新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

カウンタ

COUNTER7129

定時制生徒が地域社会との連携を果たすためのシンポジウム

定時制生徒が地域社会との連携を果たすためのシンポジウム
 平成28年12月5日(月)本校にて、定時制生徒が地域社会との連携を果たすためのシンポジウムが開催されました。
【目 的】
  地域社会にとって有用な人材になるためには、変化する地域社会の様々なニーズを理解するとともに柔軟な対応や様々な能力が求められています。そこで今年度、関係する行政機関や地域企業をはじめ本校生徒と関わりのある関係者をお招きすることにより、地域社会のニーズや必要とされる知識・能力等について様々なアドバイスを頂く機会を設けることを目的としました。
【シンポジウム報告】
 当日は、大田原東高校定時制振興会をはじめ県教育委員会や県労働政策課、大田原職業安定所、大田原市、那須塩原市、那須町、(株)塩原屋、(社福)清友会、吉岡食品工業(株)などの関係機関から25名の出席者と共に職員・生徒が18名参加しました。
 シンポジウムでは、三森校長が座長となり、地域社会で活躍するための能力や資質、企業が生徒に望むことなどについて積極的に意見交換がなされました。関係する方々からは、生徒からの様々な質問に対して丁寧な回答を頂くことができました。最後は、代表生徒から「今後は、シンポジウムで新たに理解できたことを学校生活で充分に生かし、地域に貢献できるような人材になるために頑張ります」との謝辞がありました。
         
       学校長挨拶                 学校の概況説明             シンポジウムの様子
      
                  シンポジウムの様子                             生徒謝辞
 

第29回きのこ料理コンクール

第29回きのこ料理コンクール

 4年次の鹿島寿理杏さんが栃木県及び栃木県特用林産協会主催の第29回きのこ料理コンクールに参加し、奨励賞(県森連、全農県本部連名賞)を受賞しました。
 一般の部の応募総数596点の中から、上位8点に選ばれ、10月13日に宇都宮短期大学人間福祉学科で行われた最終審査に臨みました。
 磯萌子先生の指導のもと、20種類の試作品を作るなど練習を重ね、フィリピンの春巻き料理ルンピアをもとにした創作きのこ料理を完成させました。
 惜しくも上位入賞は逃しましたが、創造する喜びを満喫することができました。
 また、内容について11月5日の下野新聞に掲載されました。
      
                            最終審査当日の様子
 

平成28年度 第55回 栃木県高等学校定時制通信制総合体育大会

平成28年度 第55回 栃木県高等学校定時制通信制総合体育大会
              (平成28年6月18日)

大会当日は、とても暑い一日で30℃近くまで気温が上がりましたが、各会場では、さらに熱戦が繰り広げられました。
今回の大会は、練習の成果を充分に発揮でき、全国大会に7名が出場することになりました。
【大会報告】
 1、期  日 平成28年6月18日(土)
 2、大会成績  ※( )は本校の参加生徒数
    (1)卓球 (7名)           栃木県立宇都宮工業高校第1体育館
          ①女子団体            参加  6校 1回戦敗退 大東高2-3学悠館
          ②男子シングルス          参加 55名  3位  五月女
          ③女子シングルス          参加 31名 準優勝  鈴木
    (2)ソフトテニス(11名)   栃木県立宇都宮工業高校テニスコート
          ①男子ダブルス            参加 22校  1回戦敗退
    (3)バスケットボール(13名)栃木県立宇都宮商業高等学校第1体育館
          ①男子                    参加  5校  1回戦   大東高19-16足工           
                          2回戦敗退 大東高13-48学悠館
    (4)バドミントン(25名)   栃木県総合運動公園トレーニングセンター  
          ①男子団体総合          参加 11校 総合3位(※優勝 足工・準優勝 宇工)
          ②女子団体総合            参加 10校  総合3位(※優勝 科宇・準優 学悠館)
          ③男子シングルス         参加 21名 2回戦敗退
          ④男子ダブルス          参加 11校 優勝 和氣・富田、3位 池澤・室井
          ⑤女子シングルス         参加 23名 2回戦敗退
          ⑥女子ダブルス          参加  5校 1回戦敗退
    (5)陸上競技(5名)     栃木県総合運動公園陸上競技場
          ①女子 100m  3位 髙野          ②女子 200m 1位 髙野
          ③女子 100mH  2位 大森          ④女子 円盤投げ 2位 橋本
 3、全国大会・・・大東高の名誉のためにも、大いに頑張ってください!期待しています。
    (1)卓球 東京 駒沢体育館 8月2日(火)~4日(木)                             
          ①男子シングルス   五月女(3年)          ②女子シングルス   鈴木 (1年)   
    (2)バドミントン 神奈川県「小田原アリーナ」 8月17日(水)~20日(土)       
          ①男子ダブルス   和氣(2年)・富田(2年)                                 
    (3)陸上競技 東京 駒沢陸上競技場 8月12日(金)~14日(日)                 
          ①女子 100m・200m  髙野(3年)          ②女子 100mH・高跳び  大森(2年)    
          ③女子 円盤投げ  橋本(3年)
             
       卓球部                  ソフトテニス部            バスケットボール部
                
                 バドミントン部                            陸上競技部              
 

陸上競技部 全国大会出場!

第48回全国高等学校定時制通信制陸上競技大会

     (平成25年8月12日~14日)

☆男子円盤投で大金一樹選手(3年)が決勝進出
 
 8月12日(月)~14日(水)に東京都の国立競技場で全国高等学校定時制通信制陸上競技大会が行われました。
本校は陸上競技部から男子4名、女子1名が出場しました。なかでも、男子円盤投に出場した大金選手(3年)は
見事決勝に進出し、大きな活躍をしてくれました。惜しくも決勝進出にはならなかった選手も全力を出し切り、大変
思い出に残る大会となりました。悔しい思いをした選手も、来年こそは決勝進出、優勝を目指すことを決意しました。


月12日(月)
・男子3000mSC 予選2組 長山(4年) 途中棄権

8月13日(火)
・女子砲丸投 予選1組 三沼(2年)  25位  5m01 
・男子円盤投 予選1組 大金(3年)   5位 26m69  
        
予選2組 小山田(3年) 12位 20m53
・男子三段跳 予選1組 大金 記録なし
・男子円盤投 決勝 大金 12位 25m27

8月14日(水)
・男子砲丸投 予選1組 小山田(3年) 17位 7m28
           1組 海老根(2年) 記録なし
・女子円盤投 予選1組 三沼(2年)  11位 16m92
 


 
 
 決勝進出を果たした大金選手の投擲

    男子円盤投 決勝

  男子3000m障害     女子円盤投
 
  男子砲丸投         男子砲丸投
  
 

まんが甲子園


第22回全国高等学校漫画選手権大会(まんが甲子園) 
         (平成25年8月3日~4日)
 
☆「まんが甲子園」に3度目のチャレンジで初出場
 
 薄井(4年次)・清水ま(3年次)・飯澤(1年次)の3名がチームを組み、伊坪先生の指導のもと、全国
高等学校漫画選手権大会(まんが甲子園)に出品しました。全日制を含む全国
の出品校311校中、
本選出場枠の30校に入ることができました。栃木県からはただ1校
の出場です。本選大会は、8月3日
(土)~4日(日)に高知県高知市で開催されました。
  
 本選では決勝進出は叶いませんでいたが、チーム一丸となって1枚の作品を仕上げる大変さ・素晴らし
さを学びました。また、全国のまんがやイラストが好きな生徒と交流ができ、とても
有意義な時間を過ごせ
ました。生徒にとっては今まで経験したことない、思い出に残る4日間と
なりました。
 
※予選突破の新聞報道(平成25年7月20日付け下野新聞・無断転載不可)
                   (平成25年7月30日付け産経新聞・無断転載不可)
●予選審査の課題テーマ「3本の○○」
 
(製作意図)日本を支える3本の柱・・・。それはあふれんばかりの中国製品、アニメやゲームなどのオタクカルチャーである2次元、そして日本の要・首相である!!この3本の柱によって、今日も日本は一喜一憂しています。