その1

Q1 足利工業高校は伝統ある学校だとききますが歴史について教えてください。

A1 本校の前身「栃木県工業学校」は県下で最初の工業高校で、創設は明治28年4月27日です。昭和26年4月に現在の「栃木県立足利工業高等学校」と改称しましたが同窓会は今でも「栃工会」といいます。前庭にはシンボルとして初代校長の近藤徳太郎先生の像があり、生徒達を見守っています。全日制は、今年(平成31年4月)で124周年を迎えます。また、定時制は今年75周年です。

tokutaro

近藤徳太郎先生の像


 

その2

Q2 足工の教育目標は何ですか?

A2 「人間性豊かな工業人の育成」を教育目標とし、「向学・愛隣・剛健・創造」 を校訓としています。

 

その3

Q3. 足工高定時制の教育課程の特徴と4年間学ぶ意味を教えてください。
A3. 選択履修を一部に取り入れた4年間で無理なく学ぶことを基本にしたカリキュラムです。
学校では「無理がないため職場に迷惑をかけない」「充分な学習効果」「3年間に比べ飛躍的な人間的成長」という理由で定時制本来のスタイルである4年間の学修を薦めています。
 

その4

Q4.  足工定時制では、どのような勉強をするのですか?
A4.

工業技術科では、機械及び電気の基礎的な学習を中心に、工業に関する知識・技術を総合的に学びます。下のグラフは各科目の週あたりの授業時間数を表しています。(この他にも3年間で卒業を目指す生徒のための選択授業があります。



  
コンピュータ実習電気工事実習
  
シーケンス実習溶接実習

旋盤実習
 

その5

Q5.定時制を3年間で卒業する方法を教えてください。
A5.定時制の時間割は4年間で卒業することを基本として時間割を組んでいます。 そのため、3年間では卒業するための単位が1年分不足することになります。その不足する単位を以下のア〜オのなかで組み合わせて修得しなければなりません。

ア.本校の選択授業を履修する。
  (登校時間が早くなります)
イ.実務代替
ウ.技能審査
エ.定通併修
オ.高卒認定試験
 

その6

Q6.定時制の日課表について教えてください。
A6.夕間の生徒は、15時35分のSHR(ショートホームルーム)から一日が始まります。1,2時限の授業を受けてから、給食を食べます。その後、3,4時限の授業を受けて帰宅します。
夜間の生徒は17時10分の給食から一日が始まります。SHRが17時50分から始まり、3時限目から授業が始まります。そして、6時限目の授業が9時10分に終了します。
また、3修制を希望する生徒は、2、3年次から3修制のための授業を選択し、1~6時限目までの授業を受けます。

 

その7

Q7.定時制に通うと特典がありますか?
A7.経済的な理由により就学が困難な生徒には、就学費用の貸与や教科書の無償給与の制度があります。
 

その8

Q8.定時制で学ぶ費用は月どのくらいかかるのですか?
A8.年度により若干異なりますが、昨年度の徴収月額は給食費や諸会費として平均約8,000円でした。授業料についてはお問い合わせください。また、入学時に教科書や実習着等で約60,000円必要です。
 

その9

Q9.足工高定時制の給食は大変おいしいといううわさですが本当ですか?
A9.本当です。仕事で疲れ腹を空かせてくる生徒たちに限られた予算で できるだけおいしいものを食べさせてあげようと栄養士さん達が愛情込めて作ってくれています。 またメニューも「和・洋・中」とバラエティーに富んでいます。このような給食を冷暖房完備の清潔で明るい給食室で食べられる本校の生徒は幸せだと思います。
あったかい「うどん」!人気のカツカレー!!

給食室の様子
 

その10

Q10.足工高定時制で取得できる資格にはどんなものがありますか?
A10.4年間で取得できる資格は以下のとおりです。

A・・・・全生徒が受験。合格すれば取得できる
B・・・・工業高校生だけが受けられる資格(全国工業高校長会主催)
C・・・・希望者は申請により受験できる(一般受験と同じ)



A

・ 計算技術検定「4級」
・ 丙種危険物取扱者
・ ガス溶接技能講習
・基礎製図検定

・ 計算技術検定「3級」、「2級」
・ 情報技術検定「3級」、「2級」
・機械製図検定

・ 第二種電気工事士
・ 乙種危険物取扱者
・ 2級ボイラー技士
・フォークリフト運転技能講習
・ 工事担任者


ガス溶接技能講習
 

その11

Q11.定時制ならではの学校行事を教えてください。
A11.主な学校行事としては、県定通総体(6月)、 県定通文化発表会(10月)、スポーツ大会(7月、12月)、学校祭(全日制と共催)(11月)、課題研究発表会(1月)、サヨナラパーティー(2月)などがあります。ほんの一部ですが以下の写真もご覧ください。

課題研究発表会
足工祭での模擬店出店
定通総体(野球)全国大会(柔道)
修学旅行(沖縄)さよならボーリング大会(予餞会)
 

その12

Q12.生徒数が少ないので部活動の種類も少ないと思うのですが?
A12.本年度(2019年度)の部活動は、運動部3(バドミントン部、卓球部、バスケットボール部)と文化部1(技術部)です。生徒へのアンケートを実施し、人数が集まれば、他の部活動(ソフトテニス、柔道、陸上、サッカー、野球、剣道、バレーボール)も開設可能です。
 
全員がいずれかの部活動に参加し、6月の県定通総体に向けて、楽しく活動します。

そして、 毎年多くの生徒が、県予選を突破し、全国大会へ出場しています。活動時間は少ないですが、みんな楽しく活動しています。
 
メンバーが集まった年は、サッカー部が開設されました!
 
オンラインユーザー1人
ログインユーザー0人
登録ユーザー5人

カウンター

あなたは757609人目です

定時制QRコード

 
定時制Webページへの
携帯電話からのアクセスは
こちらから!
 

リンク

ATHS top page
足利工業高校トップページへ

栃木県高等学校教育研究会工業部会へ