校長あいさつ


栃木県立小山西高等学校長 飯塚 仁 

   

 栃木県立小山西高等学校のホームページにアクセスいただききまして有り難うございます。

 本校は、昭和61年(1986年)4月に開校され、今年32年目を迎える栃木県の公立高校では最も新しい普通科全日制の高等学校です。平成30年4月7日現在、男子295名、女子299名、計594名が学んでいます。             
 
 この間、7038名の卒業生を送り出し、国の内外を問わず、様々な分野で活躍する優秀な人材を多数輩出してまいりました。また、新しい学校であるにもかかわらず、毎年、多くの入学希望者を集め、地域からも非常に高い評価を受けている魅力あふれる高校です。                         

 西に四季折々の美しさを見せる「謙信平」で有名な太平山、東に関東の名峰筑波山を望む、まさに翠巒の地、風光明媚で自然に恵まれた環境にあります。また、広大な敷地と充実した施設設備、更には優秀な教師陣など、学習環境においても申し分ありません。

 本校は『あらゆる教育活動をとおして、学力・体力の向上、徳性の涵養に努め、共生の心をもって逞しく生き、社会に貢献できる人材を育成する』を教育目標に、さらに『知性を磨き、徳行を積み、体力を練る』を生徒指標に据え、文武両道を実践し、豊かな教養と人間性、社会性を身に付けた、次代を担う人材の育成を目指しています。
 
 全校あげての盛り上がりをみせる体育祭の「桜華祭」や文化祭の「思桜祭」をはじめとする多くの学校行事や部活動等に、生徒は青春のエネルギーを発散させています。学習面においても45分7時間授業により、質の高い授業を展開し、生徒の進路実現のために、全校一丸となって奮闘努力しています。

 皆様には、教育内容、学校行事、部活動等の情報を提供したいと考えておりますので、小山西高校への要望、意見、期待、感想、評価等を積極的に頂き、皆様と共に本校の目指す「魅力ある学校づくり」に取り組んでまいりたいと考えております。

 小山西高校を志望する中学生の皆さん、本校は高い志を持ち自己の研鑽や向上心に燃える生徒の入学を待っています。迎える先生方も、情熱を持って生徒に接し、生徒の期待に応えています。是非、8月に行われる一日体験学習に参加して、本校の素晴らしさを体感してみて下さい。
 

緊急のお知らせ

10月1日() の登校について

 

明日10月1日()は、通常通りとしますが、

①居住地域に警報や注意報が出ている場合には、解除されてから登校してください。

②電車等の公共交通機関が運休あるいは、運転見合わせの場合には、再開されてから登校してください。