載者 1学年主任〉

令和2年度入学式

4月7日(火)、栃木県立上三川高等学校令和2年度入学式が挙行されました。
 

新型コロナウイルス感染症対策を迫られるなか、一部短縮した日程となりましたが、新入生160名は立派な態度で式に臨み、厳かななかにも温かみのある入学式となりました。


新入生のみなさん、入学おめでとうございます。
充実した高校生活を送れるよう、みんなでがんばっていきましょう。

第34回卒業式

3月2日、上三川高等学校の体育館にて卒業生、保護者、教職員、来賓の方々による第34回卒業式が挙行されました。

在校生を不参加とし、行程も一部を省略した簡素な形の式ではありましたが、卒業生達の所作の一つ一つが立派で、呼名の返事も大きく、現生徒会長・前生徒会長による送辞答辞も大変素晴らしいものでした。
卒業生たちには、この逆境を乗り越え社会に大きく羽ばたいていってほしいと強く思える卒業式となっていました。

朝夕なれにし学びの窓
蛍のともしび積む白雪
忘るる間ぞなきゆく年月
今こそ別れめいざさらば


予餞会

3学年最後の定期テストが終わり、自由登校期間の始まりを翌日に控えた2月4日火曜日に1,2年生と教職員による予餞会が行われました。
今年も各発表団体が熱のあるパフォーマンスや作品を披露していました。終盤での教職員からのお知らせや合唱などでは普段見ることができない教職員の一面に生徒から驚きの声が上がっていました。最後には3年生から担任へのお礼の言葉や3年間の思い出の詰まったスライドショーなどもあり、笑いあり涙ありの大いに盛り上がる予餞会になっていました。

体育祭

10月3日木曜日に、本校にて令和元年度体育祭が行われました。今回の体育祭は生徒会主導で行われ、生徒考案の競技も行われるなどして前回をこえる盛り上がりを見せました。
全クラスがそれぞれで考え出した応援パフォーマンスも各クラスの特色が見え、すばらしいものとなりました。その中でもやはり3年生は、最後の大きな学校行事ということもあり見事な団結力を見せてくれ、最高学年にふさわしいパフォーマンスとなっていました。

部活動発表会

 

9月4日(火)、過ごしやすい天気に恵まれた中で部活動発表会が行われました。
この行事は文化祭のない年に行われていた文化部発表会の裾野を広げる形で今年度から部活動発表会となったものです。


その名にふさわしく毎回の文化部の発表に加え、数多くの運動部の活動報告も行われ、いつも以上の盛り上がりを見せました。
次回以降も多くの部活動が報告を行い、上三川高校の部活動の発展につながっていくのを期待させる内容でした。


福祉講演会

 9月10日の火曜日に本校体育館にて今年度の福祉講演会が実施されました。
 例年は全学年を対象に行っていた講演会ですが、今年度は2学年を対象として研修という形をとり、
DET群馬の皆様をお招きして「障害平等研修」を行いました。


 障害平等研修とは障がい者の方が司会進行役として研修を進めながら、障害とは何か。
誰にとっての障害なのかを考えていく研修となっています。
 この度、DET群馬から車いすユーザー3名、サポーター2名の方が来場して
うだるような暑さの中、映像やイラストを用いて研修をすすめていただきました。
グループでの活動ということも有り積極的に意見を交換しあう生徒の姿が多く見られました。
 最後には「障害とは何か」という問に対して研修の前後に回答を記入した用紙を
壁に張り出すことで様々な意見を確認することができました。

一日体験学習

 8月7日の水曜日に本校にて一日体験学習が実施されました。
中学生、保護者合わせて600名が来校し様々なことを体験していただきました。
 まずは体育館で吹奏楽部・書道部により歓迎の演奏とパフォーマンスが行われました。
その後校長や生徒会長からの挨拶・学校概要説明があり、体育館での全体会が終了となりました。
 次に中学生たちは12班にわかれて、放送部の生徒が作成した学校紹介ビデオを見たり、
在校生の体験談を聞いたり、模擬授業を受けたりしました。
 解散後は自由に部活動や図書室、進路室などを見学し、上三川高校での一日体験学習は終了となりました。

国立彰化高級中学校との交流会


 先月4月22日に台湾の国立彰化高級中学校の生徒65名が来校しました。
まずは体育館にて吹奏楽部、書道部、ダンス部の生徒による歓迎のパフォーマンスが行われ、その後記念品
の贈呈や代表生徒による挨拶の交換が行われました。


 体育館を出た後は各クラスにて昼食会があり、本校生のグループの中に入って
食事や会話を楽しんでもらいました。本校の生徒も英語を用いて積極的に話しか
けていて、とても良い刺激になったと思います。

 昼食の後には2時間続けての授業を体験です。班ごとに、体育や英語、生物、物理など本校の様々な授業に
参加していただきました。実験の授業で、先生の指示を本校生徒が一生懸命英語を用いて説明しようとして
いたのが印象的でした。

 そして最後に生徒会役員と写真撮影を行い台湾の生徒たちは本校を後にしました。
4時間ほどの短い時間でしたが、本校生徒にとってとても貴重な経験となりました。彰化高級中学校の生徒にとっても、
すばらしい思い出となるよう願っています。

令和元年度学年費の納入について

 本日、保護者の皆様に向けて学年費の納入についてのお知らせを配布いたしました。
参考として同様のものを公開いたしますのでご活用ください。

令和元年度第1学年学年費の納入について.pdf
令和元年度第2学年学年費の納入について.pdf
令和元年度第3学年学年費の納入について.pdf

入学式

 4月5日、新入生を祝福するような暖かな風に包まれたこの日に第○○回上三川高等学校入学式が行われました。
 緊張した様子の新入生でしたが、呼名には堂々と返事をしていました。
その様子を見ているとこれからの上三川高校を担っていく一年生達の今後が楽しみになりました。

第33回卒業式

 3月1日に上三川高等学校にて第33回卒業式が挙行されました。
 予行や歌の練習が熱心に行われた今年度の式では呼名の一つひとつに大きな返事がなされ、最後を締めくくる式歌・校歌の斉唱も体育館中に響き渡るほどの声量で歌われました。全体を通して、卒業生の思いと在校生の思いが重なり、素晴らしい卒業式となりました。
 卒業生の皆さんご卒業おめでとうございます。

予餞会

 2月5日の火曜日に本校にて3年生を送るための予餞会が開催されました。
 吹奏楽部、ダンス部、書道部、放送部、生徒会、有志の先生方が卒業を控えた3年生たちに向けて元気な演奏やパフォーマンスでエールを送りました。
普段は冷え込んでいる体育館もこの時は大きな熱気に包まれていました。
 

マラソン大会

 11月11日の日曜日に本校にてマラソン大会が開催されました。
 20°にも届くかと思われる気温の中で生徒の体調を心配する声も聞かれましたが、大きな問題が起こることなく、ほとんどの生徒が完走できました。
ゴール時の晴れやかな笑顔を見ていると無事開催出来てよかったと思える行事となりました。
 開催にあたって多くの方のご支援ご協力ありがとうございました。
今後とも宜しくお願いいたします。

上高祭

 上三川高等学校文化祭、上高祭が8月31日と9月1日に行われました。
 1日目にはステージ発表を含めた校内発表が、2日目には一般公開という日程での開催となりました。
 ステージ発表では部活動、有志団体のそれぞれの最高のパフォーマンスを行えるよう、準備してきたものを出せているようで見ているこちらも楽しくなれました。
 また、各クラス・団体の出店も創意工夫を凝らしたものが多く、短い準備期間ながらもクラス一丸となって取り組んでいる様子が伝わってきました。
 2日目の一般公開日には、自分たちの出しものを多くの人に楽しんでもらおうと呼び込みや宣伝などに張り切っていて、校内が活気であふれていました。そういった中で来場者も700人を超え、実りのある文化祭になりました。ご来場下さった皆様ありがとうございました。

一日体験学習

 8月8日に本校で一日体験学習が実施されました。昨年度は台風の影響で実施できなかったので準備する教員たちにも一層力がこもっていました。
 今年は県内各地の中学校から400名を越える中学生や200名を越える保護者が参加してくださいました。
 また本校の生徒も誘導の手伝いや体験談の披露など様々な場面で手伝ってくれました。
 皆様のご協力により今年度の一日体験学習を無事に実施することができ、そして中学生たちからも同じ地区の高校生から話を聞けて良かったや体験授業が面白かったなどの声をいただくことができました。ありがとうございました。






6/15 2年進路先見学会

 2学年の進路先見学会が6/15に行われました。朝からの雨にも負けず生徒達は元気にバスに集合し、クラスごとに、淑徳大学、日本工学院専門学校(1組)、共栄大学、中央学院大学(2組)、高千穂大学、三幸学園(3組)、日本工業大学、人間総合科学大学(4組)を見学しました。
 キャンパスの雰囲気や、専門的な設備、学食の様子など、生徒達は五感をフル活用して高校との違いを味わっていました。クラス内の親睦も一層深まったようです。

球技大会

 6/7(木)、爽やかな初夏の日差しの中、球技大会が行われました。前日からの雨で、一時開催が心配されましたが、3年生にとっては最後の球技大会となるに相応しい、絶好の球技大会日和となりました。
 生徒会や実行委員が中心となって行った、運営・進行も非常にスムースで、選手は練習の成果を思う存分発揮できた様子でした。
 今回、生徒達のプレイする態度や応援の様子が、特に爽やかだったのが印象的でした。先輩・後輩関係なく、常に全力を尽くして最後まであきらめずプレーし、試合後は「強かったね」「上手いんだね」と、お互いを称え合う姿は、眩しかったです。
 クラス対抗で戦い抜き、総合優勝は3-3、準優勝2-4、第3位3-2という結果でした。


芸術鑑賞会開催

 熱気が立ちこめる6月4日(月)、本校体育館にて芸術鑑賞会が行われました。
 今年度は演劇の持ち回りだったので、シアタージャパンの皆様にミュージカル「真夏の夜の夢」を上演していただきました。所々を現代風にアレンジしていたり、コミカルな動きが多用されていたりしたため、生徒も楽しく鑑賞できているようでした。
 その後生徒会長からのお礼の言葉とシアタージャパン様からのサイン色紙のプレゼントが行われ、今年度の芸術鑑賞会は幕を閉じました。


第35回 入学式

 花吹雪舞う中、第35回入学式が挙行されました。160名の新入生が入学を許可され、高校生活への期待と、各自の目標を胸に、新たな一歩を踏み出しました。

高校生サミットin栃木2018

 3月18日(日)に宇都宮大学の多目的ホールにて高校生サミットin栃木2018が開かれ本校から6名の生徒が参加しました。これは東日本大震災被災地の記憶を風化させないために高校生ができること話し合うという趣旨で行われる催しで6回目の開催となります。

 今年度は「本当に必要なものは何か」をテーマに災害が起こったときに自分はどういう行動を取るか、条件を基に考え、その結果から自分たちが何を重視して行動するのかを明確にするというグループワークなどを行いました。

 また、ゲストとして被災地域であり、防災科学科のある宮城県立多賀城高校の生徒8名が参加していました。それにより各グループに1人異なる目線を持った生徒が入ることになり、非常に多角的に話し合うことができていたように思います。
 朝から夕方までと長い時間をかけてグループ活動を行った結果最後には非常に打ち解けていたのが印象的でした。

第32回 卒業式

朝方は卒業の寂しさを思わせるような雨。その後は、卒業生の門出を祝うかのような天候の中、3月1日(木)に平成29年度の卒業式が挙行されました。保護者の方々、来賓、在校生、教職員と、たくさんの人たちに門出を祝っていただきました。3年間で多くのことを学び、経験し、立派に成長した3年生の皆さん。
 これからは、3年間で学んだこと、「創る」「愛する」「鍛える」の上高精神を胸に、それぞれの道で自分らしく輝いてください。立派になった皆さんに会えることを楽しみにしています。


互(たがい)に睦(むつみ)し 日ごろの恩

  別(わか)るる後(のち)にも やよ 忘るな

  身を立て 名をあげ やよ 励めよ

  今こそ 別れめ いざさらば


ふくしアクションプログラム特別授業発表会

 1月24日(水)に上三川高校体育館にて、ふくしアクションプログラム特別授業発表会が行われました。これは先だって行われた10月4日の特別授業の成果を発表するという行事です。東日本大震災被災地である福島県を訪れ、見たこと聞いたことをプレゼン資料としてまとめて発表しました。この日のために生徒達は放課後に残り、発表の準備を続けてきました。
 直前の大雪により最後の練習時間がとれない中でも堂々とした見事な発表を見せてくれました。多くの生徒にとって有意義な時間となったことだと思います。


11/17 防災避難訓練

 本年度2回目の防災避難訓練が行われました。
 消火実習や煙道体験実習を通して、防火・防災に関する意識を高めることができました。消防署員の方に積極的に質問する生徒も見られました。

体育祭

 10月5日、好天に恵まれ、体育祭が開催されました。
 生徒達はクラス対抗で、大縄飛び、大玉転がし、台風の目、応援パフォーマンス等の13種目に取り組み、優勝を目指して奮闘しました。
 大縄跳びや台風の目では、並び方や、素早い回り方を工夫している様子が見られ、クラスでの練習の成果が感じられました。応援パフォーマンスでは短い準備期間の中、クラスごとに趣向を凝らし、堂々と表現する姿に頼もしさを覚えました。


特別授業in福島


10月4日(水)にふくしアクションプログラムの一環として被災地の現状を確認する特別授業が行われました。

応募者40名が参加し、バス内での研修の後に現地に到着しました。

まずは桜の植樹活動についての概要を聞き、その後廃炉に向けての動き、被災地でのボランティア活動についてなど多くのことを学ぶことができました。

また午前中最後の質疑応答ではバリケードのこと、被災者への補償についてや、風評被害の実態についてなど多くの質問が出ました。
それに対して当日居合わせた経済産業省の方や産経新聞の記者や福島民友新聞の方などを含め多くの視点から回答していただくことができました。


お昼を挟んだ午後の活動はバスで被災地の現場を巡ることでした。

火力発電所の真下や除染作業の跡地、バリケードの向こうの風景などを見ることができました。ハッピーロードネットの代表にガイドしていただきながら震災前、当時の様子に思いを馳せているような真剣な表情で写真を撮っている生徒の様子が印象的でした。

今回の活動は来年1月に班分けした生徒たちによって発表される予定となっています。
ハッピーロードネットの代表から実際に見て聞いたことについて人に伝えることもボランティアになるというお話を伺いました。
生徒たちもその実践のつもりで挑んでもらえると思っています

1学年進路ガイダンス

 9/22(金)午後、1学年の進路ガイダンスが行われました。

 まず、「職業観を考える」「文型、理型の違いは?」といったテーマの寸劇を鑑賞し、将来のことを真剣に考えるきっかけをつかんだ生徒も多かったようです。

 その後、希望の職業ごとに20の講座に分かれ、各大学・短大・専門学校の先生方から、仕事の現状について詳しいお話を頂きました。

 文理選択を控えた1年生が、熱心にお話を伺う様子が印象に残るガイダンスとなりました。






交通安全教室

 9/21(木)本校の交通安全教室に、下野警察署1日署長として、栃木市出身の女優石川恋さんが来校しました。テレビドラマやバラエティー番組で活躍している石川さんの登場に驚いた生徒も少なくなかったようですが、絵本「ホームランを打ったことのない君に」の朗読や、今年の高校生の死亡事故についての話を通して、石川さんからのメッセージを真剣に受け止めていました。



福祉講演会

 9/12(火)に上三川高校体育館にて上三川町社会福祉協議会と共催の福祉講演会が行われました。
 講師にはとちぎユースサポーターズネットワーク代表理事の岩井俊宗氏を招き、「高校生の力で地域に力を」という題でお話いただきました。
 高校生の立場から行動を起こすにはどうするべきか、何ができるかということに主眼を置いており、生徒も身近に感じられたようでした。
 途中生徒に相談をし答えを聞く場面では二人の生徒が挙手をするなど真剣に問題解決を図ろうとしているのが印象的でした。

文化部発表会が行われました

    9/5(火)午後、本校体育館において文化部発表会が行われました。
 各文化部の生徒達はこの日のために、夏休み中から準備を重ねてきました。このステージを最後に引退する3年生も少なくありません。進学・就職のための準備で忙しい中、精一杯の輝きをみせてくれました。手芸部が、各自が仕上げた浴衣・法被でファッションショーを行う等、新しいチャレンジもあり、上高生の良さが光るステージとなりました。










上三川小学校でのボランティア活動

 7月21日から28日までの5日間、上三川小学校サマースクールが行われ今年度から本校の生徒がボランティアとして参加しました。

 5日間でのべ46名の生徒が参加し、ドリルや書道、ポスター制作に児童が集中できるよう見守りつつ時々手助けをしていました。

 初めは緊張していた本校の生徒も小学生が積極的に話しかけてくれるおかげでうちとけたようです。

 本校生に感想を聞いても楽しかったという声が多く、双方にとって有意義な時間になりました。

球技大会

6月8日(木)に球技大会が行われました。
ソフトボール、ドッジボール、バレーボール、バドミントン、卓球の5種目に各クラスが分かれて競技しました。
総合優勝は3年4組、準優勝は3年2組、3位は3年3組でした。

芸術鑑賞会開催

6月6日(火)本校体育館において、芸術鑑賞会が開催されました。
今年は、大蔵流善竹家滋芸狂言会による古典芸能(狂言)を鑑賞しました。
『盆山』『棒縛』という2つの演目の鑑賞のほかに、生徒たちの体験コーナーもあり、楽しい時間を過ごすことができました。

生徒総会

5月9日(火)に生徒総会が行われました。学校生活にかかわる重要な議題に全校生徒が真剣に耳を傾ける様子が見られました。また総会の中では、一人一人が安全な通学を心がけるために生徒会作成の交通安全宣言が読み上げられました。

第34回入学式

4月7日(金)に、第34回入学式が行われ、新入生160名が高校生活の第1歩を踏み出しました。これからの3年間に期待と不安で胸がいっぱいであったと思いますが、とても真剣に式に臨んでいる様子はとても頼もしく見えました。これから、学習活動や部活動などで活躍してくれることを期待しています。