学校行事

学校行事
12345
2020/03/06

学習コンテンツのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
新型コロナウイルス感染症対策のための臨時休業期間における
学習コンテンツのお知らせ


〇 学習動画(無料)第一学習社 期間 2020年3月6日(金)~5月10日(日)
  URL https://www.daiichi-g.co.jp/shoron-mov/
       内容 Vol.1 作文と小論文の違いを理解しよう     (5分程度×5項目)
     Vol.2  どう書けば「小論文」になるのかを知ろう  (5分程度×7項目)
                  Vol.3   より説得のある小論文を書こう         (5分程度×6項目)
13:23
2020/03/05

学習支援コンテンツポータルサイトの開設について(お知らせ)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

新型コロナウイルス感染症対策のための臨時休業期間における
学習支援コンテンツポータルサイトの開設について(お知らせ)

 文部科学省において、臨時休業期間中の児童生徒の学習の支援の一つとして、
公的機関等が作成した、児童生徒及び保護者等が自宅等で活用できる教材や動画等を
紹介する「臨時休業期間における学習支援コンテンツポータルサイト(通称「子供の学び支援サイト」)(https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushien/index_00001.htm)
を開設した旨の通知がありました。(今後、コンテンツは充実する予定)
 皆さんの学習に活用して下さい。
16:11
2020/03/02

第51回卒業式

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

 第51回卒業式が行われ、16名の生徒が本校から旅立ちました。

 今年度は、新型コロナウイルス感染症への対策に伴い、式を簡略化して行われました。

 卒業生はそれぞれの学校生活での思い出を振り返りながら式に臨みました。

 青木校長先生からは門出を祝し、これからの歩みを励ます式辞をいただきました。生徒会長の後藤愛美さんは、卒業生への感謝と、今後の活躍を願う気持ちを送辞として贈りました。卒業生代表の塩澤知也さんは、さまざまな困難を乗り越え、この日を迎えることが出来たこと、お世話になった先生や先輩、友達や職場の人々、そして家族への感謝の気持ちを答辞で伝えていました。

 感染症への不安の中行われた卒業式でしたが、素晴らしい旅立ちの日となりました。

 卒業生のさらなる活躍を祈念します。

   卒業証書授与の様子  校長式辞 
       卒業証書授与            学校長式辞
   送辞  答辞
        送 辞               答 辞
18:36
2020/02/03

第4回 那須特別支援学校との交流学習

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
  2月3日(月)に、第4回那須特別支援学校との交流学習を実施しました。
 今年度最後の交流学習となる今回は、ユニホックを行いました。那特生、大東高生、合同の3チームで、トーナメント形式で戦いました。
 ユニホックとは、ユニバーサルホッケーの略で、軽いプラスチック製のスティックとボールを使う屋内型のスポーツです。大東高生全員が初体験のスポーツでしたが、那特生にリードしてもらいながら、楽しく活動することができました。全員それぞれが活躍し、1試合、1試合がとても白熱し、今までにない盛り上がりをみせました。
 年4回という限られた中での交流でしたが、一人一人様々な思い出ができたと思います。交流学習での出会いや経験を忘れずに、これからの日々の生活を過ごしてほしいです。
 那須特別支援学校寄宿舎のみなさん、1年間ありがとうございました。

            

    
                交流学習の様子
15:00
2020/01/31

感謝と送別の会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 3月に卒業を控えた生徒への、感謝と送別の会が生徒会主催で開催されました。
感謝と送別の会は、在校生が卒業する生徒への感謝の気持ちを伝え、お別れをする学校行事です。
 今年は、6つの班に分かれて、おしゃべりやゲームを楽しみました。年次の壁を越えて協力して楽しむ姿がみられました。また、これまでの学校生活の様子をまとめたスライドショーの上映では、参加者全員が懐かしい思い出に浸りました。
  クイズ大会の様子   「新聞紙どれだけ長くちぎれるか大会」の様子 
      クイズ大会の様子    「新聞紙どれだけ長くちぎれるか大会」の様子
  スライドショー上映の様子   記念品贈呈の様子
    スライドショー鑑賞中       在校生から卒業生への記念品の贈呈
13:54
2020/01/08

生徒会任命式

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 1月8日に生徒会任命式が行われました。

 令和2年 生徒会役員は以下の通りです。

 会長   2年次 後藤 愛美
 副会長  2年次 松本 茜
 会計監査 2年次 和氣 あゆ
      1年次 田口 沙羅
 会計   2年次 髙橋 佑太
      2年j次 星  拓斗
 書記   2年次 齋藤 明日香
      2年次 内藤 隼人

  今年も、精一杯頑張りますので、よろしくお願いします。

  
 生徒会任命式の様子
12:02
2020/01/08

3学期始業式

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 1月8日に3学期始業式が行われました。

 学校長式辞では、社会の大きな変化(グローバル化、環境の変化、電気自動車の普及、AIの普及、少子高齢化など)の中で自分がどのように活躍できるかを考え、令和2年の目標を立て、日々の学校生活でよりよい自分を目指して頑張って欲しいとのお話がありました。



      
  学校長式辞             交通安全宣言
11:59
2019/12/25

2学期 終業式

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

令和元年12月25日(水) 2学期終業式が行われました。

 校長式辞では、部活動、学期皆勤、各種検定合格、生徒会のボランティア活動など、生徒の活躍が素晴らしかったこと、今社会は、人口減少と高齢化を世界で初めて日本が経験する時代に向かっている。また、「AI」や「共生・共働」がキーワードとなる時代を担う世代として、これからも勉学に励んで欲しいというお話がありました。

第2学期皆勤賞
 3年次 益子 紫立
 2年次 薄井 翔太
     後藤 愛実
     髙橋 佑太
     松本  茜
 1年次 齋藤 佑樹
     田口 沙羅
     根本 夏希

令和元年度第67回栃木県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表 優秀賞
 4年次 塩澤 知也

全国高等学校家庭科食物調理技能検定 4級合格
 1年次 田口 沙羅
     根本 夏希
全国高等学校家庭科被服製作技能検定 4級合格
 1年次 青山 琴音

ビジネスコミュニケーション検定合格
 3年次 渡辺  珠羅
 2年次 齋藤 明日香
     松本   茜

第47回ニュース時事能力検定3級合格
 2年次 後藤 愛実

「アイシティecoプロジェクト」感謝状
  栃木県立大田原東高等学校 生徒会

  表彰1 表彰2 表彰2
     表彰の様子

   
     校長式辞        交通安全宣言
18:36
2019/12/20

人権教育

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 人権教育を実施しました。
 今回は、「LGBT」をテーマとした映画「カランコエの花」を視聴しました。約40分間の映画鑑賞。生徒たちは真剣な眼差しでスクリーンを見つめていました。
 カランコエの花言葉は「あなたを守る」です。主人公のように、友人など大切な人を守りたいとき、自分だったらどうするだろうかとしっかり考えることができました。そして、相手の気持ちを理解し、尊重することの大切さを学びました。今回を機会にさまざまな人権問題についても考えていきたいです。

   
      教頭講話              映画鑑賞
14:45
2019/12/17

進路ガイダンス

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
令和元年12月17日(火)進路ガイダンス 社会人準備直前マナー講座

   キャリア教育の一環として、1~3年次生を対象に「進路ガイダンス」を、4年次生を対象に「社会人準備直前マナー講座」を実施しました。

   進路ガイダンスは、「自動車・バイク」「医療・福祉・救急救命」「幼児教育・保育」「コンピュータ・ゲーム」の4つの講座を開設し、県内専門学校・短大の先生方より、実際に各学校で行っている授業を体験させて頂きました。各教室とも生徒は真剣に取り組みました。

     コンピュータ
 【幼児教育・保育】    【コンピュータ・ゲーム】

 自動車   医療
  【自動車・バイク】   【医療・福祉・救急救命】
 幼児教育
  【マナー講座】
14:01
12345

定時制生徒が地域社会との連携を果たすためのシンポジウム

定時制生徒が地域社会との連携を果たすためのシンポジウム
 平成28年12月5日(月)本校にて、定時制生徒が地域社会との連携を果たすためのシンポジウムが開催されました。
【目 的】
  地域社会にとって有用な人材になるためには、変化する地域社会の様々なニーズを理解するとともに柔軟な対応や様々な能力が求められています。そこで今年度、関係する行政機関や地域企業をはじめ本校生徒と関わりのある関係者をお招きすることにより、地域社会のニーズや必要とされる知識・能力等について様々なアドバイスを頂く機会を設けることを目的としました。
【シンポジウム報告】
 当日は、大田原東高校定時制振興会をはじめ県教育委員会や県労働政策課、大田原職業安定所、大田原市、那須塩原市、那須町、(株)塩原屋、(社福)清友会、吉岡食品工業(株)などの関係機関から25名の出席者と共に職員・生徒が18名参加しました。
 シンポジウムでは、三森校長が座長となり、地域社会で活躍するための能力や資質、企業が生徒に望むことなどについて積極的に意見交換がなされました。関係する方々からは、生徒からの様々な質問に対して丁寧な回答を頂くことができました。最後は、代表生徒から「今後は、シンポジウムで新たに理解できたことを学校生活で充分に生かし、地域に貢献できるような人材になるために頑張ります」との謝辞がありました。
         
     学校長挨拶             学校の概況説明          シンポジウムの様子
      
            シンポジウムの様子                      生徒謝辞
 

創立50周年記念式典・記念講演会

創立50周年記念式典・記念講演会

 平成28年6月3日(金)那須野が原ハーモニーホールにて、創立50周年記念式典・記念講演会が開催されました。大田原市長の津久井富雄様、大東高定時制教育振興会会長の玉木茂様をはじめとするご来賓の皆様、保護者、在校生、職員など約180名が参加し、創立半世紀となる節目を祝いました。
 式典は、国歌斉唱に始まり、学校長式辞・栃木県教育委員会・創立50周年記念事業実行委員長・PTA会長からの挨拶と続きました。その後、本校にご尽力下さった方々への感謝状と記念品の贈呈があり、受領者代表として第13代校長の人見忠男先生からもご挨拶をいただきました。続いてご来賓の皆様からも心温まるご祝辞をいただきました。結びは生徒会長から感謝の気持ちと大東高生としての新たな決意が挨拶として語られ、校歌斉唱の後、閉会となりました。
 また、記念講演会では、片腕を失った障がいを克服してプロゴルファーになった小山田雅人先生を講師にお招きしました。小山田先生は、生徒とのキャッチボールやゴルフスイングの実演を交えながら、様々な困難を乗り越えてきた体験を話してくださいました。また、小山田先生からは、「ないことを嘆くよりもあることに感謝しよう」とのメッセージをいただきました。多くの方々にご参加いただき、大東高生にとって意義深い1日となりました。

   
   
       学校長式辞       感謝状並びに記念品贈呈 
      生徒会長挨拶
   
   
                    記念講演会                               生徒謝辞