栃木県立小山西高等学校
 

キャリアクション通信

 本校では、「総合的な探究の時間」において「キャリアクション・プロジェクト」と称した探究活動に取り組んでいます。グループ研究や個人研究による進路実現に向けた取り組みです。今年度は「キャリアクション通信」を発行し、それぞれの学年でどのような活動を行っているかを紹介します。ぜひご一読ください。

キャリアクション通信 創刊号.pdf
キャリアクション通信 第2号.pdf
 

2021/07/21

キャリアクション・プロジェクト⑧出前授業その3

| by 職員02-33

7月19日(月)

 1学年における出前授業3回目です。今回は、医療、保育、栄養の分野の出前授業が行われました。

 

◎医療分野 国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科 
准教授 岡野真弓先生・
技術助手 漆原美希先生

「リハビリ入門講座」

 リハビリテーションに関わる4つの職種(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視機能訓練士)についてその役割や魅力について教えていただきました。医療には様々な職種があることを知り、また、「医療は連携プレー」という言葉通り、様々な職種がチームとして患者さんを支えていることを学びました。


 

◎保育分野 白鴎大学 准教授 中村三緒子先生 
「保育所・幼稚園への実習とは」

 幼児の発達段階における心理やジェンダーに関する保育者としての意識など、保育としての基本的な知識を学びました。また、3から5歳児を対象とした絵本の読み方、ペープサート(紙人形)作成の際の留意点など具体的な手法についても教えていただきました。


◎栄養分野 女子栄養大学 生涯学習講師 宮崎美紀先生

「栄養士の仕事~その可能性を考えよう!」

 管理栄養士と栄養士の違いを現場での様子を例に、その仕事内容について教えていただき、様々な職種の方とつながりの多い職業であることを知ることができました。また、栄養学から生活に生かせることがたくさんあり、改めて「食」の大切さを学ぶことができました。3年生の栄養系進学希望者も一緒に受講しました。


16:43 | 投票する | 投票数(2)

緊急のお知らせ

小西(おにし)だよりに掲載します