学校行事

学校行事
12345
2022/01/11

第3学期 始業式・生徒会役員任命式

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 まずはじめに、生徒会役員任命式を行いました。
 新生徒会役員は次のとおりです。

 ・会長   2年次 大金 柊斗
 ・副会長  3年次 川﨑 暖
 ・会計監査 3年次 齋藤 佑樹
       3年次 高山 あやこ
 ・会計   3年次 安藤 雄大
       1年次 松田 夏奈
 ・書記   1年次 片岡 亜緒衣
       1年次 塩澤 亜実果
       1年次 高橋 由佳

  
     生徒会役員任命式          生徒会長挨拶

 続いて、第3学期 始業式が行われました。
 学校長式辞では、「今年の干支である『寅』の字は、矢をまっすぐに伸ばす様子を表しており、皆さんがそれぞれ思い描く目標に向かって、まっすぐに進む1年にしてほしい。そのためには、自分を客観的にみて、悪い習慣や癖を自覚することが大切であり、良い習慣を身につけることで自分が磨かれていく。今年1年が皆さんにとって飛躍の年となるように頑張ってほしい。」とのお話がありました。
 学校長式辞に続き、校歌(テープのみ)、新生徒会役員による交通安全宣言が行われました。
  
       校長式辞            交通安全宣言
18:58
2021/12/24

第2学期 終業式

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 12月24日(金)  第2学期 終業式が行われました。
 まずはじめに、表彰式が行われました。表彰者は以下の通りです。

 ◯第2学期皆勤賞◯
   4年次 髙橋 佑太
        中山 吏矩
   3年次 齋藤 佑樹
   2年次 梅木 優奈
        大金 柊斗

 ◯令和3年度校内生活体験発表会◯
   最優秀賞 4年次 中山 吏矩
   優秀賞  4年次 松本  茜
        3年次 田口 沙羅
   努力賞  2年次 大金 柊斗
        1年次 片岡 亜緒衣
        1年次 塩澤 亜実果

 ◯令和3年度第69回栃木県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表会◯
   優良賞  4年次 中山 吏矩

 ◯令和3年度第38回栃木県高等学校定時制通信制文化発表会ポスターの部◯
   最優秀賞 2年次 梅木 優奈

 ◯校内漢字テスト優秀賞◯
   4年次 岩崎 聖大
        中山 吏矩
        松本  茜
        和氣 あゆ
   3年次 来島 由佳
        田口 沙羅
        相馬 悠人
   2年次 梅木 優奈
        大金 柊斗
   1年次 塩澤 亜実果
  
              表彰式の様子

 続いて、終業式が行われました。
 学校長式辞では、「2学期を振り返ってみてどうだったか。成長するとは、点数や数値に表されるものだけではなく、努力する姿やそのプロセスが大切であるということなので、そのことについて改めて考え、自らの成長を励みに、3学期も目標を持って頑張ってほしい。」とのお話がありました。
 学校長式辞に続いて、校歌(テープのみ)、生徒会役員による交通安全宣言が行われました。
 
  
       学校長式辞          交通安全宣言
14:42
2021/12/23

令和3年度 第2回生活安全講話・人権教育

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 栃木県大田原警察署交通課より阿久津 三美係長を講師にお招きし、令和3年度第2回生活安全講話を実施しました。歌やウクレレの演奏を交えながら、交通安全についてお話していただきました。楽しみながら、交通安全について考えることができました。
  
             生活安全講話の様子

 令和3年度人権教育を行いました。北朝鮮の拉致問題を題材とした、アニメ『めぐみ』を視聴しました。拉致問題も他の人権問題においても、自らが関心をもって知り、正しく理解し、行動していくことが、よりよい社会につながっていくということを学びました。 
  
             人権教育の様子
20:38
2021/12/21

キャリア教育講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
令和3年12月21日 キャリア教育講演会

 卒業生を対象に、「社会人となるその日のために今できること」と題して、株式会社ワークエントリー栃木事業部 野﨑千晶先生を講師にお招きし、マナーについて講話を頂きました。社会で求められる「ビジネス・コミュニケーション」として学んだ表情や挨拶の仕方を、聞く態度や伝え方など、これから社会に出てから役に立てたいと思います。

  

 1年生から3年生を対象に、式会社古口工業 代表取締役 古口勇二先生を講師にお招きし、「ものづくり人づくり」と題して、働く意義と人生の楽しみ方について講話を頂きました。目標を持ちポジティブに考えて人生を楽しく生きることについて、その大切さと知恵を学びました。

 
     
 
 
19:43
2021/12/20

第3回那須特別支援学校との交流及び共同学習

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 今年度3回目となる、那須特別支援学校との交流学習を行いました。
 今回は、かぼちゃの絵付けを行いました。フェルトを貼ったり、顔を描いたりしながら、オリジナルのかぼちゃをつくることができました。その様子をDVDにまとめたものと観賞用かぼちゃを那須特別支援学校に届けました。これから観ていただき、活動の様子をビデオレターで送っていただく予定です。
  
               活動の様子

  
                作品
17:37
2021/12/17

音楽鑑賞会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
令和3年12月17日  音楽鑑賞会

          木管五重奏
       ~  音楽の夕べ ~
     (文化芸術による子供育成総合事業)

 MCFオーケストラとちぎのコンサートによる木管五重奏~音楽の夕べ~が、本校多目的室にて生演奏で行われました。県内ゆかりのプロの音楽家による楽器の詳しい説明を受け生徒は興味津々でした。第一部はクラッシック、第二部はクリスマスソングなど身近な曲の演奏で、皆真剣に聞き入っていました。

  

 
12:06
2021/12/10

ボウリング大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
令和3年 12月10日(金) ボウリング大会

 コロナ感染症対策のため延期になっていたボウリング大会を生徒会主催で行うことができました。校長先生と生徒会長の始球式で始まり、生徒は笑顔で楽しいひと時を過ごすことができました。

 入賞者は
  優勝  4年次 原田 さくら
  準優勝 4年次 和氣 あゆ
  3位    3年次 来島 由佳

  レーン賞
  優勝   原田 さくら・櫻井 優華


    

  
15:59
2021/11/22

第2回 那須特別支援学校との交流及び共同学習

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 第2回那須特別支援学校との交流会を実施しました。
 はじめに、那須特別支援学校から送っていただいたビデオレターを視聴しました。今回の製作内容は「ポンポン作り」でした。3年次のほとんどの生徒がポンポン作り初挑戦でしたが、那須特別支援学校の生徒の皆さんによる丁寧な説明のおかげで、楽しく製作することができました。
 第3回も楽しみにしています。
  
  
              交流学習の様子 
15:53
2021/11/05

令和3年度全校遠足

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 11月2日(火)全校遠足を実施しました。
 今年度は那須ハイランドパークへ行きました。天候にも恵まれ、眩しいほどの日差しの中で、楽しいひとときを過ごしました。

  
  
  
               遠足の様子
15:42
2021/10/23

第38回栃木県高等学校定時制通信制文化発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 10月23日(土)、宇都宮工業高等学校大講義室にて、第38回栃木県高等学校定時制通信制文化発表会が行われました。
 生活体験発表では、本校の代表として4年次の中山吏矩さんが出場しました。非常に堂々とした、素晴らしい発表でした。
 また、ポスターの部では、2年次の梅木優奈さんが最優秀賞に選ばれ、パンフレットの表紙となりました。


     
    進行(2年次 大金柊斗さん)     生徒代表挨拶(4年次 松本茜さん)

     
     生活体験発表の様子           ポスター 最優秀賞     
                                                                         『ワタシ色に染めてゆけ』
14:45
12345

定時制生徒が地域社会との連携を果たすためのシンポジウム

定時制生徒が地域社会との連携を果たすためのシンポジウム
 平成28年12月5日(月)本校にて、定時制生徒が地域社会との連携を果たすためのシンポジウムが開催されました。
【目 的】
  地域社会にとって有用な人材になるためには、変化する地域社会の様々なニーズを理解するとともに柔軟な対応や様々な能力が求められています。そこで今年度、関係する行政機関や地域企業をはじめ本校生徒と関わりのある関係者をお招きすることにより、地域社会のニーズや必要とされる知識・能力等について様々なアドバイスを頂く機会を設けることを目的としました。
【シンポジウム報告】
 当日は、大田原東高校定時制振興会をはじめ県教育委員会や県労働政策課、大田原職業安定所、大田原市、那須塩原市、那須町、(株)塩原屋、(社福)清友会、吉岡食品工業(株)などの関係機関から25名の出席者と共に職員・生徒が18名参加しました。
 シンポジウムでは、三森校長が座長となり、地域社会で活躍するための能力や資質、企業が生徒に望むことなどについて積極的に意見交換がなされました。関係する方々からは、生徒からの様々な質問に対して丁寧な回答を頂くことができました。最後は、代表生徒から「今後は、シンポジウムで新たに理解できたことを学校生活で充分に生かし、地域に貢献できるような人材になるために頑張ります」との謝辞がありました。
         
     学校長挨拶             学校の概況説明          シンポジウムの様子
      
            シンポジウムの様子                      生徒謝辞