栃木県立上三川高等学校

 

お知らせ

平成29年度一日体験学習に参加を希望された皆様へ


こちらをご覧ください。
  ⇒ 平成29年度上三川高等学校一日体験学習参加希望者の皆様へ.pdf
 

お知らせ

8月8日(火)の一日体験学習について
2017.8.7 13時

 明日(8/8)の上三川高校の一日体験学習ですが、台風5号が接近していますので、中学生や在校生の登下校時の安全確保を優先するため、中止といたします。

 なお、中止としました代わりといたしまして、参加予定者数の本校の学校案内パンフレットなどを、各中学校へ後日郵送いたします。また、不明な点等につきましては、電話などいただければ対応いたします。

安全を最優先するための対応とご理解いただき、ご協力いただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 
 上三川高校のサイトへようこそ!! 
 
 
 
上三川高日誌
12345
2017/10/16new

体育祭

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 10月5日、好天に恵まれ、体育祭が開催されました。
 生徒達はクラス対抗で、大縄飛び、大玉転がし、台風の目、応援パフォーマンス等の13種目に取り組み、優勝を目指して奮闘しました。
 大縄跳びや台風の目では、並び方や、素早い回り方を工夫している様子が見られ、クラスでの練習の成果が感じられました。応援パフォーマンスでは短い準備期間の中、クラスごとに趣向を凝らし、堂々と表現する姿に頼もしさを覚えました。



11:37 | 投票する | 投票数(1)
2017/10/04

特別授業in福島

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

10月4日(水)にふくしアクションプログラムの一環として被災地の現状を確認する特別授業が行われました。

応募者40名が参加し、バス内での研修の後に現地に到着しました。

まずは桜の植樹活動についての概要を聞き、その後廃炉に向けての動き、被災地でのボランティア活動についてなど多くのことを学ぶことができました。

また午前中最後の質疑応答ではバリケードのこと、被災者への補償についてや、風評被害の実態についてなど多くの質問が出ました。
それに対して当日居合わせた経済産業省の方や産経新聞の記者や福島民友新聞の方などを含め多くの視点から回答していただくことができました。


お昼を挟んだ午後の活動はバスで被災地の現場を巡ることでした。

火力発電所の真下や除染作業の跡地、バリケードの向こうの風景などを見ることができました。ハッピーロードネットの代表にガイドしていただきながら震災前、当時の様子に思いを馳せているような真剣な表情で写真を撮っている生徒の様子が印象的でした。

今回の活動は来年1月に班分けした生徒たちによって発表される予定となっています。
ハッピーロードネットの代表から実際に見て聞いたことについて人に伝えることもボランティアになるというお話を伺いました。
生徒たちもその実践のつもりで挑んでもらえると思っています

18:45 | 投票する | 投票数(1)
2017/09/22

1学年進路ガイダンス

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 9/22(金)午後、1学年の進路ガイダンスが行われました。

 まず、「職業観を考える」「文型、理型の違いは?」といったテーマの寸劇を鑑賞し、将来のことを真剣に考えるきっかけをつかんだ生徒も多かったようです。

 その後、希望の職業ごとに20の講座に分かれ、各大学・短大・専門学校の先生方から、仕事の現状について詳しいお話を頂きました。

 文理選択を控えた1年生が、熱心にお話を伺う様子が印象に残るガイダンスとなりました。







17:31 | 投票する | 投票数(0)
2017/09/22

交通安全教室

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 9/21(木)本校の交通安全教室に、下野警察署1日署長として、栃木市出身の女優石川恋さんが来校しました。テレビドラマやバラエティー番組で活躍している石川さんの登場に驚いた生徒も少なくなかったようですが、絵本「ホームランを打ったことのない君に」の朗読や、今年の高校生の死亡事故についての話を通して、石川さんからのメッセージを真剣に受け止めていました。




10:36 | 投票する | 投票数(4)
2017/09/13

福祉講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 9/12(火)に上三川高校体育館にて上三川町社会福祉協議会と共催の福祉講演会が行われました。
 講師にはとちぎユースサポーターズネットワーク代表理事の岩井俊宗氏を招き、「高校生の力で地域に力を」という題でお話いただきました。
 高校生の立場から行動を起こすにはどうするべきか、何ができるかということに主眼を置いており、生徒も身近に感じられたようでした。
 途中生徒に相談をし答えを聞く場面では二人の生徒が挙手をするなど真剣に問題解決を図ろうとしているのが印象的でした。

08:15 | 投票する | 投票数(0)
12345

日誌

芸術鑑賞会開催
一件も該当記事はありません。

一斉メール配信