日誌

修学旅行
2017/01/06

H28 修学旅行

| by 管理者Y

「ゆいま~る」     平成28年度第2学年「修学旅行」 in 沖縄

1128日(月)から121日(木)までの34日の行程で、修学旅行で沖縄に行って参りました。事前の34日目の天気予報は雨でしたが、現地では天候にも恵まれ、充実した修学旅行となりました。

 

初日1128日):首里城→国際通り

 宇都宮駅で出発式を行い、羽田空港に向かいました。平日の通勤時間帯、苦労しながら羽田空港に到着しました。今回が飛行機初体験の生徒も多く、羽田空港のスケールの大きさに大興奮です。飛行機が大空へ飛び立った瞬間には歓声が上がりました。

 那覇空港に到着した後、首里城へ向かいました。テレビなどで首里城を見る機会は多くありましたが、生で見る朱い正殿の美しさには圧倒されました。また、バスガイドさんが説明してくださった沖縄の歴史の重みも感じました。

 首里城見学後は、班別研修として国際通りを散策しました。ホテルに戻ってきた生徒たちの手は、初日にも関わらずお土産で一杯でした。

 

 

2日目1129日):ガマ追体験→沖縄県平和祈念公園→ひめゆりの塔

 2日目のメインは平和学習です。まずはガマ追体験を行いました。ヘルメットをかぶり、軍手をはめ、懐中電灯を持ち、重装備でガマの中に入りました。にも関わらず、急勾配、ごつごつした岩、ぬかるんだ足場の悪さ・・・気を抜けば転んでしまいそうでした。当時、このガマの中で、いつ終わるか知れない戦争の恐怖に怯えながら過ごした大勢の人々がいると思うと胸が痛みます。語り部の合図で一斉に懐中電灯の灯りを消し、黙祷を捧げました。

ガマ追体験後は、沖縄県平和祈念公園、ひめゆりの塔を訪れました。館内には、人々の手記などが展示されていました。生徒たちは、戦争を生き抜いた人々が経験した生々しい当時の様子が綴られた手記を真剣に読んでいました。戦争を遠い昔のことのように感じてしまっていた私たちでしたが、この平和学習を通して、自分たちがいかに恵まれた環境に身を置いているかを再認識することができました。私たちには、この平和な世の中を当然のこととせず、次へ繋いでいく義務があると強く感じました。

 

 

3日目1130日):班別研修→エイサーショー観覧

 3日目は終日、班別研修を行いました。各班事前に計画したスケジュールに基づき、観光名所を巡ったり、マリンスポーツを体験したりと沖縄を満喫しました。事前の天気予報は雨でしたが、当日は快晴となり、沖縄の青い海を楽しむことができました。タクシーによる長時間の移動も、美しい海を眺めているとあっという間でした。本当に晴れてよかった!!

ホテルでは、夕食を済ませた後、沖縄の伝統芸能であるエイサーを観覧しました。三線や太鼓の音色、色彩豊かな衣装を身にまとった踊り手のパフォーマンスは大迫力で伝統の重みを感じました。生徒たちもエイサーに参加し、琉球文化と触れ合いました。

 

最終日121日):美ら海水族館

 あっという間に最終日です。最終日は、美ら海水族館を見学しました。ヒトデやナマコに触るコーナーや、オキちゃん劇場(イルカショー)など様々な形で海の生き物を間近で見ることができました。特に印象的だったのは、アクリルパネル製の大水槽です。巨大なジンベイザメをはじめ、大水槽の中で伸び伸びと泳ぐ海の生物たちはとても美しく、生徒たちはずっと大水槽の前に佇んでいました。美ら海水族館では、海の生物たちと触れ合うという、山に囲まれた栃木県ではなかなかできない貴重な経験をすることができました。

 34日の修学旅行も終わりが近づいてきました。那覇空港に向かいます。遂に沖縄との別れの時です。行きと同様に、飛行機が飛び立つと生徒から歓声が上がりました。

          

 

「ゆいまーる」、バスガイドさんが教えてくださった沖縄の言葉です。「結びつき」や「助け合い」を意味するそうです。今回の修学旅行では、沖縄の地で沢山の出会いがありました。地元の人々、広大な自然、沖縄の歴史とそこに生きた人々・・・その全てに「ゆいまーる」を感じました。人と人とが助け合い、手を結びながら生活している。沖縄は、とても温かい場所でした。今回の修学旅行で、改めて「ゆいまーる」の大切さを感じることができました。生徒たちは、受験ゼロ学期を迎えます。受験以外にも今後様々な壁にぶつかることでしょう。しかし、どんな辛く苦しい状況も、今回の修学旅行で沖縄から学んだ「ゆいまーる」の精神で、仲間と助け合い乗り越えていってくれることを願っています。
08:16
2015/12/07

H27 修学旅行

| by 管理者Y

くわっちーさびたん:平成27年度2学年「修学旅行」 in 沖縄

 

 去る1128日(土)から121日(火)の日程で修学旅行に行ってきました。第2学年157名全員が参加し、沖縄を舞台に、多くを学び、多くを体験した34日の旅となりました。主な行程は以下のとおりです。

 

1日(1128日):首里城見学国際通りにて散策

2日(1129日):ガマ追体験ひめゆりの塔・平和祈念資料館にて見学沖縄県平和祈念公園にて見学ビーチ・アメリカンビレッジにて散策エイサーショー観覧

3日(1130日):班別研修(マリンスポーツ体験・観光地巡り等)

4日(121日):美ら海水族館見学

 

 続いて、修学旅行の様子をお伝えします。

 

1

 宇都宮駅で出発式を行った後、新幹線やモノレールを乗り継ぎ、羽田空港に到着し、飛行機に乗り込みました。飛行機に搭乗するのが初めての生徒も多く、飛行機が加速をし、大空へ飛び立った瞬間には大きな歓声が上がりました。

 無事、那覇空港に到着した後、11月の栃木県では味わうことのない強い日差しの中、一同、首里城へ向かいました。到着した頃には17:00を迎え、次第に日が傾いていく中、首里城へ足を運ぶと、ライトアップされた城が目に飛び込んできました。パンフレットで見た首里城の朱い正殿の美しさはさることながら、ライトアップされた正殿は幻想的な佇まいをしていました。

 首里城見学を終え、大型客船の船内を思わせるステーキハウスにて夕食を摂った後、班別研修として国際通りを散策しました。生徒たちは、思い思いの場所へ足を運び、沖縄特有の食材を味わったり、家族や友だちにお土産を買ったりしていました。



2

 2日目のメインは平和学習で、まずはガマ追体験を行いました。語り部の生々しい戦時中の話を聞きながら、当時の人々が戦火から逃れるために身を隠したガマの中へ入りました。傾斜に加え、岩が無数に転がっているために足場も悪く、膝を伸ばせば頭をぶつけてしまいそうな狭いガマの中で、語り部の合図で一斉に懐中電灯の灯りを消すと、いつ戦争が終焉を迎えるのか分からない恐怖に怯えながら過ごした人々の姿が脳裏に浮かんできました。

 ガマを離れた後は、ひめゆりの塔・平和祈念資料館と沖縄県平和祈念公園を訪れました。館内には、ひめゆり学徒隊として戦争を経験した女学生の手記などが展示されていました。生々しい戦時中の様子が鮮明に記された手記を一度眺め始めると、何とも形容することができない感情に襲われ、目に涙を浮かべる生徒の姿が印象的でした。

 今年は終戦から70年を迎えました。戦争を経験した人々が次第に減り、甚大な被害があったことをどこか忘れてしまっているのかもしれません。平和学習を通して、生徒たちは戦争について多くを学び、平和について深く考えたことでしょう。

 平和学習を終えてホテルに到着し、夕食を済ませた後は、沖縄の伝統芸能であるエイサーを観覧しました。三線や琉球太鼓、指笛で奏でられる特徴的な音楽と、鮮やかな衣装を身にまとった踊り手のパフォーマンスを間近で鑑賞し、生徒たちもエイサーに参加して、琉球文化を能動的に堪能しました。





3

 3日目は終日、班別研修を行いました。生徒たちは、予め計画した予定に基づき、観光スポットを巡ったり、マリンスポーツを体験したりしました。マンゴーやパイナップルなどの果物に舌鼓を打ったり、マングローブやヒカゲヘゴなど豊かな自然に触れたり、雄大な海でマリンスポーツに興じたりなど、沖縄での自由な一日を満喫しました。




4

 最終日は美ら海水族館を見学しました。浅瀬に生息する生き物を触るコーナーでは、ヒトデやナマコなどの感触を肌で感じ取っていました。また、巨大アクリルパネルで作られた大水槽で悠々と遊泳するジンベイザメやマンタを目にした生徒たちは、その迫力に圧倒されていました。最後に鑑賞したイルカショーでは、調教師の合図に従って芸を披露するイルカに声援を送りました。海と縁遠い場所で暮らす生徒たちは、様々な海洋生物を目にする貴重な経験をすることができました。


 「くわっちーさびたん」とは沖縄の方言で「ごちそうさまでした」という意味です。この修学旅行では、壮大な自然に身を置き、沖縄戦で流れた涙を感じ、琉球文化に触れ、普段の生活ではできない多くのことを学び、経験し、沖縄を「お腹いっぱい」堪能することができました。そして、友たちと濃密な
4日間を共に過ごしたことで、絆がより強まったことでしょう。今回の学びや経験をとおして得た知識や刺激を生かし、生徒たちが今後の人生をよりよく過ごしていくことを願っています。





15:06
2014/12/20

平成26年度 修学旅行

| by 管理者Y

うちなー、ちびらーさん!(沖縄、最高!)

~2学年 修学旅行~

11月28日(金)から12月1日(月)まで、修学旅行に行って参りました。

 

○11月28日(金)

出発式~首里城~国際通り散策

 7時10分にJR宇都宮駅に集合、出発式を行いました。

 新幹線と電車を乗り継ぎ、羽田空港まで移動。その後、飛行機にて沖縄に向かいました。

 那覇空港に到着したとき、ぽつりぽつりと雨が降っていたものの、気温は25℃。宇都宮の朝とは15℃も差がありました。

 那覇空港からそのあと、琉球王国の政治・外交・文化の中心地となった首里城見学をしました。中国と日本の築城文化を融合した独特の建築様式・石組み技術と琉球王国時代の歴史と文化を生で触れてきました。

 国際通り散策をする頃には降っていた雨は上がり、楽しく散策をしている生徒が多く見られました。

 

○11月29日(土)

平和学習(平和記念公園~平和記念資料館~ひめゆり平和記念資料館~ガマ(壕)追体験)

2日目は、風も強く、雨が時折降るような天候でした。

先の大戦において南方方面で戦没された栃木県出身者が慰霊されている「栃木の塔」にお参りをし、平和記念資料館にて沖縄戦について学びました。

 

平和記念堂に移動し、大西正子先生より沖縄戦の実体験を聞き、戦争の悲惨さ、被害の実情など心に響くお話を頂きました。

 

ひめゆりの塔では、生徒たちと同じくらいの年齢であった学徒たちがどのように戦争に巻き込まれていき、どういう状況に置かれていたのかを展示や証言本などから学びました。

 

 ひめゆりの塔でひめゆり学徒隊のことを学んだ後、実際に使用されたガマ(壕)に入り、追体験をしてきました。懐中電灯なしでは目を閉じているのと同じくらい暗く、その中で戦時中、学徒隊をはじめた人たちが生活をしていた「漆黒の闇」を体験しました。

 

 「何不自由なく生きていられることが幸せであり、戦争は二度と起こしてはいけない」と改めて考えさせられた1日でした。

 

○11月30日(日) 班別研修~バーベキュー~エイサーショー

3日目は班ごとに分かれた、班別研修でした。心配されていた天気も次第によくなり、夏休み前から計画していたコースをタクシーで回り、充実した見学や体験ができました。マリンスポーツも無事に実施されました。

万座毛からの景色です。天気も晴れ、よい景色が望めました。

 

班別研修終了後、宿泊するリゾネックス名護に移動し、バーベキューを行いました。天気が悪くなる予報でしたが、バーベキューが終わるまで持ってくれました。

海辺でみんなで食べる焼き肉は格別の味でした。

 

バーベキューをした後には、ホテル内にてエイサーショーがありました。ショーでは三線や太鼓の演奏や、大太鼓を叩きながら踊る、迫力満点のエイサーを鑑賞しました。

鑑賞だけでなく、太鼓を叩いて一緒に踊り、みんなで盛り上がりました。

 

 

○12月1日(月) 美ら海水族館~那覇空港~羽田空港~学校

 あっという間に最終日になってしまいました。この日は美ら海水族館へ。

 

普段、栃木にいては見ることができないサンゴや熱帯魚、成長すると12mになるジンベエザメなど、海の中の「神秘的な世界」に引きれました。

 

かわいいイルカたちのショー、「オキちゃん劇場」では、イルカたちが優れた運動能力と頭脳を生かしたパフォーマンスをしてくれ、生徒たちも大満足でした。

  

那覇空港から羽田空港に移動し、解散式を行いました。

羽田空港からはバスに乗り込み、予定よりも早く、21時よりも前に学校に到着しました。

  

4日間、あっという間に終わりましたが、沖縄の風土に触れ、歴史、文化や平和についても考える、充実した日々を過ごすことができました。


15:21
2013/12/10

平成25年度 修学旅行

| by 管理者Y

平成25年度 修学旅行


 高校2年生157名は、11月27日(水)から30日(土)まで、3泊4日で、修学旅行で沖縄に行ってきました。


 27日の沖縄県那覇市の最高気温は23度、栃木県矢板市の朝の気温は0度でした。生徒たちは気温の違いに驚いていましたが、快晴だったので、首里城や国際通りなど気持ちよく散策できました。


 28日は、時折小雨が降って、風も強く、生憎の天候でしたが、予定通りの日程でした、平和学習では、平和祈念公園で栃木の塔にお参りし、平和祈念堂で講話を聞き、ひめゆりの塔で手を合わせ、ガマ(壕)に入って追体験をしました。戦争と平和について、真剣に考えた一日でした。



夕方の自由行動では、生徒の多くがホテル近くのトロピカルビーチに行って、砂と戯れていました。



 29日は班別研修で、タクシーを利用し、事前に計画したコースに従って、それぞれ様々な体験活動をしました。無事に全員帰着時間までにホテルに着きました。



 最終日も順調に予定(午前中、「美ら海水族館」見学)をこなし、生徒全員無事に栃木に帰ってきました。午後9時30分、学校着でした。


今回の修学旅行で、沖縄の大自然に触れ、平和について考え、栃木とは異なる文化や風土を身をもって体験することができました。また、高校3年間で最大の思い出を作ることができました。

 1年後の受験に向けこれからとても大事な時期に差しかかります。この修学旅行で得たものを糧に、いよいよ本番に向けて取り組んで行きます。


 

 


11:53
2012/12/14

H24修学旅行(1日目)

| by 管理者A

修学旅行in沖縄

 いちゃりばちょーでー (一度出会えば皆兄弟) 

 11月28日()から12月1日()まで3泊4日で、2年生が沖縄へ修学旅行に行ってきました。沖縄の悲しい歴史を資料館や実際の話から学んだ平和学習は貴重な体験でした。建造物や食、自然や気候など、栃木県との違いも肌で感じることが出来た4日間でした。

1日目(水) 

宇都宮駅~羽田空港~那覇空港~首里城~国際通り・ホテル(那覇)

沖縄への旅の出発点は宇都宮駅でした。7時半に集合して、新幹線、モノレールを乗り継ぎ羽田空港まで行き、そこから飛行機で沖縄まで2時間空の旅。
                          
                     出発式(宇都宮駅)                 ポケモンジェットで那覇空港到着

那覇空港からバスで、15世紀から19世紀にかけてこの地を治めた琉球王国の栄華を物語る首里城へと向かいました。
                          
                      いざ正殿へ                     中国の文化を感じさせる装飾

 見学後ホテルへバスで移動。移動のバスの中では、ガイドさんが沖縄の方言の使い方や歌を教えてくれました。ホテルからすぐ側にある「国際通り」で夕食(ステーキ)を食べ、その後の自由行動では、たくさんのお土産を買う姿が見受けられました。
                          
                       国際通りへ                 ステーキハウスですてーきな夕食(^^)



19:54
2012/12/14

H24修学旅行(2日目)

| by 管理者A

2日目(木)

    ~平和記念公園~ひめゆりの塔~ガマ体験~ホテル(北谷町)

 2日目は沖縄の戦争の歴史について学びました。あいにくの雨の中最初に行ったのは平和記念公園でした。

 ここでは、我が県の慰霊の塔「栃木の塔」で黙祷を捧げた後、沖縄戦で亡くなられたすべての人々の氏名を刻んだ「平和の礎」を見学しました。

                                            

                       栃木の塔                        平和の礎

平和祈念資料館へ移動して、まず平和記念資料館友の会の古謝(こじゃ)(こう)(ゆう)さんの講話を聴きました。多くの民間人を含む多数の犠牲者を出した痛ましい沖縄戦の生々しい様子や、戦争は終了しても今なお残る米軍基地の問題等、教科書やニュースでしか知らない話を、直に聞くことができました。
                            

                                        題は「(ぬち)どぅ宝」                            お礼の言葉と花束贈呈

生徒代表 お礼の言葉

今回、私たちのために平和講和を開いてくださりありがとうございました。私たちは今までに沖縄戦争について授業で学んできたこともありましたが、深く考える機会はありませんでした。今回の平和講和で、アメリカ兵に捕まるくらいなら集団自決をするという考えや、降伏後に米軍が占領地を広げるために、銃剣とブルドーザーで住んでいたところを追い払われたことなどの部分では、授業で得た知識で「知っているつもり」であった戦争、そして激戦区となった沖縄での悲劇が鮮明にイメージされ、悲しい経験をされた方々の苦痛、悲しみ、そして現在もマスコミで報道さているとおり、今現在も続いている苦悩などを、沖縄に住まれる方のごくわずかではありますが、実感することができました。

 「戦争」という言葉でひとくくりに解釈されてしまう現代、われわれ矢板東高等学校生は、今日古謝さんが話された話を胸にしまいこみまして、次は遠く離れた栃木の地で、自分たちの子供や地域の方々に伝えていくことが恩返しなのではないかと思います。本日は本当にありがとうございました。

21組 渡邉 絢子

平和記念資料館見学後バスでひめゆりの塔へ移動し、昼食後に資料館を見学しました。この地では「ひめゆり学徒隊」と呼ばれる、沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校の生徒と教師が、看護要員として沖縄陸軍病院に従軍し、その多くが犠牲となりました。生徒たちは、自分と同年代であった「ひめゆり学徒隊」の写真や資料等をみて沖縄戦の悲惨さを改めて感じさせられました。

その後、各クラスに分かれてガマ体験をしました。ガマとは沖縄本島南部に多くみられる自然洞窟のことで、沖縄戦では住民や日本兵の避難場所として、また野戦病院として利用されていました。ガイドの方の体験談をガマの中で聞き、真っ暗なガマの中での避難生活が、いかに過酷であったかを想像することが出来ました。


 

 


19:47
2012/12/14

H24修学旅行(3日目)

| by 管理者A

3日目(金)

    ~各班別研修~ホテル(国頭村奥間)

3日目は各班に分かれた判別研修でした。朝のうちは晴れていたのですが、昼過ぎから小雨が降るすっきりとしない天気でした。生徒たちは夏休み前から計画したコースをタクシーで回り、充実した見学や体験ができたようでした。前日から天候の心配がされていたマリンスポーツも実施されました。タクシーの運転手さんには各班とも大変お世話になりました。

                                      

                 ホテルから荷物を持って出発                  海猿?

                                      

                 あいにくの天気でも海サイコー              ロケットボード

         

 夜は本日のホテル、JALプライベートリゾートオクマで夕食を食べた後エイサーショーがありました。

ショーでは三線や太鼓の演奏や、大太鼓を叩きながら踊る大迫力のエイサーを鑑賞しました。また、鑑賞だけでなく、生徒が踊ったり、先生が沖縄民謡を歌ったりと、みんなで盛り上がる楽しいひと時になりました。
                         
                 一緒に「ハイサイおじさん」を踊っています      太鼓の音が大きく鳴り響く迫力満点のエイサー




19:31
2012/12/14

H24修学旅行(4日目)

| by 管理者A

4日目(土)

  ~美ら海水族館~那覇空港~羽田空港~学校

 あっという間に最終日となりました。この日は海洋博公園内にある「美ら海水族館」を見学しました。沖縄の海の魚やサンゴなど、とてもきれいで神秘的な空間が広がっていました。中でも、全長8.5mもの世界最大の魚であるジンベエザメが悠々と泳ぐ巨大水槽「黒潮の海」は圧巻でした。また、イルカのショー「オキちゃん劇場」では、かわいいイルカたちのダイナミックなショーに生徒たちは大満足でした。

                                     

                    オキちゃん劇場                ザトウクジラに食べられる?

楽しかった旅もいよいよもう少しとなりました。美ら海水族館を後にして、バスで那覇空港へ向かいました。約2時間のバスの中では疲れも出てきて眠っている生徒も多く見受けられました。初日、2日目、3日目とお世話になった北部観光バスの運転手さんとガイドさん大変お世話になりました。ガイドさんには様々な沖縄の方言や歌などを教わりました。にへーでーびるさい!!(ありがとうございました!!

 羽田空港で解散式

                                        
                                               羽田空港で解散式

 日本旅行の添乗員さん、4日間大変お世話になりました。


 思い出のたくさん詰まった沖縄を後にして、那覇空港から羽田空港へ。美ら海水族館辺りで情報は入っていたのですが、矢板市では午前中に雪が降りうっすら積もっているとのことでした。羽田空港に着いて沖縄と空気は一変、9時半過ぎに無事学校へ着いた時は真冬の寒さでした。

 この、仲間たちと過ごした34日の修学旅行は、普段の学校生活から離れて沖縄の文化、歴史、自然に触れ、生徒にとって有意義で価値ある時間となり、良い思い出となったことでしょう。

 


 

 



18:44
2011/01/25

沖縄の海はすごくきれいでした。

| by 管理者A

「沖縄の海はすごく綺麗でした」

第2学年は、平成23年11月29日(火)から12月2日(金)まで、3泊4日で、沖縄へ修学旅行に出かけました。
  1日目 首里城公園・国際通り班別研修
 
      2日目 平和祈念公園・ガマ体験
  3日目 班別研修   
  4日目 美ら海水族館 
 という日程で、ひめゆりの塔では千羽鶴を献呈し、上原当美子さんの平和講話やガマの戦争追体験をして、戦争の悲惨さと平和の尊さをあらためて実感しました。また、万座ビ-チをはじめ沖縄の海はすごく綺麗で、琉球ガラスなどの沖縄独特の文化に触れることもでき、とても貴重な体験ができました。
              
                 修学旅行のしおり                                千羽鶴献呈                           上原当美子さんの平和講和
      

18:21