お知らせ

インフルエンザの対応について

県内でインフルエンザが流行するとともに、本校でも数名の児童生徒のインフルエンザ感染を確認しています。感染が疑われる場合、以下のとおり御対応ください。

〇感染が疑われる場合

・38度以上の発熱かつ鼻水、鼻づまり、のどの痛み、咳のうちいずれか1つでも症状がある場合は、医療機関を受診してください。

・コロナ感染症も疑われるため診療・検査が可能か事前に医療機関へお問い合わせください。

〇かかりつけ医等がない場合

・栃木県HPに載っている「発熱等がある場合に対応可能な医療機関(診療・検査医療機関)をお調べの上、指示に従い受診願います。(コロナとインフルエンザ両方検査できるところをおすすめします)

〇インフルエンザの診断を受けた場合

1 学校へ連絡ください(発熱等の発症日を教えてください)

2 療養期間を守ってください。(発症後5日かつ解熱後2日経過するまで)

3 治癒証明や登校申出書は不要です。

 

学校でも引き続き感染症対策を講じていきますので、御家庭におきましても登校前の健康観察よろしくお願いいたします。