令和5年度 学校行事

令和5年度 学校のできごと

Keiji Class(ケージクラス)様からの寄付で購入させていただきました。

ケージクラス様からいただいた御寄付をもとに、キーボードスタイルパーカッション、ハンドドラム、ミニグロッケン、ベルハーモニーを購入させていただきました。

少しの動きでも音が出しやすい楽器を選びました。授業等で合奏するのが楽しみです。

大切に使わせていただきます!

ケージクラス様、ありがとうございました。

県立特別支援学校医療的ケア連携会議がありました。

3月4日(月)本校を会場に「県立特別支援学校医療的ケア連携会議」が栃木県教育委員会主催で開催されました。当日は、県内の医療機関の医師や看護師、また医療ソーシャルワーカー等17名の方たちが参加し、栃木県教育委員会の方から学校現場における医療的ケアに関する説明がありました。また、指導的学校看護師が医療的ケアの様子等について説明しながら校内見学も実施しました。医療機関の方たちからは「学校現場のケアの様子が知れるよい機会だった。」「医療と学校が連携する良い機会だった。」などの感想もありました。

今後も学校現場と医療機関とが連携し、安全で安心できる医療的ケア体制を整えていきたいと思います。

学校見学教育委員会から説明

Keiji Class(ケージクラス)様より寄付をいただきました。

本校近隣にある美容室Keiji Class(ケージクラス)様より寄付をいただきました。

ケージクラス様で行っている事業の売上金の一部を寄付として一年間集め、本校に寄付いただいています。

ケージクラス様をとおして多くの皆様の温かい気持ちに心から感謝します。

児童生徒のために大切に使わせていただきます。ありがとうございました。

令和5(2023)年度卒業式

 3月8日(金)、令和5(2023)年度卒業式を行い、小学部14名、中学部9名、高等部15名、計38名の児童・生徒が卒業しました。小中学部・高等部に分け、二部制で行いました。

 在校生は会場へ向かう先輩たちに花道を作ったり、各教室でリモート中継の視聴を行ったりし、卒業生の門出を祝いました。

 卒業証書を手にした卒業生たちは、喜び、感謝、惜別の情などそれぞれの思いを胸に抱きながらも、充実感あふれるすばらしい表情を見せてくれました。

 

 

 

中学部 3年生を送る会

 

 2月16日(金)に、中学部で、3年生を送る会を行いました。この日を迎えるにあたって、1,2年生は招待状やプログラム、プレゼントの写真立て飾りなど、3年生のことを思いながら準備をしてきました。3年生も、これまでの3年間の思い出を発表する準備や練習に取り組んできました。

 当日は、司会やお祝いの言葉、プレゼントの係などそれぞれの役割を頑張る1,2年生の姿、笑顔で発表をし、嬉しそうにプレゼントをもらう3年生の姿を見ることができました。みんなで集まって送る会ができる喜びを感じられた場となりました。

落とし物について

児童生徒昇降口入口正面の拾得物ボックスに、今年度拾得されてまだ返還されないものが多数あります。児童生徒送迎や保護者会などで来校の際に、お心当たりのある方はぜひご確認ください。また、不明な点がありましたら担任を通じてお申し出ください。

 なお、現在保管されているものの写真を添付いたします。

令和5年度 二十歳を祝う会(令和3年度卒業者)【同窓会より】

【同窓会より】1月13日(土)に、令和3年度卒業生の二十歳を祝う会を開催しました。一昨年度、昨年度と新型コロナウイルス感染症の影響で延期を余儀なくされましたが、今回は祝う会を予定通り1月に実施できました。当日は成人者・御家族・関係した職員や、同窓会幹部及びお手伝いの同窓生、係職員を含め総勢80名近い人数が集まる大変盛況な会となり、二十歳になられた同窓生をお祝いすることができました。会に御参加された皆様、ありがとうございました。

     

第Ⅱ期産業現場等における実習体験発表会

12月5日(火)高等部 令和5年度 第Ⅱ期産業現場等における実習体験発表会を行いました。

 

生徒たちは実習でどんな仕事や活動を行ったか、その中で頑張ったことは何か、見えてきた課題は何だったかなどを振り返り自分たちが中心となって発表内容を考えて、当日に臨みました。

 

体育館で高等部生や中学部生が見守る中、発表する姿は立派でした。また、発表を聞く生徒たちも真剣に自分の進路について考え、実習や卒業後の生活について理解を深めていました。

 

実習体験発表会については、保護者の方々も参観可能となっています。今回は体育館で生徒と一緒に参観して頂きました。ありがとうございました。

 

           

 

 

のざわインターナショナルデー

 11月28日(火)にのざわインターナショナルデーを実施しました。今年度の対象国はオーストリア。講師の方をお迎えして〇×クイズや音楽遊びで盛り上がったり、バイオリンの生演奏を聴いたりと貴重な体験をすることができました。

 また、給食にもオーストリアメニューが出て、オーストリア風ポテトサラダやシュニッツェルなどとてもおいしくいただきました。

 

感謝状をお届けしました

 栃木県特別支援学校教育振興会第55回大会(11月開催)において、「サンユー岩曽店」様に感謝状が贈呈されました。同店は本校の児童生徒が買物学習で利用するほか、高等部生徒の就業体験をさせていただいています。毎回、児童生徒の障害に応じたきめ細かい御配慮をいただいています。
  11月30日(木)に同感謝状を、石井校長から店長の松浦様にお渡ししました。

 

高等部第Ⅱ期産業現場等における実習

11/6(月)~17(金)の2週間 高等部2・3年生が18か所の事業所、福祉施設で産業現場等における実習を行いました。

3年生にとっては進路を決定する実習です。真剣な表情で作業に取り組んだり、施設や支援員さんに慣れて笑顔で過ごせる時間が増えたりとそれぞれ個々の目標に向かって取り組みました。

2年生も2回目の実習で、新しい施設での実習にチャレンジするなど意欲的に取り組みました。

事業所、福祉施設の皆様には お忙しい中 御指導、御支援をいただきましてお礼申し上げます。

実習先、活動内容については、ログイン後の画面で進路指導部のページの「令和5年度Ⅱ期  産業現場等における実習  実習先情報一覧」をご覧ください。

 

      

 

 

 

令和5年度保護者進路研修会

 10月2日、保護者進路研修会を開催し、20名の保護者の皆さんに御参加いただきました。令和3年度卒業生保護者1名を講師としてお招きし、御講演いただきました。「卒業生保護者の体験発表」の内容で、日常生活の様子や福祉サービス利用、進路先決定についてとても分かりやすく、丁寧に話をしていただきました。

※研修会の内容詳細につきましては、ログイン後の本校ホームページを御覧下さい。

   

特別全国障害者スポーツ大会『燃ゆる感動かごしま大会』

 10月26日(木)から10月31日(火)まで鹿児島県にて開催され、本校生徒2名がボッチャ競技に出場しました。4チームのリーグ戦で、銅メダルを獲得しました。大会に向けて日々練習を重ね、本番では力を発揮することができました。たくさんの応援ありがとうございました。

 

   

PTA研修会

 10月19日(木)、PTA研修会として、13名の保護者の方と小山市にある社会福祉法人「パステル」を訪問しました。施設内ではB型の就労支援事業所内の作業場面やグループホーム等を見学させて頂きました。お昼は、レストラン・パン工房「みゅぜ・ど・ぱすてる」でコース料理を堪能しつつ、親睦を図ることができました。

       

【同窓会】二十歳を祝う会(前年度延期分)

10月21日(土)に、二十歳を祝う会を開催しました。今年1月に開催予定だったものが延期され今回の実施となりました。二十歳を迎えられた参加者は晴れ着姿やスーツ姿など、卒業時とはまた違った凛々しい姿を見せてくれました。幹部・係職員一同、皆様にお祝いを申し上げます。また、当日は5人の同窓生がお手伝いをしてくれました。ありがとうございました。

  

運動会

 お天気にも恵まれ、10月13日(金)に運動会を実施することができました。今年度は、「いちご一会とちぎ大会 レガシー 継承 つなぐ」というテーマのもと、児童生徒全員が全力で頑張っている姿を見せてくれました。 

 

 特に選抜リレーでは、児童生徒が一生懸命バトンをつなぐ姿に大変心を打たれましたというお声をいただきました。また応援している児童生徒も精一杯応援してくれて、とても盛り上がり、素晴らしい運動会になりました。

 たくさんの応援をありがとうございました。

 

     

           

 

       

 

 

 

 

       

 

 

 

 

 

 

 

                      

第2回 避難訓練

10月20日(金)の5時間目に地震、火災を想定した避難訓練を行いました。授業時間中に災害が起きたことを想定した訓練で、各教室の他、作業室や体育館で被災した場合の避難をする学級もありました。独歩の生徒は避難用の車椅子に乗り換え、本部から応援でやってきた職員に車椅子を押してもらい、落ち着いて避難することができました。また、今回は医療的ケアの児童生徒への対応の一環として医療ブースを設けました。避難後は消防署からいらした消防士の方から、落ち着いて避難できたと講評をいただきました。今後も、児童生徒が安全に避難できるように、適切な誘導方法や避難経路を再確認しながら防災意識を高める訓練を実施していきます。

栃木県障害者スポーツ大会

9月24日(日)に、栃木県障害者スポーツ大会が開催されました。
県内の複数の会場で行われ、本校からは陸上競技とボッチャ、車椅子バスケットボールの種目に生徒たちが出場しました。

これまで、生徒たちは放課後や夏休みを利用して練習を重ねてきました。

本番は緊張した様子も見られましたが、一人一人が今までの練習の成果を発揮してベストを尽くすことができました。

応援してくださった皆さん、ありがとうございました。

 

    

小学部6年 修学旅行

【小学部6年 修学旅行】

9月19日(火)20日(水)に那須動物王国とオルゴール美術館へ行きました。那須動物王国では、動物と触れ合ったりえさをあげたりして楽しみました。オルゴール美術館では、オルゴールの歴史について学んだり、自分で作成したオルゴールの音色に癒されたりしました。

6年生全員での宿泊は初めてで、出発時は緊張している様子でしたが、帰りは思い出いっぱい笑顔いっぱいで戻ってきました。残りの小学部最高学年の生活も仲良く楽しく頑張ってもらいたいと思います。

「秋の交通安全街頭あいさつ運動」

9月26日と28日に児童生徒会役員で「秋の交通安全街頭あいさつ運動」を実施しました。

一人一人プラカードを持ち、「ながら運転禁止」や「スピード抑制」を呼び掛けました。

 

実際にスピードを落としてくれる車も多く、充実したあいさつ運動になりました。

卒業生の体験発表会

 9月19日(火)の2時間目に高等部・中学部生徒と全学部保護者を対象とした「令和5年度卒業生の体験発表会」を行いました。

 今回は平成30年度卒業で、栃木県立がんセンターで働いて5年目を迎える加藤凛香さんを講師に招いてお話をうかがいました。加藤さんはいちご一会とちぎ大会(全国障害者スポーツ大会)で選手宣誓を担当し、陸上競技女子100m・200mで見事1位に輝いた方です。

 仕事をする上で大切なこととして、「自分でできること、できないこと、工夫したらできることを知っておく」という実体験に基づいた話が、生徒達にも響いたようで、これからの学校生活で取り組んでいきたいなどの感想が聞かれました。

 加藤さんは一人でできることを増やし、仕事とプライベートの幅が広がり充実した生活を送られています。先輩の背中を見て、在校生も自分が納得する進路選択に向けて学校生活を送ってほしいと思います。

  

第3回自立活動学習会について

 9月11日(月)に自立活動指導部による第3回学習会を行いました。本校の自立活動実習教員が講師となり、摂食指導の基本をテーマに摂食・嚥下機能の発達に沿った食形態や食具、具体的な支援の方法などについて学習しました。実際の給食の場面での事例を交えながら、日々の指導の中での疑問や不安について情報交換をしたり自立活動実習教員から具体的なアドバイスを受けたりして摂食指導の基本についての知識を深めました。

 

早期教育相談「つくしんぼ」 令和5年度 夏季グループ相談

 7月25日(火)に、「夏季グループ相談」を行いました。今年度は、4名のお子さんと、5名の保護者が参加しました。手遊び歌、大型絵本の読み聞かせ、バルーン遊びをした後、それぞれ自由遊びを楽しみました。活動中子どもたちは、くすぐってもらうと笑顔で声を出したり、大型絵本をよく見たり、バルーンでは好きな色の風船を選んだりして、とても良い表情で楽しむ様子が見られました。保護者の皆様には、お子さんの活動の様子を見ながら、隣のスペースで情報交換をしていただき、充実した時間を過ごすことができました。

  

全肢P連 栃木大会

 7月30日(日)、31日(月)の両日、栃木県総合文化センターにおいて、令和5年度第66回全国肢体不自由特別支援学校PTA連合会総会および第59回関東甲越地区肢体不自由特別支援学校PTA連合会PTA・校長会合同研究大会が行われました。

 本校を主管校として、わかくさ特別支援学校・栃木特別支援学校の合わせて3校により、二日間の大会を運営し、全国の肢体不自由特別支援学校から多数のPTA会員が参加しました。

 大会は、文部科学省による基調講演、全国各地からの発表による分科会、テーマごとの情報交換会、ひばりクリニック髙橋院長による会員研修、協賛企業による展示ブースと充実した内容で実施することができました。

 大会に関係してくださったすべての方に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

交通安全教室

 7月18日(火)、宇都宮東警察署交通総務課の方2名を講師として、2グループに分かれて交通安全教室を行いました。

 Aグループは、交通安全にちなんだ紙芝居を鑑賞後、車や歩行者の通る所や信号、横断歩道の渡り方について学び、最後に模擬横断歩道を渡る体験学習を行いました。

 Bグループは、宇都宮東警察署の方から交通安全に関する講話をいただきました。交通安全に関するクイズに答えたり、DVDを見たりしながら、交通ルールや状況に応じて気を付けなければならないことなどを学びました。

  

第1回おーぷんすくーる

  6月末から7月はじめにかけて、各学部それぞれが「おーぷんすくーる」を実施しました。学習内容やスクールバス、寄宿舎の様子、医療的ケア、進路等について説明を行ったあと、授業の様子を見ていただきました。小中学校に在籍する児童生徒や保護者、関係機関の方々に参加していただき、就学や進路選択の参考にしていただくとともに、本校について御理解いただくことができました。

 

  

   小学部資料の表紙

 

障スポの練習がはじまりました!

 「栃木県障害者スポーツ大会」に向け、練習がはじまりました。大会は、9月24日(日)に栃木県総合運動公園カンセキスタジアムとちぎと、栃木福祉プラザ障害者スポーツセンター(ボッチャのみ)を会場に行われます。

 本校からは、中学部と高等部の11名が出場する予定です。放課後の暑い時間帯でしたが、どの生徒も疲れを見せずに、真剣な表情で取り組んでいました。

 

    

高等部第Ⅰ期産業現場等における実習

高等部産業現場等における実習が6/12(月)~23(金)の2週間に渡って行われました。

高等部2・3年生が2~10日間、19か所の企業や福祉施設等に御協力いただいて実習を行いました。

慣れない環境の中、初めての支援員さんとの関わりや活動など緊張することも多くありましたが、経験をすることで将来について具体的にイメージできたようです。

振り返りの学習の中で、自分の行きたい施設ややりたい活動についてはっきり答える様子を見て、実際に体験することの大切さを改めて感じました。

お忙しい中、実習を受け入れてくださった事業所の皆様に感謝申し上げます。

実習の具体的な活動内容についてはホームページ内の進路指導に掲載しました「実習先情報一覧」も併せて御覧ください。

   

 

 

    

 

児童生徒の引き渡し訓練

6月30日(金)に、震度6の地震を想定した避難訓練と、その後の引き渡し訓練を行いました。大きな地震の音に緊張している児童生徒もいましたが、防災頭巾を被ったり、机の下に入るなど先生の話を聞きながら落ち着いて身を守る行動をとることができました。引き渡し訓練についても保護者の皆様の御協力のもと、安全に、そしてスムーズに実施することができました。 

 

自立活動指導部 第1回学習会

6月6日(火)に自立活動指導部による第1回学習会を行いました。児童生徒の指導にすぐ役立つ内容の教員の学習会で、年に5回程度行っています。今回は、本校の自立活動実習教員が講師となり、「摂食指導の基本について(姿勢と身体の動き・筋緊張等も兼ねて)」という内容で行いました。教員は筋緊張の入り方や食べやすい姿勢など、実際の動きを確認しながら専門的知識について深めることができました。

   

緊急時対応(ハリーコール、気管カニューレ抜去時)訓練

4月18日(火)ハリーコール訓練①、4月25日(火)ハリーコール訓練②、4月27日(木)気管カニューレ・経管栄養チューブ(胃ろう、経鼻経管)抜去時の対応訓練を実施しました。

各教室において、起こりうる緊急事態を想定してシミュレーションをしたり、アクションカード(協力者への行動を指示するもの)を作成したり、実際の役割分担や動きの確認をしたりしました。

学校生活の中で緊急の事態が発生したときに、その事態に対し的確な判断と機敏な行動ができるよう今後も引き続き訓練を実施していきます。ハリーコール訓練③は10月に予定しています。

  

寄贈品の贈呈について

 今年度も獨協医科大学・雇用戦略室より、多数のマスク及び消毒用品をいただきました。

児童生徒の健康保持のため、有効に活用させていただきます。ありがとうございました。

 なお、現在、獨協医科大学にお勤めの本校卒業生Iさんも同行され、「のべもん」の誕生秘話など、貴重なお話を伺うことができました。今後も進路に関する情報提供等でお世話になります。

 

令和5年度児童生徒会総会

令和5年度 児童生徒会スタート

 

児童生徒会総会がリモートで行われ、役員は緊張感の中、全校児童生徒に向けて大きな声で挨拶や報告を行っていました。議事審議の内容は全て承認され、令和5年度の児童生徒会がスタートしました。また、あいさつ運動も始まり、活気ある児童生徒会活動が始まりました。

  

第1回避難訓練

5月16日(火)に食堂からの火災という設定による避難訓練を実施しました。昨年度までは、コロナ感染症対策として、各学部ごとに避難をしていましたが、今年度は全児童生徒一斉に避難する訓練を行いました。「火事です」の放送や、大きな警報の音が鳴ると一気に緊張した様子になりましたが、先生の話をよく聞き、静かに落ち着いてグラウンドに避難することができました。

また、職員による消火器体験も実施しました。

今後も、児童生徒が安全に避難できるように、適切な誘導や避難経路を再確認しながら防災意識を高める訓練を実施していきます。

  

 

 

 

防災安全研修

5月1日(月)に職員を対象に防災安全研修を行いました。本校には、非常用持ち出し袋や担架、ポータブル発電機など災害の際に必要となるものが多数設置されています。今回は、校内にある防災グッズにはどのようなものがあるのか、どこに設置されているのか確認をするとともに、危機管理マニュアルを通して本校の防災体制について共通理解を図ることができました。また、日頃から児童生徒の安全を第一に考え、社会情勢に合わせて危機管理マニュアルや避難訓練の見直し・改善をしていく等、改めて防災意識を高めるよい研修となりました。

 

PTA総会

4月17日(月)に本校会議室でPTA総会が開催されました。

3年ぶりの対面での開催になりましたが、多数の方に参加して頂きました。

予定していた議案は全て承認されました。

また令和4年度で退任する役員の方に記念品の贈呈が行われました。

今年度一年、よろしくお願いいたします。