校長あいさつ


栃木県立小山西高等学校長 高木 伸一 

   

 

栃木県立小山西高等学校のホームページにようこそ。

 

 本校は昭和61(1986)4月に開校し、県内高等学校の中で、全日制普通科の高校としては最も新しい学校となります。今年で34年目を迎える若い学校で、この間、7200名を超える卒業生を輩出し、卒業生の皆さんは国の内外を問わず、様々な分野でご活躍されております。

 

 本校では以下の教育目標・生徒指標のもとに、教育活動を展開しております。

 教育目標

   あらゆる教育活動をとおして、学力・体力の向上、徳性の涵養に努め、共生の心を

もって逞しく生き、社会に貢献できる人材を育成する

 生徒指標

   知性を磨き

   徳行を積み

   体力を練る

 

 西に四季折々の美しさを見せる「謙信平」で有名な大平山、東に関東の名峰筑波山、北には校歌にも歌われる男体山、天気の良い日には、正門から富士山を見ることができる風光明媚で自然に恵まれた環境に、東京ドームの約1.3倍という広大な敷地と充実した施設設備、さらには生徒一人一人の将来を真剣に考え、熱心に指導を行う教師陣など、学習環境において申し分ありません。

 

 現在、この学び舎で592名(男子290名、女子302名)の生徒たちが、勉強に、課外活動に一生懸命取り組み、高校生活を謳歌しています。学習面においては、457時間授業や少人数授業の実施により生徒一人一人の進路実現のために全校一丸となって取り組んでいます。また、全校あげての盛り上がりを見せる文化祭「思桜祭」をはじめとする多くの学校行事、関東大会や全国大会に出場し活躍する部活動など、勉強だけでなく、様々な活動にも夢中になれる高校です。

 

ホームページでは、ご覧いただく皆様に、教育内容、学校行事、部活動等の情報を提供したいと考えております。皆様と共に「魅力ある学校づくり」に取り組んで参りたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 最後に、小山西高校への入学を希望する中学生の皆さん、本校は高い志を持ち、向上心に燃える生徒の入学を待っています。是非、8月に行われる一日体験学習に参加して、本校の学習環境などを感じてください。皆さんに、通いたい高校No.1に選んでもらえるよう、我々教職員一同も努力していきたいと考えています。一緒に「令和」時代の小山西高校を作っていきましょう

 

緊急のお知らせ

特にありません。