栃木県立宇都宮白楊高等学校長  髙野 寿映  
  

 

  栃木県立宇都宮白楊高等学校のウェブサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

宇都宮白楊高校は明治28年に創設され127年目を迎えました。歴史と伝統のある総合選択制専門高校です。農業系学科の農業経営科・生物工学科・食品科学科・農業工学科、工業系学科の情報技術科、商業系学科の流通経済科、家庭系学科の服飾デザイン科の7学科が設置されています。大学等への進学や就職など進路希望に応じて、普通科目や専門科目を選択して学習することができるのが大きな特徴です。

 本校は、JR宇都宮駅から約1㎞という立地にありながら東京ドーム2個分の敷地を有し、緑が生い茂る教育環境に恵まれた学校です。生徒たちは、放課後も部活動や専門科目の研究あるいは地域交流活動などに積極的に取り組んでおり、校内には活気が満ち溢れています。

 本校では、教職員が高い専門性を発揮して指導に当たり、情報共有、共通認識のもと、協調、和をもって組織的に校務を遂行することで、次のような学校を目指しています。 

○専門的な知識・技術の習得と多様な選択授業や研究活動をとおして、幅広く深みのある専門教育が実現できる学校 

○すべての教科の学習において、自己実現を図り社会の発展に貢献できる確かな学力を身につけることができる学校 

○専門教育を踏まえ、上級学校への進学、関係企業への就職等が充実している学校 

○キャリア教育や組織的な生徒指導をとおして豊かな人間性をはぐくみ、規律ある態度を養う学校 

○地域との交流や研究活動をとおして地域の活性化に貢献できる学校 

教職員一丸となってより良い学びを提供し生徒の自己実現に努めて参りますので、今後とも、変わらぬご指導、ご支援をお願いいたします。

 

最後に、このホームページをご覧いただいた中学生の皆さん、宇都宮白楊高校は「学びたいが学べる!」学校です。ぜひ来春は本校に入学し、歴史と伝統ある白楊キャンパスで充実した高校生活を共に送りましょう。心よりお待ちしています。