R04 学校生活

令和4年度 1学期終業式・賞状伝達式・壮行会

 7月19日(火)、賞状伝達式、壮行会及び1学期終業式が行われました。
  


    感染症や熱中症を考慮し、今回も各教室にて校内放送とオンライン配信で実施しました。

 賞状伝達式では、1学期各種大会で入賞した弓道、フェンシング、ダンス、ウエイトリフティング、卓球、放送、男子テニスの各部代表者と紫陽祭でポスター、スローガンに選ばれた生徒が表彰を受けました。
  
 
 
   
 
 
 次に壮行会(ウエイトリフティング部、弓道部、フェンシング部、放送部)が行われました。
 ウエイトリフティング部はインターハイと全国女子大会に出場し、弓道部では早乙女栞那さんがインターハイに出場します。フェンシング部では津久井淳太君がインターハイに出場し、放送部はNHK杯全国放送コンテストと全国高等学校総合文化祭放送部門に出場します。
 インターハイ・全国大会の出場権を獲得した生徒の皆さん、おめでとうございます。
 皆さんが日頃の成果を発揮し、各大会での健闘を心よりお祈りしています。
   

 
 その後行われた1学期終業式では、最初に校長先生より「1学期を振り返って良い点・改善点を自覚し、夏休みを有効に活用して2学期に臨んで欲しい」というお話と共に、「紫陽祭を通して生徒一人一人が体現できていた本校の校訓『自立・叡智・連帯』は高校生活での部活動や学習活動だけでなく、将来大学生や社会人になっても大切な事であるため、常にこの校訓を胸に生きて欲しい」というお話がありました。また、野球部応援を例えにし、パスツールの言葉を用いて“願い(夢・希望)→目標→行動(実行)の大切さ”のお話もありました。
  
 
 
最後に校歌演奏がありました。感染予防のため心の中で歌いました。
   

    起立して校歌を聴く生徒
 
 終業式に続き、健康指導部・生徒指導部・学習指導部の先生方から夏季休業中の諸注意がありました。
   



  
 
 今回もコロナの影響で全校集会ではなく、放送での実施となりましたが、生徒達は真剣に耳を傾けていました。2学期始業式の8月26日(金)に再会できることを楽しみにしています。