研修報告 >> 記事詳細

2016/02/23

平成27年度 新任道徳教育推進教師等研修(小・中学校、特別支援学校)

| by:栃木県総合教育センター
目  的道徳教育推進教師の職務・役割について理解を深め、道徳教育推進教師としての資質の向上を図る。
日  時平成28年2月2日(火) 9:30~16:00
対  象小・中学校、特別支援学校の新任道徳教育推進教師
研修内容1 講話「道徳教育の充実と支援体制の確立に向けて」
2 事例発表「道徳教育推進教師の職務と実際」
3 研究協議「教育活動全体で取り組む道徳教育について」
講  師聖徳大学大学院 教授 吉本 恒幸 氏
小学校教員
中学校教員
教育事務所職員
県教委事務局学校教育課職員
研修の様子
講話
「道徳教育の充実と支援体制の確立に向けて」
事例発表
「道徳教育推進教師の職務と実際」(小学校)
事例発表
「道徳教育推進教師の職務と実際」(中学校)
研究協議
「教育活動全体で取り組む道徳教育について」

研修評価・振り返りシートから
0 研修の満足度
  ①満足度
 満足  不満足
 
研修満足度71.6%28.4%

1 講話「道徳教育の充実と支援体制の確立に向けて」

【研修の目標】
 教育活動全体を通じて行う道徳教育の在り方について理解を深め、魅力ある道徳教育の推進への見通しをもつことができる。

【主な意見・感想】
  • 学習指導要領に書かれている文言の意味や理念の背景を正しく理解することができました。
  • 道徳の授業の在り方について実践例から学ぶことを通して、本校の授業の課題が明確になりました。吉本先生からいただいた資料を生かして、子どもの心に響く道徳の授業が行えるよう指導の改善に努めたいと思います。
  • 道徳の教科化に関する知識を得ることで、校内で今後改善していかなければならない点が明らかになりました。校内研修を実施して共通理解を図り、全教職員で協力して道徳教育の充実に努めていきたいと思います。
2 事例発表「道徳教育推進教師の職務と実際」
【研修の目標】
 推進教師としての職務について理解を深め、今後の取組に生かすことができる。

【主な意見・感想】
  • 発表された先生自身が道徳教育を理解して実践している姿を、他の先生方に見せていることがすばらしいと思いました。道徳教育推進教師としての自分の姿勢を見直すよい機会となりました。
  • 各学年の児童生徒の実態を把握して、道徳的価値の課題を明確にした上で作成した年間指導計画が大変参考になりました。
  • 道徳教育推進教師として、すぐに始められそうなこと、継続して取り組めそうなことが示され、自校に生かせる示唆を得ることができました。次年度の推進計画を作成し、道徳教育を学校全体で実践していこうと思います。
3 研究協議「教育活動全体で取り組む道徳教育について」
【研修の目標】
 研究協議を通して、自校の実践の課題を明らかにし、次年度へ向けての改善策を検討する。

【次年度に向けて取り組みたいこと】
  • 教材の工夫と共有(資料の保管、ワークシートの共有) 
  • 「わたしたちの道徳」の活用についての共通理解
  • 模擬授業、授業研究改善など校内研修の実施や見直し
  • 組織で取り組むための校内協力体制づくり





09:19 | 専門研修1イ