特別支援学校 : 特別支援教育

  • 通常学校における特別支援教育は、「小学校」「中学校」「高等学校」メニューから「特別支援教育」教科をご覧ください。

操作説明(表示する)

新着順

1 | 2 | 3 次の10件>>

概要を表示する 概要を表示しない

2020年02月26日 文字カードを並べて、単語を作ろう
文字カードを並べて絵カードで示したものの名称(単語)を作る教材(小学部・国語)の例です。文字カードの裏面に見本と同じ絵を貼り、並べた文字カードを裏返し、絵を合わせることで、子ども自身が正解を実感することができるよう工夫しました。
2020年02月26日 イラストカードを操作して、短い文を作ろう
イラストカードを自分で操作し、文型カードを並べてその状況に合わせた文を作る教材(小学部・国語)の例です。知的障害のある子どもは、抽象的な内容より具体的に思考、判断、表現できるような指導が効果的です。そこで、実際にカードを操作しながら学べるよう教材を工夫しました。主語が変わることで表す状況が変わることを実感しやすいため、主語と述語との関係について理解を深めることができます。
2019年03月19日 自立活動における指導目標・指導内容設定シート
自立活動の指導に当たっては、個々の幼児児童生徒の的確な実態把握に基づき、指導すべき課題を明確にすることによって、適切な指導目標や具体的な指導内容を設定することが必要です。このシートは、その手順やポイントを踏まえて考える手掛かりとするために作成したものです。各学校の実情に応じて、ご活用ください。
2016年03月28日 肖像権について考えよう  ( 盲 ・ 聾 ・ 特別支援)
 「肖像権」について理解を深めるためにロールプレイを取り入れた指導事例です。スマートフォンで写真撮影をしたり、画像を送ったりする際に注意すべきことについて、「なぜいけないのか?」「どうしたらよいか?」という視点で考えさせる場面を設定しました。 キーワード:情報モラル教育 情報科 道徳 肖像権 特別支援 高等部
2014年05月07日 お菓子を買いにいこう
生活単元学習(単元名「お菓子を買いにいこう」)の学習指導案です。作成に当たってのポイントも同時に示しました。各学校で生活単元学習の学習指導案を作成する際の参考にしてください。
2014年03月31日 インタビュー名人になろう (聾学校)
 この教材は、インタビューについての興味関心を高めるとともに、コミュニケーション能力の向上を図って授業の展開を考えた事例です。「相手の言ったことを受けて話す」という相手とのやり取りをする力を身に付けるために、グループ活動の仕方やワークシートを工夫しました。 (聾学校 小学部5年生向け)
2014年03月31日 かんしょく (紙で感じよう)
 本教材は、肢体不自由、視覚障害、聴覚障害等を有する重度・重複障害の生徒たちのためのものです。自立活動において「感触」の時間を設定し、様々な感覚を活用して環境を把握し、感じたことを自分なりに表現することを意図して、継続して取り組むための年間指導計画と、「紙」をテーマにした時間の時案です。牛乳パックやお花紙、新聞紙など生徒たちにとって身近な素材を扱っています。
2014年04月01日 特別支援学校における自立活動の指導
本指導資料は、特別支援学校における自立活動の充実を目的に作成しました。 次の内容で構成されています。  ○自立活動の意義を踏まえた指導が大切です  ○指導計画を的確に立てることが重要です  ○主体性を育むには配慮や工夫が必要です  ○指導の適切な評価及び改善が重要です  ○専門家の指導・助言を生かして指導を工夫することが大切です  ○《特別寄稿》教師に求められる専門性とその向上
2014年04月01日 特別支援学校における生徒指導の充実
 この指導資料は、特別支援学校の教育をより一層充実するために平成23年度行った「特別支援学校の生徒指導の充実に関する調査研究」の成果をまとめたものです。本指導資料をもとに、特別支援学校における生徒指導をさらに充実していただければ幸いです。
2012年03月26日 フラッシュカードで数字やアルファベットの認識を高める取組
 対象は、知的障害特別支援学校にて、一般就労を目指す生徒である。 物流系会社のピッキング作業や、販売店の品出し作業での生徒の課題等から、複数の文字や数字をまとめて記憶する力や、アルファベットを認識する力、注意力、注視力を養うことを目的として作成された教材である。PowerPointを使用している。
1 | 2 | 3 次の10件>>
Total:004890 Today:003 Yesterday:001