栃木県立真岡女子高等学校栃木県真岡市台町2815
 

沿革

●町立真岡実科高等女学校
明治44年4月6日
真岡町立実科高等女学校として文部大臣より設置認可
真岡尋常小学校内に併設(1学年1学級、全3学級,150名)
●郡立実科高等女学校
大正3年4月1日芳賀郡立実科高等女学校と改称
大正4年4月19日新校舎落成開校式、本日をもって創立記念日とする
●栃木県立真岡高等女学校
大正12年4月1日県立移管、栃木県立真岡高等女学校と改称
●栃木県立真岡女子高等学校
昭和23年4月1日新制高等学校の実施に伴い、校名を真岡女子高等学校と改称(全18学級、定員900名)
昭和24年4月1日家庭科新設(昭和38年 家政科と改称)
昭和26年4月1日校名を栃木県立真岡女子高等学校と改称
昭和43年11月1日運動会で「荒城の月」幻想舞踊発表
昭和43年11月校訓「強く、聡く、美しく」制定
昭和50年4月1日衛生看護科新設
平成9年4月1日家政科閉科
平成16年4月1日衛生看護科閉科、普通科8学級(全24学級)
平成19年4月1日1学年7学級となる(全21学級)
平成22年4月1日1学年6学級となる(全18学級)
平成29年4月1日
1学年5学級となる(全15学級)
 

卒業生徒数

卒業生徒数

実科高等女学校生

実科選科生

高等女学校生

女子高等学校生

313名

32名

3,097名

24,974名

28,416名

 
 
 

フォトアルバム