ブラウザのJavaScriptを有効にしてください
  • 研修
  • 授業支援
  • 講師派遣
  • 家庭・地域支援
  • 教育相談
  • 参加案内
  • センター紹介
  • 教育課題に関する調査研究
  •   
  • 児童生徒の生活状況調査
     (平成16年度調査研究事業)
  •   
  •   
  • 目覚め 県内小中高校生を対象にした生活状況調査の結果を公開します。就寝
  •   

  •   
  • 分析結果をグラフで示してありますので、説得力のあるデータとして示すことができます。
  •   
  • 分析結果はグラフで示してあります。
  • あいさつと生活習慣の関連
  • 注意を受けたときの感じ方とそのときの態度の関係
  • 家族とのコミュニケーションの状況
  • 就寝時刻や目覚めの様子と授業理解度の関係
  • 子どもたちの持ち物の状況
  • 読書の状況や学校外での学習時間 など
  •   
  •   
  • メッセージを「私たち大人ができること」としてまとめました。児童生徒への生活指導や保護者への通知などに活用できます。
  • 注意
  • 「自然なあいさつができる子どもに育てましょう。」
  • 「注意したあと、子どもの気持ちを確認しましょう。」
  • 「家族でむきあう場をつくりましょう。」
  • 「生活のリズムがつくれる環境を整えましょう。」
  • 大人としてできること
  • 「『自分で』できる子どもに育てましょう。」
  • 「与えた『モノ』で、自律的な子どもを育てましょう。」
  • 「『本の時間』をつくりましょう。」
  •   
  •   

  •   
  • 児童生徒の生活状況調査(平成17年3月)
  • 児童生徒の生活状況調査のリーフレットPDF(340KB)
  • 研究発表大会配付資料(平成17年1月) パワーポイント(404KB)
  •   
  • 中間報告(平成16年3月)
  •   
TOP