ごあいさつ

 

校長  殿 岡 宏 之


 栃木県立栃木翔南高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 本校は、今年で創立16年目を迎える清新の気溢れる共学進学校です。平成18年に、藤岡高等学校と栃木南高等学校が統合し、新たに栃木翔南高等学校として開校いたしました。藤岡高校は昭和50年に設立され、同時期に新設された県立高校13校の先駆けとして新時代の教育を牽引してきました。また、昭和59年に創立された栃木南高校は、栃木地区に初めて設立された共学の普通科高校として地域からも大きな期待を寄せられていました。これら県南2校の歴史と伝統を受け継ぐ高校が我々栃木翔南高校であります。現在は、さらなる進取の気概を持って新たなる伝統を築き上げております。卒業生は、藤岡高校5,300余名、栃木南高校5,500余名、栃木翔南高校2,700余名、総勢13,500名を越え、人間性豊かな幾多の有為な人材が、日本国内はもとより海外でも国際人として活躍をしております。

 本校は、校訓「自立 叡智 連帯」を掲げ、教育目標の一つに「豊かな教養と知性を身につけ、自ら考え、判断し、行動することによって、自己実現を目指す自立した人間を育成する。」とあるように、生徒全員で協力し合いながら、「主体的に自ら行動する人間」の育成に力を入れています。その一貫として、「学業プラス1」あるいは「プラス1主義」という言葉を掲げています。この言葉の意味することは、本分である学業を大前提としながら、人間としての総合的な力を高めるために教科外の活動にも積極的に取り組むことが不可欠である、ということです。自らの可能性を見いだし、それを高めていくために、部活動や生徒会活動、各種学校行事、ボランティア活動、国際理解・異文化理解に関連する活動など、様々な活動への積極的な参画を推進しています。これからの社会では、自分で課題を見つけ、自らの意志で解決をしていかなければなりません。これからの時代を生きる生徒達に高校生活のあらゆる活動を通して、学力・体力・精神力といった総合力を養成し、「主体性」と「芯の強さ」を持ってほしいと強く望んでいます。

 本校の特色の1つに国際理解教育の推進があります。まず、ホームステイや現地校での授業を含めた「オーストラリア語学研修」、実用英語を学ぶ宿泊研修である「イングリッシュキャンプ」があります。さらに、AFS長期留学生の受け入れ、本校からの海外長期留学、英語検定準2級以上の取得の推奨、大学に在籍する外国人留学生を招いての国際交流会、外国人講師による英語プレゼンテーション研修などのほか、校内の英語スピーチコンテスト・英語プレゼンテーション発表会等の英語教育に取り組んでいます。グローバル化が進む現代において、これらの経験を積んだ本校生徒が「グローバルマインド」の基盤を身に付け、真の「グローバル人材」として社会に貢献してほしいと切に願っています。
 
 最後に、このホームページでは本校の教育活動や学校生活の様子などを随時お知らせしていきます。生徒・保護者の皆様には緊急連絡の掲示等も含め一斉メールと併せて様々な連絡もさせていただきますので、ご確認いただければ幸いです。また、中学生や保護者の皆様には入試情報等も掲載していきますので、どうぞご覧になってください。

 教職員一同、生徒一人ひとりの個性や人格を大切にし、常に生徒を中心に置いた教育の実践を通して地域の皆様と共に歩む魅力ある学校づくりの推進に努めて参ります。今後とも本校へのご理解、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。