食品科学科

食品科学科
 【実習内容
 生産実習を通じて製造から販売までを総合的に学習します。「食品化学」「微生物利用」「食品流通」などの科目を学習することで、より深く「食」についての専門的な知識を学習することができます。
 
        いちごジャム製造      食パン製造      食品化学実験      微生物実験
 
 【食品科学科関連の主な活動内容】
 4月 味噌製造開始
 5月 いちごジャム製造開始
 6月 栃木県学校農業クラブ連盟各種発表大会
 7月 食生活アドバイザー検定試験
 8月 北陵高校1日体験学習
    関東地区学校農業クラブ連盟各種発表大会
 9月 2学年インターンシップ
    ブルーベリージャム製造開始
    とちぎハイスクールフェスティバル
 10月 1学年日帰り研修
    りんごジャム製造開始
 11月 北陵祭での加工品販売(味噌・ジャム)
    食生活アドバイザー検定試験
 12月 キャリア形成支援事業
 1月 食品科学科課題研究発表会
※上記の他に各種研修や地域交流活動など随時行っています。
 イベント参加については希望する生徒対象です。
 【各種研修】
 (1) 見学研修
  ①上級学校見学
       
    四年制大学見学      短期大学見学      専門学校見学
  ②食品関連企業見学・体験
        

 (2) 調理技能研修
            専門学校講師の方に技術指導をいただいています。

 (3) 地域交流活動(県内外のイベント参加や各種発表大会への出場、レシピの考案などを行っています。希望する生徒対象です。)
     
   横浜市イベント    大宮駅イベント  とちぎハイスクールフェスティバル   広報誌レシピ提供 

   
   真岡市イベント    有楽町駅イベント   プロジェクト研究発表

 【カリキュラム】


 【資格取得】

食生活アドバイザー

日本農業技術検定

危険物取扱者(乙種・丙種)

ワープロ検定

ボイラー技能講習

フォークリフト



 PDFファイルはこちら↓
 食品科学科学科紹介(PDF).pdf
 

食品科学科より

食品科学科より
123
2021/05/13new

食品科学科2年生「総合実習」

| by 食品科学科
 総合実習で「いちごジャム」の生産実習を行いました。

  本日の作業は
     ①ジャム製造
     ②ラベル貼り です。


  
  ジャムの煮詰め

  
  目視による異物確認

  
  ラベル貼り

  
  完成したいちごジャム

  一人一人が高い意識を持って異物の確認やラベルの貼り付けを行ってくれました。

16:51
2021/05/12

ジャムの製造

| by 食品科学科
3年生の生徒が先日下処理をしたイチゴを用いて、ジャムを製造しました。

 冷凍して保存していたイチゴを2重釜というボイラーからの蒸気で加熱する装置で煮詰めます。ジャムの製造は短時間で製品を作ることが品質の向上につながります。
 砂糖を3回に分けて加え、クエン酸により酸度を調整し、ジャムとなっていることを確認、瓶詰めにうつりました。
 
 ジャム瓶の中に柄杓でジャムを入れ、瓶の縁をきれいにして、キャップを閉め、その状態で煮沸し殺菌を行い完成したジャムがこちらです。

 20kgのいちごから約90本のジャムを製造することができました。
 今回製造したジャムは、学校のお使い物として購入していただく他に、校内での販売を予定しています。

09:33
2021/05/07

いちごジャム製造実習「前処理」

| by 食研部
 5月7日(金)
  今年度のいちごジャム製造のための「前処理」を行いました。
  本日は食品科学科2年生と3年生の生徒がそれぞれ一生懸命実習にとりくんでくれました。
    本日の実習内容は ①いちごのへたとり
             ②いちごの冷凍保存   です。

  
  いちごの「へた取り」異物混入を防ぐために丁寧に作業しました。

  
  
  いちごの洗浄

  
  砂糖をまぶしての冷凍保存

  本日は約400Kgのいちごの前処理を行いました。

  個別の器具を使用しての実施など、今年度も感染症対策を徹底して行っております。今後もよろしくお願いします。

16:00
2020/12/13

食品科学科1年生「食品化学実験」

| by 食研部
 
「食品化学」の授業で『ビタミンCの定量実験』を行いました
今回は、コロナ禍の中でも安全に行うことができる実験を目標として行いました。
 <従来との違い>
  ・実験室でなく、教室の自分の席で実施
  ・実験に使用する材料は全て小分けして個人用に配布
  ・実験中は常にゴム手袋を着用し、最後自分の机も消毒する。
  ・使用した物は個人で材料の入っていた袋に入れ、教員が回収する。
  
   
   配布したサンプル
             
 
  ※今後も安全面に気をつけ、幅広い学習を行う予定ですのでよろしくお願いいたします。

11:55 | 報告事項
2020/10/22

食品科学科2年生総合実習

| by 食研部
10月22日(木)4時間目~6時間目の総合実習では、2班編成でそれぞれ実習を行いました。
 
 A班:食品化学実験(フェーリング反応)
 B班:鶏卵加工実習(鶏卵の加工特性についての学習)

 <フェーリング反応実験>
  反応により、糖が持つ還元性について学習することができます。
 
 <鶏卵の加工特性について>
  スポンジ製造を通じて、卵黄の乳化性と卵白の起泡性について学習します。


               
 食品化学実験風景

 
 フェーリング反応結果

 
 鶏卵加工実習風景

 
 焼成したスポンジ

17:32 | 報告事項
2020/10/16

3年生課題研究「HACCPの取り組み」

| by 食研部
 HACCPの取り組み
「食品製造 HACCP班」では、HACCP認証に向けての活動を行っています。本日は、製造現場の「見える化」のため、物の配置や掲示について皆で話し合いました。
 安全で安心な製造現場を目指し、今後も改善を行っていく予定です。

 
 
 使用器具の整理

 
 保管場所の位置決め
 
 
 ラベルや掲示による「見える化」

14:24 | 報告事項
2020/09/18

食品科学科2年生総合実習「ブルーベリージャム製造」

| by 食研部
 2年生総合実習「食品製造」でのブルーベリージャム製造を開始しました。
 実習では高品質のジャムを製造するだけでなく、「安全管理」や「感染症対策」についても十分な配慮をし、学習活動に取り組んでもらいました。
 先日の実習ではKYT(危険:K 予知:Y トレーニング:T)を行うことにより、実習写真を見ながら生徒たち自身に注意点を考えてもらい、安全意識の向上につとめました。
 今後も食品科学科では、安全に気をつけて実習を行っていきます。


生徒による危険予知トレーニング




完成したブルーベリージャム

12:00
2020/07/27

食品製造(みそ製造)

| by 食品科学科
本日新しい味噌濾し機が導入されました。
 これにより、これまで以上に安全な状態で実習が可能になるだけでなく、品質や衛生管理の向上にもつながります。
 今後の「食品製造」実習においても、安全に配慮しながら高品質のものを製造する予定です。よろしくお願いします。
 
      
      
16:18
2020/07/16

食品科学科:みそ製造実習

| by 食品科学科
食品科学科2年生「総合実習」の時間に”みそ製造実習”を行いました。例年2年生が中心となり、文化祭に向けての加工品製造を行っていますが、今年度はコロナ感染症対策の関係で安全に配慮しながらの製造実習を行いました。
 今回の作業:みその切り返し
     →タルで発酵途中の味噌の発酵むらを防ぐため、混ぜ合わせる作業

※例年約3000kg製造していた味噌は今年度200kg程になる予定です。
 今年度は生徒の学習のために最低限の量のみの製造となります。毎年購入していただいている方にはご迷惑おかけします。
 今後の製造実習予定:ブルーベリージャム
    →学習のためにコロナ感染症に配慮しながら実習を行う予定です。


     
     
09:24
2020/02/14

食品科学科「総合実習」:食品製造

| by 教頭
 食品科学科2年生「総合実習」でフランスパンの製造を行いました。
 今回はフランスパンの製造原理を学習するだけでなく、フランスパンにベーコンとチーズを入れた調理パンの製造実習となりました。


     
12:00
123