栃木県幼児教育センタートップへ

 
教育・保育の質の向上ページへのリンク 情報の提供へリンク 調査研究へリンク

トップ > 幼小連携の推進 > 幼小ジョイントプロジェクト

幼小ジョイントプロジェクト *「幼小」は幼児教育と小学校教育の意味です。

 幼小ジョイントプロジェクトとは、幼児期の教育と児童期の教育をつなぐという視点で、市町の実情に応じた連携を支援していく事業です。
 幼稚園、保育所、こども園、小学校、義務教育学校の教職員が合同で研修することを通し、「こども観」「教育観」の相互理解を深め、幼児期から児童期への子どもの発達や学びの連続性を確保するために必要なことについて考えてもらいます。そのために、市町教育委員会・保育主管課と県が一体となり、また、大学教員から指導助言を得ながら1年間にわたり連携を推進していきます。




〇平成28年度幼小ジョイントプロジェクト足利市の取組
   
 足利市内の1保育所、1小学校を指定し、保育・授業や交流活動を公開し、その参観を基に協議を重ねました。全5回の協議の視点を「安心感」という共通のものにし、保育所の持つ「子ども観」と小学校の持つ「子ども観」等を活発に意見交換し、接続期に大切にするべきことを共有しました。
   
     詳しい内容はこちら
   
概 要:  
  第1回  : 事業の趣旨及び大学教授の講話
  第2回  : 公開授業・協議 第1学年生活科「みずやつちで あそぼう」
  第3回  : 公開保育・協議 年長「なぞの島の冒険part3“あいつとの決闘”」
  第4回  : 交流活動・協議 年長・第1学年「昔の遊び」
  第5回  : 交流活動・研究協議 年長・第1学年「発表交流」

これまでの実施地域(平成20年度以降)
【 幼小ジョイントプロジェクト 】
平成28年度:
足利市
【 幼・保・小ジョイントプロジェクト 】
平成27年度:
高根沢町
平成26年度:
茂木町
平成25年度:
岩舟町
【 幼・保・小連携推進充実事業 】
平成24年度:
大田原市
平成23年度:
日光市
平成22年度:
宇都宮市、那須塩原市
平成21年度:
さくら市、佐野市
平成20年度:
芳賀町、大平町