ようこそ小山高校HPへ

 
栃木県立小山高等学校
~小山高校は2018年に創立100周年を迎えました~

〒323-0028 栃木県小山市若木町2-8-51  TEL 0285-22-0236
 数理科学科ロゴ
数理科学科ロゴマーク
クリックすると校歌が流れます → 小山高校校歌.mp3
 

お知らせ

野球部
                                      部活動紹介へ
                            小山高校野球部応援サイトはこちら
                      小山高校野球部後援会サイトはこちら
  ※当面の間、コロナウイルス対策により、練習見学はお控えください。ご理解のほどよろしくお願いいたします。
 中学生等で進路に関しての見学は、来校した際に野球部顧問か部員にお声かけください。
 なお、その際には検温・消毒・マスク着用等にご配慮ください。

◎活動日: 週一日休み(スケジュール等により曜日は変更あり)

◎部員数: 年生(男子11名/女子マネージャー名)

           年生(男子14名/女子マネージャー名)

           年生(男子13名/女子マネージャー3名)


〔出身中学校・チーム〕

山市:小山(1名) 小山二(8名) 小山三(5名) 小山城南(3名) 絹義務教育学校(1名)  美田(2名)  桑(1名)

野木町:野木二(3名)

栃木市:栃木東(1名)栃木東陽(2名)  大平南(3名)  西方(1名)

上三川町:明治(1名) 上三川(1名」

壬生町:南犬飼(1名) 

下野市:国分寺(4名) 南河内(2名) 南河内第二(1名)石橋(2名)

宇都宮市:若松原(1名) 

県外(一家転住等・通学圏内):

  茨城・結城東(1名) 


宇都宮ポニー(1名) 栃木ボーイズ(2名)


 〈 試合風景 〉


         
      
  
  
  
 
 
 

日誌

野球部 >> 記事詳細

2020/05/22

野球部 選手権大会中止

| by 部活動

 

先週から、報道されていた甲子園中止が、520日(水)に正式決定しました。それにともない、各都道府県大会も中止となり、各高野連が独自の大会を実施するかどうかを検討しています。栃木県は、まだ実施の有無を決定していませんが、来週中には話し合いがもたれることと思います。

各校とも秋季大会の課題を克服するために、12月から3ヶ月の冬季練習に取り組んでいたことと思います。本校も2月中旬の学年末考査終了の218日(火)の午後から、春季大会に向けて練習に取り組んできました。

 

2月18日(火)~練習再開

2月27日(木)一斉休校要請

  28日(金)練習

  29日(土)関東審判講習会中止(29日・31日 清原球場)/練習

3月1日 (日)練習

  2日(月)生徒休校(24日間活動なし)

  7日(土)栃木県審判講習会中止(清原球場)

 11日 (水)選抜中止決定

  13日(金)南部地区抽選会

 26日 (木)練習再開 ※ただし、対外試合は禁止

4月7日 (火)入学式 練習なし

   8日 (水)始業式 練習なし

   9日 (木)2度目の一斉休校(22日まで)

  23日(木)一斉休校延長(56日まで)

5月7日 (木)一斉休校延長(31日まで 後に24日までに短縮)

  20日(水)選手権大会中止決定

 

冬季練習中には、OBの広澤克実さんにも打撃指導していただき、2月からは、暖冬でもあったので雪も降らず、実戦練習もかなりできていたなかで、218日からの12日間、326日からの12日間の合計24日しかグランドでの活動ができていません。もちろん対外試合は一度もできません。

新入生においても、3年生とそもそもが約3ヶ月程度しか関わらないなかで、まだ一度も一緒に活動してません。

このようなことは、誰もが想像していなかったことであります。

今後は、栃木県独自で、どのような取り組みをするかによって、活動を進めていく予定です。高校3年生にとっては、高校で野球に区切りを付ける生徒が大多数です。大会でも主力としてプレーする選手もいれば、控え選手として活動する部員もいます。部員数が多い学校では、ベンチに3年間入ることができなかった選手もいることでしょう。

ただ、どのような立場であろうと、全員が“甲子園”に憧れ、野球が好きで始めたことだと思います。選手一人ひとりの周りには、マネージャーや家族、小中学校時代の指導者、ともに白球を追い続けたたくさんの仲間がいたことと思います。もちろん、今でも、皆さんの周りで、現在の指導者やOBなど多くの人が、皆さんが野球を続けることに関わっています。そんな中、部員だけでなく、各校応援団、吹奏楽部、地域で応援してくれる方々、みんなの夏がなくなってしまいました。できるならば、無観客になってしまうかもしれませんが、何とか独自の大会を開催してほしいと思います。

 皆さんは、この先忘れられない世代の球児となるでしょう。選抜出場がなくなった32校、夏の大会がなくなってしまった多くの関係者。そして、仕方ないという言葉で、割り切れない思い。

 

今は、県高野連の決定が出るまで、待つしかありません。本当に、本校の3年生たちは、少しの可能性に希望を持って、頑張ってきました。その努力は今も続いています。

 もし、7月に何らかの大会が開かれるようであれば、温かい目で見守って欲しいと思います。


16:25

小山高校周辺の地図



小山高校・若木小学校東側の道路はスクールゾーンのため、朝7:00~8:30まで車両進入禁止です。
 

QRコード

携帯電話・スマートフォン
からもアクセスできます