トップページ > 調査研究> 調査研究(研究調査部) 
小・中・高等学校に関する調査研究
検索検索
1234

詳細を表示資料研究主題対象研究内容年度カテゴリ
詳細を表示「見方・考え方」を意識した授業づくり~資質・能力の育成に向けた授業改善~

「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善を図るために、特に「深い学び」の鍵となる「見方・考え方」を働かせることを通した資質・能力の育成について研究を行い、具体的な授業場面等を示した冊子を作成・配布し、研修等で活用することで、教員の授業力の向上に資する。R02(2020)授業改善
詳細を表示高等学校における教科指導充実に関する調査研究
高等学校における各教科等の指導において、資質・能力の育成を図るために、「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善に関する調査研究を行い、各教科等の特質を踏まえた授業実践例等をまとめ、研修等で活用することで、授業改善の推進に資する。R02(2020)授業改善
詳細を表示高等学校における「総合的な探究の時間」に関する調査研究
新学習指導要領において重要視されている探究的な学習に関する調査研究を行い、探究の進め方について分かりやすく説明するとともに、実践事例を示したパンフレットを作成・配布し、研修等で活用することで、高等学校における「総合的な探究の時間」の充実を図る。R02(2020)授業改善
詳細を表示「考え、議論する道徳」の授業づくり(中学校段階)


「特別の教科 道徳」(道徳科)の実施に当たり、中学校における「考え、議論する道徳」についての調査研究を行い、授業実践例をまとめた資料(冊子)を作成することで、教員の道徳科の指導力向上と各学校における道徳科の授業改善に資する。R01(2019)授業改善
詳細を表示「学校におけるOJT」に関する調査研究


今日的な課題である「学校におけるOJT」について研究する。ベテラン教諭等による学校での実践事例やOJTのシステム等をまとめ、Web発信するとともに研修等で活用することにより、教職員の資質・能力の向上に資する。R01(2019)学校改善
詳細を表示高等学校における教科指導充実に関する調査研究
高等学校の各教科の指導において今日的な課題の解決を図るための取組について研究する。「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善を図るため、その前提となる各教科等の特質に応じた「見方・考え方」について簡潔に解説し、「見方・考え方」を働かせた授業とはどのようなものかを示すことで、教員の授業力の向上に資する。R01(2019)授業改善
詳細を表示「情報モラルの育成」に関する調査研究(小・中・高の各学校段階)


情報通信ネットワーク利用上の様々なトラブルや利用に関する実態、児童生徒の意識等を調査し、最新の情報を学校や保護者に提供する事で、情報モラル教育の更なる充実を図る。R01(2019)情報教育
詳細を表示「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善に関する調査研究

「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた実践事例等を示した冊子(実践編)を作成し、授業中の児童生徒の学びの姿やその姿に結び付く教師の手立て等を紹介することを通して、これからの時代に求められる児童生徒の資質・能力の育成に資する。H30(2018)授業改善
詳細を表示
高等学校における教科指導充実
高等学校における「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けて

高等学校の各教科の指導において今日的な課題の解決を 図るための取組について研究する。「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善を図るための工夫を各教科共通のテーマとして、研究協議や授業実践を行う。研究成果を指導資料としてまとめ、各学校に配布するとともに研修等で活用することにより、確かな学力の育成及び教職員の資質・能力の向上に資する。H30(2018)授業改善
詳細を表示「考え、議論する道徳」の授業づくり(小学校段階)
「特別の教科道徳」(道徳科)となるに当たり、小学校における「考え、議論する道徳」の授業についての調査研究を行い、授業実践例をまとめた資料(冊子)を作成することで、教員の道徳科の指導力向上と各学校における道徳科の授業改善に資する。H30(2018)授業改善

1234
 
 

栃木県総合教育センター ~とちぎ学びの杜~〒320-0002 栃木県宇都宮市瓦谷町1070
代表受付電話番号  028-665-7200